とりあえず作ってみたブログ

<< August 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

もう一度セットアップする

120809_HDD 120809_作業中

 仮復旧だった自宅サーバー。使い古したディスクの暫定状態だったので、譲渡してもらったディスクで再構築してみました。今のところ、マザーボードに不具合は無さそうなので、当面このままにして、次期マシンをどうするか?じっくり考えてみることにします。

 再構築は、ディスクのフォーマットから始めたので、半日以上掛かってます。その間、別のpcにwebサーバーとperlだけ導入。webのデータをコピーして代替してました。

 今回の再構築でWEBサーバーを元のapacheへ戻しましたので、備忘録を。

○インストールフォルダ。

デフォルトだと、フォルダー名にスペースが入る。スペースが入ると、パイプ処理で転けることがあるので、スペースが入らないように変更してから導入。

○cgiにおけるシェバングの件

 Win仕様のシェバングに書き換えてしまえばイイのですが、ファイル数が多くなると対応が難儀です。そこで、元々のシェバングに書かれているパスにperlインタプリタを置いておく手で対応。以下の2タイプを押さえておけば良さそうな予感。

 /usr/local/bin/perl
 /usr/bin/perl

ってことで面倒だけど、perlを2回余分にコピー。

120809_tree

 今回は、perl/binperl/libの2つのサブフォルダのみをコピー。このときの予測通り、これで十分でした。

#もう一歩進めて、環境変数にセットしておく手もありそうだ。

○その他

 初期の物でしたが、定義ファイルが残ってました。これを流用して、設定したのでかなり速かった。

○宿題

 セマフォがタイムアウトする件、httpdでの対策が未処理なので様子見。場合によっては作業。あと、ログのローテーションもまだ未了。(汗)

-・・・-

 表題の左の写真、自宅サーバー機のハードディスク。向かって左側が今回使用した新品のディスク。右が10年選手の古いディスク。右の写真は、OSのインストール中の様子。
 新品のディスクは、こちらの方から譲っていただきました。紙面を借りてお礼申し上げます。
comments (2) | trackbacks (0)
1/1