とりあえず作ってみたブログ

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

コンテストはじめ

200105_ant

 昨年は欠席してしまったので一昨年以来となりましたが、オール兵庫コンテストが今年のコンテストはじめとなりました。昨年の夏以降、時間が取れなかったので、まともなコンテスト参加はこの時以来の半年ぶり。ってことで、リハビリもかねて、社団局へお邪魔してきました。

○ハイライト
・一瞬だけ呼ばれました。
・いいリハビリになったと思われる

○ローライト
・コンディション良くない感じだった。
・一瞬しか呼ばれなかった。素振り状態だったバンドも(笑)

 今年は、どうなることやら・・次のサイクルの立ち上がりまでもう少しかかりそうですし。

 表題の写真は、7MHzのアンテナ。
comments (0) | trackbacks (0)

ちょっとだけピロピロのコンテスト

190930_結果

 週末、やっとまとまった休みとなったので実家へ顔を出してきました。ちょうど、WW-RTTYのタイミングだったので冷やかしの冷やかし参加をしてみました。

 ざっくり雑感です。
・トータル60局ぐらい。完全に冷やかしモード。
・コンディション相変わらずダメだった。14MHzでも厳しい(T_T)
・ヨーロッパ方面、東欧しか出来ず。ドイツにも届かず(泣)
・BY(中国)、YB(インドネシア)ばかり(笑)
・7MHzで何もデコードしない時間あり。。ふと見たらUSBだった(汗)
 (送信しなくて良かった)

 と言う感じでした。結局、天気予報は雨だったけど、途中から晴天だったので、残件になっているこの作業の続きをしたほうが良かったかも。まぁ、日曜日、午後イチで実家を出たから、工事を終わらせるのが精一杯だったとは思うけど。

#休みのはずが諸所あり、結局休めなかったらしい。
#おっと、この件は割愛でした(笑)。

 表題のキャプチャーはヤンペした直後の様子です。折角なので、ログはWEB経由でポチッて提出しておきました。
comments (0) | trackbacks (0)

週末の6D

190709_セットアップ 190709_rate

 週末の6mANDdownコンテスト、一応参加しました。部門は毎度のおとなしい電信QRP部門です。早速、ハイライトとローライト。

○ハイライト
・8エリアのマルチ、例年より多目
・瞬間的にはQRPでも呼ばれていた

○ローライト
・初日23時半で沈没。以降撃沈し、早々リタイヤ。
・沈没のため、昨年より出来悪し(T_T)

 セットアップは順調でした。20時前には完了。我ながら早く上がりました。そこまでは良かったのだけど・・23時ごろには睡魔に襲われ、居眠りながら30分ほどがんばってみたけど。23時半で初日はリタイヤ(T_T)
 初日が23時半で寝込み、日曜日の朝も早くから取り返すわけでもなく、また爆睡(汗)。表題右の通りの運用状況でした。11時前で撤収してしまいました。

 朝8時台から、8エリアのオープンがあったので、相応の装備だとウハウハだったかもしれません。5Wでは予測どおり呼び負けだらけ。暇そうなタイミングを見計らって呼びまわり(笑)。
 GWでの最長到達は144MHzの群馬県。長野県境辺りの群馬県と思われます。430MHzは思ったほど飛ばず。例年、長野県にいる某局はQSO出来るのですが、今年は縁がなかったようです。50MHzのGWは全く延びず。まぁ、延びそうな時間は爆睡中だったので、仕方ないところかと。

#JH4の某局と全くQSOできず。そのため、広島県取り損ねたバンドあり。

 今回は残念でした。はまれば楽しかったでしょうねぇ~。来年に期待です。表題の写真は、設営の様子とQSOレートのキャプチャー。

p.s.
○その1:自分用の備忘録

・zlogのサーバー。ログファイルは空っぽで起動したほうが吉。
初日沈没時に、サーバーでもログを保存して終了。翌朝、ログを読んでサーバーを起動。クライアント側もログを読んで起動。サーバーとクライアントでタイムスタンプがずれたQSOはすべて重複の0点になってしまう。ダブっていないのに、微妙な量のダブりが発生して一瞬判らず・・余計なことはしないことですねぇ。

#ってことで、シングルOPなのに、ログは2PC体制とやる気十分でした。

○その2:独り言

 ZLOGがオープンソース化されています(こちらのGitHubにあります)
試しに手元あるDelphi7でコンパイルしたが、コンポーネント不足でコンパイルできず、私のところにあるDelphiの設定では何か足りません。開発時期などから見て、バージョン5~7あたりで行けそうな気がしたのですが。私のスキルでは残念ながら解読するのは無理です。他力本願で申し訳ないけど、誰かに期待します。

「追記」
追加コンポーネントを導入しないといけません。追加分、ソースとは別ファイルで公開されています。VCLも結構な量の追加が必要みたいです。初歩的なミス、失礼しました(^^;;;。

#Delphiという時点で、今となっては触れる方が少ないのかも?
comments (4) | trackbacks (0)

この前の関西VHFコンテスト

190515_rate

 前の週末に開催された関西VHFコンテスト、自宅から参加しました。参加部門は、電信部門のシングルオペマルチバンドと恒例のところです。では早速、ハイライトとローライト。

○ハイライト
・オペレーションデスクとして折りたたみテーブルを購入。快適になった(^^)!
・オープニングは良かった。
・なんとかSO2Rで最後まで。(本当は3radio?)
・FT-991AM、この前のALL JAよりちゃんと扱えたっぽい(笑)

○ローライト
・日曜日は失速。夜が徹夜仕事なので11時で終了。
・机を買って配置がかわったので同軸ケーブルが届かないことに気がつく
 (開始直前までハンダ付けしていました。)
・28MHz、思ったより出来ず。通例なら30局超えると思うが。
・50MHzで一瞬、北海道が聞こえたけど、QSOできず。
・28MHzのアンテナもう少し離さねば。。。
 50MHzと28MHzがお互いに被ってしまい、2radioが辛かった。

 オープニングは良かったけど、日曜日になってからの失速がきつかった。50MHzは時折開けているような気配もあったけどねぇ。残念ながらな感じです。
 
190515_desk 190515_b4_desk

 オペレーションの環境が変りました。左が今回の様子、右がこの前のALL JAの様子。椅子にして足を延ばせるようにしたら、ずいぶん快適でした。その代わりに、設営に前より時間がかかるようになったし、同軸ケーブルも長くなりました。低いテーブルの状態で、必要最小限の同軸ケーブル長しか用意していないので、ケーブルが届かず、開始直前までケーブルを加工して半田付けをする羽目になりました。

#たまたま、余った同軸があったので何とかなった。

 あと、FT-991AMの操作もちょっと慣れてきたようです。前よりましでした。メニューを繰って行くと、CWモードでは常にAF段でフィルターが入っていました。下が250Hz、上が1200Hz、フィルターのカーブが-18dB/octと鋭いカーブでした。これだと、widthで2kHzと言った広いIF設定にしても、AFのパスバンドは1kHzにも満たない状態なので、これってダメなんじゃないだろうか。今回は、AF段のフィルターをOFFにしておきました。その分にぎやかになりますけど・・元々使っていたFT-857DMと切り替えると、こんな状態でも格段に静かでした。(笑)

#また、国内コンテストの3.5MHz等へ投入してみます。

 アンテナ展開はいつもどおりでした。144/430/1200MHzのアンテナをもう少し大きなものにしたいところですが、上階へのはみ出しを考えると、今の大きさしかダメな感じです。(今は無き、第一電波工業のX4000)

 表題のキャプチャーは、QSOレートです。土曜日はボチボチだけど、日曜日が大大失速です(T_T)。同じ部門の大阪府トップはこちらの方だと思います。
- | trackbacks (0)

この前のALL JAコンテスト

190505_rate

 ずいぶん時間が空いてしまいましたが、この前のALL JAです。今年も、昨年同じアンテナで参加しました。またもや、日曜日が出勤だったので、土曜日の夜6時間縛りで、3.5MHz電信電話部門にエントリーしました。

○ハイライト
・今年は遅刻しなかった!
・オープニングは怪しいながらも70局/時間でした。
・リグをFT-991AMへグレードアップしたら、去年よりマシになった。

○ローライト
・アンテナは去年と同じ。概ね同じだけど、去年のほうがなんとなく良かったかも。
・FT-991AMを投入したけど、使い慣れておらず、取説を読みながら参戦(^^;
→使い慣れていないことでのチョンボもちらほら。減点されそう(T_T)
・特に離調して呼ばれたときに判らない事多し。設定の問題か??
・まともに電信を聞いたのはいつ以来か?良くわからず。頭が温まるまで苦戦。

 ちょっとブランク長すぎ・・が判る方には判るオペレーションでした。お恥ずかしい。。アンテナが去年のが良かった点は、気分的なものかもしれません。が、エレメントの引き回しで、共振点が大きく動くこともありました。(おっと、メモに書き忘れていました) 設置方法を見直したほうがよさそうです。
 あとは、FT-991AMの取り扱いに慣れないといけませんねぇ。ローバンドの国内コンテストだと、ATT+IPOの組合せが必須でした。

 表題はQSOレートです。
comments (0) | trackbacks (0)

ちょっとだけピロピロのコンテスト

190211_様子

 多分この時以来だと思います。久しぶりに、RTTYのコンテスト(WPX-RTTY)にちょっとだけ冷やかしで出てみました。トータルで110局前後でした。
 初めてTS-590SGでRTTYコンテストへ参加しました。とりあえず、RTCLで何とかなりましたが、うちにあるWin7のPCだと互換設定をONにしないと起動しませんでした。USB接続での送受信はOKでしたが、リグコントロールがうまく動かず・・・
 そろそろ、CTESTWINが使えるようになったほうがいいのかなぁ。

個人的な備忘録
・シリアルも接続。COM2で9600BPS設定。他のソフトは動くのにねぇ。
・オーディオの送受をUSB処理。
・LSB-DATAのSHIFTは2210Hz (RTTYですからねぇ)

 表題の写真は昨日夕方の運用中の様子。
comments (4) | trackbacks (0)

今年のALL JAの件

181104_1

 今年のALL JAの賞状が届いていました。事情があり、部分参加だったので予想外でした。急遽作ったこのアンテナ、意外に使えましたねぇ。次回はもうちょっとまともに参加してみたいものです。
comments (0) | trackbacks (0)

6Dの結果でました

181013_結果

 7月頭の6m&downコンテスト結果が出ました。ちょうど、西日本は豪雨直後の開催になってしまったので、予想通り低調なスコアーになっています。

 参加記の通り、西方向の参加が少なかったので、局数・マルチともに減りました。特にマルチの減少は厳しかったのですが、コンテストに出られる状況じゃない方のが多かったでしょうから、当然の結果だと思います。
comments (0) | trackbacks (0)

全部全滅でした

181008_log画面

 週末の全市全郡コンテストです。日曜日夜が勤務なのでお昼までの限定参加でした。いやぁ。。。ここまでアカンとはねぇ。想像を絶する悪さでした。近距離が全く聞こえず。ホンマの全部全滅になってしまいました。

 表題のキャプチャーはヤンペした直後の図。

#よくよく振り返ると去年も全部全滅でした(T_T)
comments (2) | trackbacks (0)

週末のKCJ

180821_風景 180821_pc

 この前の週末も事情があり実家に居ました。ちょうどKCJコンテストのタイミングだったので、時間限定の部分参加してみました。(前回も部分参加だったり)
 では毎度のハイライトとローライト。

○ハイライト
・ハイバンドが開けていました。
・SO2Rもどきの練習も出来た

○ローライト
・ログギング用のデスクトップPC、開始5分前に突然ダウン
・またもや部分参加。ハイバンドが開けているのに正午で強制終了

 ロギング用のpc故障がショック大でした。ただ、2005年1月から使っているXpマシンだったから潮時なのかもしれません。13年半、ノートラブルで使えたのでそろそろ勇退時期なんでしょう。始まってからの故障だとログのロストなど悲惨な状態になっていたと思います。あわてて、Win7のデスクトップにコンテスト用の環境を用意しましたが、50分近く遅刻して参加開始となりました。

#最初はHDD故障かと思いましたが、どうやらマザーの不良っぽい。
#HDDは別のマシンへつなぐと正常だったので、データは後日吸い上げました。

 次のために、SO2Rもどき自分用の備忘録です。

・radio構成
 TX1 TS-590SG 3.5/7MHz 
 TX2 ic-7400 14/21/28MHz
#夜の3.5MHzは2RADIOではなく1RADIOでした。

・7MHzのBPFは必須。入れると14~28MHzへの影響も少ない。
・都合によりZLOG 1面でやってみた。サーチ側のログチェックが不便だった。
・リグコントロールはTX1のみ。TX2のコントロールも必須でした。そうすればradio切り替えしたときにバンドが連動するから便利。
・SO2Rの切り替えBOX、古いタイプを使った。やはりよくなかった。要改造でした。
・ハイバンド用のフィルターがやっぱり必要。運用的には、7MHzのトラップだけでよさそうだけど・・・
・ハイバンドだけで2radioできたら楽しそう。その場合アンテナが宿題。
トリプレクサーという手でもよいのかもしれないが・・・

 表題の写真は、運用風景と終了直後のPCの画面キャプチャーです。

p.s.
もう一点、自分用に備忘録。
・TS-590SGのリグコントロールのシリアルケーブルは横着しないこと。

 何これ?って感じですが。。。横着して、シリアル通信ケーブルにTXD,RXD,GNDしかつないでいない簡易ケーブルを使うと動作しないと言うことです。ちゃんとフロー制御ピンも結線したものでないとダメでした。環境移行ではまったのはここでした。FT-1000MPで動いていた、TX/RXだけの自作シリアルケーブルでは動かず悩んでしまいました。
comments (0) | trackbacks (0)
1/17 >>