とりあえず作ってみたブログ

<< September 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ちょっとだけ遠方の友に会う

今日は、滋賀県彦根市の近所に住む友人に会ってきました。
彼は、ともにめぞん一刻で出てくる一刻館まがいの貧乏下宿で4年間(彼は修士卒なので、さらに2年)を過ごした大切な友人。

 今回は7月頃から、暑気払いでもしよう、とmailでやりとりしていましたが、どうにもお互いにスケジュールがかみ合わず、結局9月になってしまった。(彼はメーカー勤めだから週末がよく、私は不定期で、週末の出勤も多い。)

 昼前に能登川駅で待ち合わせ。一家総出で出迎えてくれました。滋賀県の家庭には、大阪の家庭にたこ焼きの鉄板があるのと同じく、必ずバーベキューの機材一式がそろっています。彼の家もご多分に漏れず。曇り空でちょっと天候が心配だけど、湖岸まで移動し、近江八幡の国民休暇村近くの湖岸でお店を広げます。

050904_近江八幡湖岸
(人もまばらな湖岸。天候が不安だ・・・)

 手慣れたもので、手分けして荷物を運び、設営。急いで火をおこし、焼き肉開始の臨戦態勢まで20分ほど。今回の炭の点火がよく助かりました。危ないけど素早く点火するために、裏技で、ゴキジェットを着火の道具に使う方法もあります。(スプレーガスへの引火を利用するので大変危険。)
 網のスタンバイが出来れば、後はひたすら焼いて頂くだけ。

050904_宴終わり
(小一時間の戦いが終わった後がこんな感じ。)

 炭の分量はぴったり。ここまで美しく炭の分量があうとは思わず、我ながら関心関心。(自画自賛してどうする。)宴の後は、雲行きが怪しくなってきたので、逃げるように荷物をまとめて退散。(子供はまだ遊び足りなかったかもしれないが。)湖岸を出て、5分後には本格的に雨が降り始めたので、これまた美しいタイミングで終わることができました。(すばらしい・・・雨に打たれたら最悪ですからねぇ)

 彼の家におじゃまして、しばしうだ話。のはずだったが、子供達がはしゃいでパワー全開。(昼寝してくれぇ~。と願っても、興奮しているから絶対に寝ないんだよなぁ。昔はすぐに電池が切れて寝ていたのに、成長とともに電池が切れなくなったようで。)子供の相手という極めて慣れないことをした私が先に沈没寸前でした。(ははは)彼の奥さんはぽつりと、今日はええカモが来たぁ~って。子供は苦手だけど、嫌いではない。今までの所どこへ行っても、子供に泣き叫ばれて困ったことがないだけ助かっているはず。

 結局、夕刻に駅まで送ってもらったときの、10分ほどが近況報告会。彼が先に切り出しので、彼の話を聞いているうちに能登川駅についてしまった。修士論文を整理して加筆し、先日博士号(理学博士)の申請を母校へ提出したらしい。しばらくの間、論文整理のため週末は母校へ通ったそうです。ずいぶん前から学位申請の話があったけど、機会が無く修士卒業から9年経って実現したみたいです。(おっと、歳が丸わかりやねぇ~。お互いに一応回り道せずに大学進学・卒業してます。)相変わらずの向学心に脱帽です。

 話は変わって、おじゃましたときに必ず、彼の奥さんに渡す物がこれ。

050904_みやげ

 中身は551の豚まん。滋賀県にずっと居ると、売っている店がないので困っているそうな。ということで、いつもブランド物の豚まんを買って届けているのです。どうやらこれは彼女の好物の一つらしい。(子供達も好きみたいだ。)

 慣れない子供の相手で疲れ切り、電車に乗ったら沈没。草津まで熟睡でした。はじめ電車に乗ったとき、右隣には高齢で年の割には大柄な女性が居たはずなのに、草津で目が覚めたら若くて小柄な女性に変わっていた。

 これはまさか・・・タイムスリップ?

そんな、アホな話ではなく、単に横にいる乗客がかわっただけでした。(もうええわ・・・)
comments (2) | trackbacks (0)
1/1