とりあえず作ってみたブログ

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

14日にお寺へ行ってみる

200112_山門

 またまた年を越してしまいましたけど、先月のお江戸の旅ネタから。ちょうど、12月14日は赤穂義士祭の日。もと地元民としては、同じ14日の泉岳寺のこの祭りをのぞいておくのも悪くないと思って行ってみました。

 昼下がりにのぞきましたが、混みすぎでした。入口あたりや境内で、地元から遠征してきた饅頭屋を見かけました。(出張、ご苦労様です。) 大きなお寺ではないこともあるでしょうけど、殿様・四十七士の墓も資料館も長蛇の列、2時間ほど並ばないと入れないとか。あまりの混みように、耐えきれず、現地滞在15分で退散したのでした。

200112_駅の案内

 泉岳寺駅のホームに貼ってあった案内。すごく直球な表現で笑えました。

 表題の写真は山門。泉岳寺は2年ほど前にも行っています。その時のネタはこちらで。あのときは全然混んでいないかったので、ゆっくりと見て回れました。
comments (0) | trackbacks (0)

宮殿の参観

200108_1.jpg

 年越ししてしまいましたが、12月半ばのお江戸の旅からです。今回の最大の目的は、皇居参観でした。14日(土)の朝、事前予約していたので、長時間並ぶことなく受付完了。待合室では、狭い皇居グッズ売り場へGO!。バーゲン売り場を超える混雑ぶり。どう見ても15畳ぐらいと思われる狭い売店へ200人ぐらいがどっと押し寄せるわけですから半端ない混みよう(笑)。参観に来ている日本人の多くは、皇居グッズ目当てみたいです。参観を案内しているスタッフからも「日本人の方はお土産購入に忙しいと思いますが・・・」と軽い嫌味も飛び出す始末(笑)

#という私も、皇居グッズ目当てだったりする(^^;;;

 皇居グッズを仕入れた後は、ひたすら歩いて見学。総勢500人いるはずなので、激混みです。

200108_2.jpg

 桔梗門を超えて、まずは富士見櫓へ。

200108_3.jpg

 富士見櫓を見て、次は宮内庁庁舎へ。

200108_4.jpg

 宮内庁庁舎です。庁舎の後は宮殿へ向かいます。

200108_5.jpg 200108_6.jpg

 宮殿です。一般参賀はこの広場である東庭へ入ります。とにかく広い、デカい。ただ、テレビで見るより高さが低く感じます。もっと高いところからだと思っていただけに意外です。説明によれば高さは3mほどしかないそうです。

200108_7

 伏見櫓のあたりまで行き、二重橋・石橋を眺めます。これを眺めたらまた引き返して戻っていきます。1時間強、要所要所で立ち止まりますけど、1周2km強をひたすら歩いて回ります。参観だけでも結構歩きますが、戻るためには桔梗門から外へ出てまた歩き。結局東京駅まで歩いて戻ることになったので、皇居参観だけで3km以上歩いたはずです。

 表題の写真、説明不要だと思いますけど宮殿です。とにかく歩くツアーなので、手ぶらで回る方がいいでしょうねぇ。数は少ないけど、参観者用のロッカーもありますので、荷物を預けて回りました。

#ロッカーは確保できてラッキーでした。

 そうそう、外国人多めでした。それも欧米系より、アジア系。中国が一大勢力だったような気がします。英語以外の言語でも案内がありました。同じことを5か国語以上で説明するので、出発するまでにそこそこ時間がかかっていました。
comments (0) | trackbacks (0)

議事堂へ

191228_4.jpg 191228_5.jpg

 この前のお江戸の旅のネタ。この続きです。はとバスにて、靖国神社から国会議事堂へ行きました。議事堂の裏に見学者用の入口がありました。個人で行くといろいろ手続きがいるのかもしれませんが、ツアーなので入口はすんなり通過。なんだけど、待合室で一通り説明を受けた後は、金属探知機によるセキュリティチェックがありました。(これは避けれらないみたい)
 セキュリティチェックさえ終われば後は国会専門のガイドさんが先導して国会の中を見て回れます。ちょうど、桜を見る…で炎上していましたが、会期通りで閉会したあとでしたので、表題写真の右みたいに議場にも入ることができました。(入ったのは衆議院です)
 戦前からの古い建物ですが、巨額を投じて頑丈に作られているので今でも健在。カーペットも高いところはm単価が数万円らしく、いいものでした。

#こんなカーペットの上を歩いたことがない。。。(T_T)

 ガイドさん付きで回りますが45分ぐらい歩きっぱなし、階段多め、なかなかヘビーなツアーでした。最後は、土産物屋があるバス専用駐車場へ・・何か買うように仕向けられる。。実にわかりやすいツアーでもありました(笑)

 表題の写真、左は言うまでもないですねぇ~。国会議事堂の正面です。
- | trackbacks (0)

都内の護国神社へ

191228_境内 191228_ご紋

 この前のお江戸の旅からです。金曜日の午後、どのように回ろうかと考えていたところ、はとバスで、靖国神社国会議事堂という半日コースを見つけました。ちょうどいい感じの時間配分だったので、初めてはとバスで回ることにしました。(笑)

 東京駅からバスでぐるりと皇居を回って靖国神社へ。表題の写真が、本殿と門にある菊のご紋。靖国神社を巡ってはいろいろな信条や見解がありますが、今の日本の平和が多数の犠牲に元に成り立ったことを実感ためには行っておいた方がいいように思います。

#以前から考えていたけど、なかなか機会が無くて・・やっと実現。

 鳥居などは大きいので広い印象を受けますが、実際に行ってみると広大な境内があるわけではなく、こじんまりとした印象でした。そして、境内の一角にあるのが下の写真。

191228_桜

 桜の標本木です。東京の開花基準はこの桜らしいです。

 最後にご朱印をいただいて、国会議事堂へ。滞在時間は30分ぐらいでしょうか。そうそう、最後の鳥居から先は神聖な場所、写真は鳥居の外からちょっとだけです。
comments (0) | trackbacks (0)

ちょっとだけ、一泊二日で東京へ

191214_駅

 今年の夏も諸般の事情から忙しく、夏休みも規定の日数を消化できずに終わっていました。やっと忙しいのも抜けたので、この時以来の旅へ出てみました。と言っても金・土の1泊2日のショートステイ。んで、行き先は東京、それも令和なところなど。ということで、回ったところを順不同で列挙しておきます。

皇居参観
国会議事堂
靖国神社
泉岳寺 ←今日、14日に行きました。

 宿は、桜とか前夜祭とかで話題になったところ(笑)。夏以降どこへも行かなかったので、奮発してみました。

 表題の写真は、昼前の東京駅の様子。今日はいい天気で、少し暑いぐらいでした。とにかく、この二日間は、よく歩きました。万歩計を見ると、2日で3万歩強でした。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その4)

190716_本殿 190716_大祓い

 こちらの続き。出雲大社へ行ったので、お隣の北島国造館も行きました。御朱印をいただく前に、参拝。夏の大祓いの季節だったので茅の輪くぐりも・・・

 ちょうど結婚式も開かれていました。茅の輪をくぐっているときに、隣で新郎新婦の写真撮影も行われていました。

 表題の写真は、茅の輪越しの本殿と、茅の輪くぐりの作法の説明書き。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その3)

190712_しめなわ

 昨日の続き。神社のハシゴ、3軒目です。この界隈へ行き、神社を巡れば、出雲大社は行かないわけには行かないでしょう。この時以来で、3回目だと思います。今回は天気も怪しく、途中で雨にもあいました。前回とは逆の順路で、神楽殿側の駐車場へ止めて参拝しました。(この方が歩く距離が短くて済みます)。

 メンバー的に、グルグル歩くと大変ですし、雨にもあったので、神楽殿、本殿とショートカットして失礼しました。

190712_御朱印

 同行者の勧めで御朱印帳を買いました。単なるスタンプラリーにすると罰当たりでしょうけど、こういうものをもっての神社めぐり。違った旅の楽しみ方が見つかったかもしれません。

 表題の写真は、神楽殿のしめ縄。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その2)

190711_本殿

 昨日の続きで、神社2軒目。玉造温泉の奥にある玉作湯神社へ立ち寄りました。こちらは近所にある宿へチェックインする前にちょっとだけ立ち寄ったのでした。
 この神社もかなり古く、いつからあるのか判らないらしい。温泉街から近く、願い石というパワースポットもあります。時間に余裕があり、急遽立ち寄りました。ってことで、予習無しで参拝したので、パワースポットの作法がわからず・・御利益半減かもしれません(汗)。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その1)

190710_1.jpg

 この前の出雲の旅は神社めぐりでした。最初に立ち寄ったのがこちらの八重垣神社でした。ざっくり言うと、神話の人の居住地で、縁結びの神社らしい。
 本殿の写真は、ネット探せば見つかるでしょうから割愛です。(切れなく人が来る神社なので、人の写っていない写真が撮れませんでした。ってことで割愛です)

190710_2.jpg

 途中にこんなものがありました。古代結婚式ってどんなんだろう?

#リンクをクリックしても答えはわかりません(笑)

190710_3.jpg

 最後は、奥にある鏡の池です。こちらへ行くのがお約束でしょう。由緒ある神社ですが、大きくないのですぐに奥までたどり着いてしまいます。ゆっくり回ったけど、滞在時間では30分も掛からず・・・

 次の神社へ続きます。
comments (0) | trackbacks (0)

再び出雲へ

190624_庭

 週末から2泊3日で玉造温泉へ出かけました。今回は、嫁さんの親族が集まってのちょっとした団体旅行で、旅程はこんな感じ。(車2台へ分乗)

22日(土)
 7:00 自宅 → 10:00すぎ 岡山駅(ここで2人ピックアップ)
 11:00前 岡山駅 → 12:15頃 蒜山SAでランチ。
 13:00すぎ 蒜山SA → 14:00すぎ 八重垣神社
 14:45ごろ 八重垣神社 → 15:00すぎ 玉作湯神社
 このあと 玉造温泉の宿へ

23日(日)
 午前中 出雲大社へ。松江市内でランチの後、足立美術館へ。

24日(月)
 8:00ごろ 玉造温泉発 → 11:15頃 姫路駅 (ここで2人とお別れ)
 11:30頃 姫路駅 → 13:15頃 大阪空港 (さらに1人とお別れ)
 14:00頃 大阪空港 → 15:00すぎ 自宅 (途中寄り道あり)

 当初は梅雨の真っただ中だろうから、天気は期待していませんでした。入梅が遅れたのが、こちらには幸いでした。移動中には何度か強い雨にあいましたが、それ以外では大した雨にもあわずラッキーでした。(観光では、出雲大社でちょっとだけ雨にあった以外、大丈夫でした)
 行程を見ての通り途中でピックアップしたり、解散したり・・それぞれの交通機関(新幹線とエアー)とのすり合わせに一番難儀しました。2泊3日ので走破距離は、850km強でした。(寄り道がなければもっと短いはずですねぇ)

 表題の写真は、足立美術館の庭園の一枚。前回の出雲はこの時でした。
comments (0) | trackbacks (0)
1/11 >>