とりあえず作ってみたブログ

<< May 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

それは一瞬の出来事

この際なので、忘れないためにも昨日の1本目の顛末を書き留めておきます。同じ目に二度と会いたくないし、しないと思いますが、これを見た方、同じ事をしないでください。

潜水地点、ミサチ。(田辺でも最大-40mの深場で有名ですね。)
水面はベタ凪ではないが、かなり穏やか。ただし、透明度は3m強の濁りありで最悪の状態。(水中で一定水深まで降りると強い流れあり。これが出来事のポイント)
いつも通りアンカー集合で、アンカー伝いに潜降なんですが、アンカーロープ沿いにフリー潜降したため、-10mぐらいのところで流れにのまれてしまいました。のまれた瞬間は今でも良く思い出せず、あっと気がついたときには、時すでに遅し。上下左右、前後、方向感覚が完全に分からなくなってしまいました。自分の吐く泡を見てやっと上下の感覚が戻りました。そして、ダイコンを見て今の水深が分かりました。
 さて、流されたと気がついてから、周囲を見回しました。でも、言うまでもなく透明度3mでは、何も見えませんから捜索の余地はありません。さらに、流れは下向きでもありました。流されながら深みへ落ちていたのです。幸い、落ちた地点がミサチの根の天だったため、-18mで止まりました。
 下向きの流れの時は、少々の泳力ではどうにもなりません。フィンキックだけでは浮かないので、BCへ多めに給気して何とか浮上開始しました。が、-6mぐらいまで戻ったところでまた流れて落下。今度はなんとか-13mぐらいで踏みとどまりましたが、下は何もない感じなので、落ちれば-40mだったかもしれません。このあとやっと浮上することが出来ました。(なぜか-5mで軽く安全停止をしていたり。)
 浮上して初めて、ボートから南へ50m強、流されていたことに気がつきました。ここからボートへ戻るのも一苦労でした。波が低いとはいえ、いざやってみるとまっすぐに泳ぐのは至難の業です。少し泳いで危ないと思ったので、コンパスを使って戻りました。これが、講習以外の場で初めてコンパスを使った事態であります。この出来事、全部で12~3分ほどでしょうか。(潜水時間は8分)

 ボートに戻ったところで、ガイドさんと合流でき、事なきを得ました。さすがにこの場で再度潜降する気にはならなかったので、一旦港へ引き上げで終了。

 さて、この出来事すべての元凶は、ロープ横とはいえフリー潜降にあります。視界不良時は、何があってもロープにつかまっておくべきなのです。この日、水面は穏やかでしたが、水中は驚くほど流れていました。これだけは水面からでは予測が難しいでしょう。最悪の事態に備えてつかまっておくべし、ということです。
 幸い、パニック状態に陥らなかったため、水面まで帰れました。ただ、もう少しでもトラブルが重なっていればどうなっていたのやら。あのときにBCへの給気で浮上、という判断がなければ沈んだままだったでしょうし。あと、直線ナビゲーションも最低限使えなければならないと感じた場面でもあります。ガイド付きのファンダイブだと、コンパスはお飾りになってしまいがちですが、いざというときのために、ベセルが動くようメンテナンスしておかないと行けません。

 参考までに、エアーの消費量も書いておきます。驚く事なかれ、すごく減りました。スタートは200bar、ボートに戻ってきたら130barでした。ダイコンのログから推定すると、通常の3倍に近い速度でエアーを消費したようです。

 初心忘れるべからず、慣れた頃が危ない、身をもって分かりました。怪我無く戻ってこれたから、良い教訓となりましたが、一歩間違えればどうなっていたことやら。
comments (7) | trackbacks (0)
1/1