とりあえず作ってみたブログ

<< July 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

回線が半日切れてました。すみません・・

今日の未明から夕方頃まで、半日回線が切れてしまいました。

不通期間:7月1日 AM4時頃~PM3時30分頃まで
不通理由:マンション内共用設備の光ファイバーが損傷したため。


 今朝、出勤前にメールチェックをしようとしたところで、NETが不通になっていることに気がつきました。ルーターのステータスを見るとWAN側が切れてました。同時に自宅のIP電話も不通になってました。

 今日は出勤だったので、出勤してから仕事の合間にNTTへ問い合わせ。何度かやりとりした結果、マンション内共用設備が怪しいと言うことになり、工事部隊が確認しに行ったようです。そして、故障の原因は極めて簡単。

光ファーバーがネズミにかじられていた・・・

破損個所をつなぎ直したら即復旧したそうで。

 最近、何かあって企業に問い合わせをするときは、ネットをみて問い合わせ先を調べる行動に出ることが多くなりました。でも、今回の場合そのネットが使えない・・・NTTも回線故障・工事情報をネットに公開していますが、これってどうなんでしょ?本当に故障情報を参照したい人の大半は見ることが出来ないんじゃないでしょうか。(私も会社のデスクでネットを見て分かった次第。)

 如何ともし難い不便さと、NTTの情報開示に矛盾を感じた一日でした。

#ネットは無くても生きて行けるんだけど、なんだかねぇ~。

 以下余談。興味のない方は無視してください。

 うちの回線はマンションタイプのフレッツ光プレミアム+光電話。その場合、CTUにパソコンとVoIP(電話)をつなぎます。(CTUが俗に言うブロードバンドルーターの代わりになる)
 どうやらNTT側からCTUを遠隔操作することが出来るらしく、NTT側の操作でPPPoEの接続・切断も可能らしいです。故障から復帰した場合、NTT側で操作して動作確認することもあるようです。
 しかし、我が家では従来通りの市販ルーターを使用し、CTUを使っていないため遠隔操作できなかったみたいです。電話で、遠隔操作できないんですけど・・・と言われてしまいました。すかさず、「CTUはPPPoE通過設定してます」と返事したら、そうでしたか・・・その場合ネットの確認はユーザー様でお願いします、と冷たい返事が・・・やっぱりこういう使い方はサポート外らしい。

 あと一点、覚え書き。

 光回線が死んでいるときはCTUの動作も怪しいと言うこと。CTUの設定を参照すべく、CTUに一台ノートPCを直接つないでみました。が、CTUのDHCPがまともに動いていないため、IPアドレス、DNS、ゲートWAYの設定が自動で出来ませんでした。なので、CTUへログオンすることすら出来ません。回線が切れてしまうとCTUはタダの箱らしいです。(だから、CTUログオンのIPアドレスはグローバルアドレスなんだろうか・・・)
comments (0) | -
1/1