とりあえず作ってみたブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

SBの文字コードのUTF-8化

昨日の作業の続きです。

 SB(Serene Bach)を最新verの2.25Rへアップデート後、文字コードをEUC→UTF-8へ置き換えてみました。当方の手順は以下。

1.SBのUTF-8を準備する。この時にSB_EXTのライブラリも準備。
2.用意したフォルダへ展開。
3.EUC版のデータを引越し。/docの中身をそのまんまUTF-8のフォルダへ上書き。
4./docの文字コードを一括でEUC→UTF-8へ変換する。
 そのとき、改行はLFのみ、UTF-8はBOM無し。
 文字コード変換の際、configure.cgi これは変換不要。
 勢いあまって変換した場合は、EUCのフォルダからもう一回コピーすればok。
5.各種フォルダのコピー。/img /lock /plugin /template。
  /lockコピーがポイントかも? 無いと、管理画面がエラーになります。
 #ダミーのファイルがあるところは全部コピー対象。
6./install.cgi を実行して設定復元。
7.管理画面へログインして、全ファイルの再構築を行う。
  (再構築は/LOGが空っぽなので、時間がかかります。)

 元のEUCのフォルダはどこかへバックアップしておきます。バックアップがしっかり残っていれば、少々失敗しても焦ることは無いと思われます。

 作業手順は、こちらのサイトを参考に致しました。また、ドキュメントには「途中で文字コードの変更は行わないほうが良い」とありますので、すべては自己責任です。

#これは自分の備忘録であって、結果を保証いたしません。悪しからず・・・

 多分これで置き換わっていると思います(^^)
comments (2) | trackbacks (0)
1/1