とりあえず作ってみたブログ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

和泉市からの届きもの

200829_一式

 和泉市の方からの届きものです。

 数点購入されると伺いましたので、一口便乗いたしました。本体よりも添付されていた泡盛の一升パックに撃沈しました(^_^)。石垣の請福酒造の請福が同封されています。ちょうど泡盛の在庫がなくなり、何か買わねば…と思っていたところでした。

#肝心の物より、お土産の方が大きい(笑)。ありがとうございました。

 届いたキットは、ぼちぼち組み立てます。先人の記録によればこんな感じだそうです。取説どころか、回路図すら添付されていません。キットだけど、難易度は相応に高いと思われます。
comments (0) | trackbacks (0)

忘れないうちに納付

200801_通知

 移動する局の電波利用料、忘れなうちにポチっておきます。また、来月移動しない局(200w)の電波利用料の通知書が来るはず…
comments (0) | trackbacks (0)

移動しない局の再免許

200714_免許状

 この作業に続いて、再免許申請を行いました。今日の出勤前に近総通へ少し寄り道して、窓口で新免許状を受領してきました。今回はこんな感じのスピード処理でした。

・7日(火) 電子申請で再免許申請
・9日(木) 納付通知。 ⇒ 夜にネットでぽちる
・10日(金) 審査完了
・14日(火) 近総通にて免許状受領。
comments (0) | trackbacks (0)

早速受領してきました

200616_免許状

 こちらの手続きで発給された免許状を、早速受領してきました。出勤前に、近総通へ寄り道。開庁直後の朝イチでの寄り道なら、なんとか定刻に間に合います(笑)

 せっかく発給されましたが、そろそろ免許期限が来ますので、続いて再免許手続きでもします。

#1.9MHzのSSB追加は含みませんので、たなぼた特例を待ちましょう(^^;;;
comments (0) | trackbacks (0)

審査完了みたい

 この前出した変更申請、昨日の金曜夜に何気なく進捗を見たら「審査完了」になっていました。早くても来週半ばかなぁ、と見ていましたが、予想よりちょっと早い。

 ステータスは審査完了なんだけど、審査完了を知らせるmailはまだ届いていません。週明けかな?mailが届けば、直接受領にでも行きましょうか・・・
comments (0) | trackbacks (0)

変更申請を出す

 実家においている、200wの移動しない局、昨夏ごろから出さねばと思いながら放置になっていた、変更申請をやっと出しました。電子申請でだしましたが、工事設計書をweb上で入力するのは意外に面倒くさい。紙だったら、コピペのやりくりで省力化できるけど、webフォームではそんなことができません。これなら、紙の方がいいですねぇ。

 手直しして、移動する局の付属装置の諸元に合わせ直しました。欲張ってA2AやG1Eが入っているので、これを抜いてしまえば、こちらの通り法令改正の恩恵を受けてもっと簡単だったのにねぇ。。

・電子申請到着 2020.6.3 朝9時前
comments (0) | trackbacks (0)

ホンマに忘れないうちに納付

200419_通知

 電波利用料納付の通知を受け取ってから1週間以上経過しているはず。ホンマに忘れるまでに何とかポチっておきました。今回通知はこちらの分です。
comments (0) | trackbacks (0)

同軸用の圧着ペンチ

200417_ペンチ

 同軸用の圧着ペンチをポチってみた。密林なサイトで送料込でも2k円でおつり有です。RG-58Uの圧着コネクタがあったはずなので試してみます。
comments (2) | trackbacks (0)

密林からの届きもの

200319_変換

 ポン橋のパーツ屋さんより安かったので、密林でぽちりました。この組み合わせの変換は、もちろんこちら用です。(^^;
comments (0) | trackbacks (0)

手元にある自作CMFを見てみる

200318_cmf_1.jpg

 SMAコネクタにミノムシクリップを付けたリード線を作ったので、表題の写真の自作CMFの特性を見てみました。

200318_自作CMFの例.png

 こんな感じ。周波数特性はフラットっぽいが、20dB程度しか利いていません。巻き数はFT-114#43へ6T、FT-114#61へ3Tです。もう一声ぐらいは効いてほしいので、巻き数をもう少し増やしてみましょうか。

 端切れとなったテフロン同軸を使って、この前L値を見たぱっちんコアで試してみました。

200318_zcat.jpg

 上の写真は、見ているときの様子。まぁこんな感じなので目安でしょうか(^^;;

 最初に、TDKのZCAT2436-1330へ5T巻いた場合です。

200318_1330材5T.png

 続いて北川工業のGRFC-13へ5T巻いた場合(左)と4T巻いた場合(右)です。

200318_grfc13_5t 200318_grtf13_4t.png

 さらに、北川工業のRFC-H13へ4T巻いた場合です。

200318_rfch13_4t.png

 こうしてみると、巻き数を増やせばよいだけでもない?なんだか悩ましい感じです。もう少しいろいろやってみます。ただ、今使っている材料では、こちらの方が製作された様な、すばらしい減衰特性は、かなりハードルが高そうです。
comments (2) | trackbacks (0)
1/20 >>