とりあえず作ってみたブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

神社めぐり(その4)

190716_本殿 190716_大祓い

 こちらの続き。出雲大社へ行ったので、お隣の北島国造館も行きました。御朱印をいただく前に、参拝。夏の大祓いの季節だったので茅の輪くぐりも・・・

 ちょうど結婚式も開かれていました。茅の輪をくぐっているときに、隣で新郎新婦の写真撮影も行われていました。

 表題の写真は、茅の輪越しの本殿と、茅の輪くぐりの作法の説明書き。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その3)

190712_しめなわ

 昨日の続き。神社のハシゴ、3軒目です。この界隈へ行き、神社を巡れば、出雲大社は行かないわけには行かないでしょう。この時以来で、3回目だと思います。今回は天気も怪しく、途中で雨にもあいました。前回とは逆の順路で、神楽殿側の駐車場へ止めて参拝しました。(この方が歩く距離が短くて済みます)。

 メンバー的に、グルグル歩くと大変ですし、雨にもあったので、神楽殿、本殿とショートカットして失礼しました。

190712_御朱印

 同行者の勧めで御朱印帳を買いました。単なるスタンプラリーにすると罰当たりでしょうけど、こういうものをもっての神社めぐり。違った旅の楽しみ方が見つかったかもしれません。

 表題の写真は、神楽殿のしめ縄。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その2)

190711_本殿

 昨日の続きで、神社2軒目。玉造温泉の奥にある玉作湯神社へ立ち寄りました。こちらは近所にある宿へチェックインする前にちょっとだけ立ち寄ったのでした。
 この神社もかなり古く、いつからあるのか判らないらしい。温泉街から近く、願い石というパワースポットもあります。時間に余裕があり、急遽立ち寄りました。ってことで、予習無しで参拝したので、パワースポットの作法がわからず・・御利益半減かもしれません(汗)。
comments (0) | trackbacks (0)

神社めぐり(その1)

190710_1.jpg

 この前の出雲の旅は神社めぐりでした。最初に立ち寄ったのがこちらの八重垣神社でした。ざっくり言うと、神話の人の居住地で、縁結びの神社らしい。
 本殿の写真は、ネット探せば見つかるでしょうから割愛です。(切れなく人が来る神社なので、人の写っていない写真が撮れませんでした。ってことで割愛です)

190710_2.jpg

 途中にこんなものがありました。古代結婚式ってどんなんだろう?

#リンクをクリックしても答えはわかりません(笑)

190710_3.jpg

 最後は、奥にある鏡の池です。こちらへ行くのがお約束でしょう。由緒ある神社ですが、大きくないのですぐに奥までたどり着いてしまいます。ゆっくり回ったけど、滞在時間では30分も掛からず・・・

 次の神社へ続きます。
comments (0) | trackbacks (0)

再び出雲へ

190624_庭

 週末から2泊3日で玉造温泉へ出かけました。今回は、嫁さんの親族が集まってのちょっとした団体旅行で、旅程はこんな感じ。(車2台へ分乗)

22日(土)
 7:00 自宅 → 10:00すぎ 岡山駅(ここで2人ピックアップ)
 11:00前 岡山駅 → 12:15頃 蒜山SAでランチ。
 13:00すぎ 蒜山SA → 14:00すぎ 八重垣神社
 14:45ごろ 八重垣神社 → 15:00すぎ 玉作湯神社
 このあと 玉造温泉の宿へ

23日(日)
 午前中 出雲大社へ。松江市内でランチの後、足立美術館へ。

24日(月)
 8:00ごろ 玉造温泉発 → 11:15頃 姫路駅 (ここで2人とお別れ)
 11:30頃 姫路駅 → 13:15頃 大阪空港 (さらに1人とお別れ)
 14:00頃 大阪空港 → 15:00すぎ 自宅 (途中寄り道あり)

 当初は梅雨の真っただ中だろうから、天気は期待していませんでした。入梅が遅れたのが、こちらには幸いでした。移動中には何度か強い雨にあいましたが、それ以外では大した雨にもあわずラッキーでした。(観光では、出雲大社でちょっとだけ雨にあった以外、大丈夫でした)
 行程を見ての通り途中でピックアップしたり、解散したり・・それぞれの交通機関(新幹線とエアー)とのすり合わせに一番難儀しました。2泊3日ので走破距離は、850km強でした。(寄り道がなければもっと短いはずですねぇ)

 表題の写真は、足立美術館の庭園の一枚。前回の出雲はこの時でした。
comments (0) | trackbacks (0)

蒜山高原でB級グルメランチ

190608_1.jpg 190608_2.jpg

 この前の鳥取旅行ネタ。大阪市内からそのまま鳥取へ行くとちょっと早いので、少し行き過ぎてみた。ということで、蒜山高原へ立ち寄り、気持ち遅いランチとなりました。
 大山の西側の麓を抜けてから・・と言うコース取りだったので、コース上で見つけた、こちらのお店でランチにしました。折角なので、ひるぜんの焼きそばとモダン焼きを試してみました。まぁB級グルメなので、子細は割愛と言うことで。そして、口コミにもあるとおり、ここの主人の「ひるぜん焼きそばは私が考案した!」と言う講釈もしっかり聞いてきました。
 余談ですが、屋外席で陣取っていたら、テーブルの後ろにそうめん流し器がおいてありました。嫁さんは、何に使うものか?わからなかったようです。卓上に置く円形のそうめん流し器、これは播州地区でも使う物なので、このそうめん流し器の話で店の主人とちょっとだけ、盛り上がってみたり。(揖保の糸の資料館季節営業のそうめん流しこの写真を参照)

 表題の写真は、焼きそばとモダン焼き、2皿足しても1,500円でお釣りがありました。(^^)
comments (0) | trackbacks (0)

またもやちょっとだけ鳥取へ

190602_温泉宿 190602_ひるぜん

 週末、ショートステーで鳥取へ。またか!と言われそうですが、自宅から車で片道3時間±αなところでもあり、近すぎず、遠すぎず。。それから、鳥取県、探すと温泉地はいろいろあります。

○昨日(6/1)
 10:15ぐらい 本町 → 13時前 蒜山高原
   (ひるぜん焼きそばで遅い昼食)
 大山側までうろうろ → 16:00すぎ 東郷温泉

○今日(6/2)
 8:40すぎ 東郷温泉 → 11:30ごろ 実家
    (両親とランチ)
 14:00 実家 → 16:00前 自宅

 こんな感じの行程でした。本町は野暮用があり、出発前に立ち寄っています。1泊2日で遠すぎない、と言うところポイントでしょうかねぇ。

 表題の写真です。左は、宿泊した温泉宿からの眺めです。正面に見える建物がなんと去年泊まった宿です(笑)。右はひるぜん焼きそば

#東郷温泉ははわい温泉の対岸です(^^;;
comments (0) | trackbacks (0)

市場へ立ち寄り

190222_市場

 取り置きの足摺岬の旅ネタ。最終日はあまり時間がないけど、久礼大正町市場へちょっとだけ寄り道してみました。ホンマに短いので入ってもあっという間に出てしまいます。中途半端な午前10時過ぎの到着だったので何も食べられず・・かといって飛行機で帰ることを考えたら魚を買って帰るわけにもいかず・・お昼時とかを狙ったほうがええのかもしれません。
 中途半端な時間に行ったので、見るだけになってしまいました。その代わりに駐車場は近いベストなところでとめられました。
- | trackbacks (0)

四国最南端の岬へ

190220_入り口 190220_岬

 今日もまた取置きの足摺岬の旅ネタです。残念な天気だったので、ちょっと立ち寄っただけになってしまいました。行かないと言うのもちょっとなぁ~と思い、宿から車で10分も掛からずに足摺岬の駐車場へ。表題の通り、なんだか悔しい景色でしたので、灯台の周りを一周回っておしまいにしました。

wikiに出ているような天気だったら良かったのにねぇ~。残念でした。
comments (0) | trackbacks (0)

天然物をいただいてみる

190216_うな重

 今日もまた取置きの足摺の旅ネタです。四万十川の屋形船のあと、こちらでランチにしました。このお店には、入荷次第なんですが、天然のうなぎを使った料理があるそうです。ってことで、試しに行ってみたところ、天然物うなぎの在庫があったので、清水の舞台から飛び降りて天然物のうな重を頂きました。天然物は、身がしっかりとしており、ブヨブヨ感も脂っぽさもありません。そういえば、昔(40年以上前)に父が釣ってきたウナギはこんな感じの味でしたねぇ。(ホンマに一瞬だけウナギ釣りに勤しんでいた時期がありました。後に聞いた話だと、ある日、まったく釣れなくなってしまい、辞めたらしい。)

 ただ、この日は昼ごはんにお金を投下しすぎた予算オーバー状態なので、遊びまわらず、こちらだけ回って宿へ引き上げたのでした(T_T)
comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>