とりあえず作ってみたブログ

<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ネットのある宿

150317_外観 150317_食堂入り口

 まずは宿ネタ。この前の与那国島では、旅の館「阿檀」で5泊しました。2箇所に分かれていたようですが、今は別館だけで営業しているようです。

毎度の箇条書きで

○良い点
・居心地の良い宿でした。
・食事がおいしい。秘蔵の梅酒が特段に・・・(笑)
・宿の主人が親切です。(見た目とは違って・・ゴメンナサイ)
・エアコンがコインタイマーではない。
・食事、朝・夕ともにメニューの配慮がある。
 5泊したけど、一回も同じメニューが出たことは無い。
・スーパーまで歩いていける。

○悪い点
・食堂から2階の部屋へ戻るには、一旦表に出ないといけない。雨が降るとつらい。
・エアコン。南の島仕様なので、暖房機能がありません。

 元々は、入国管理局+法務局として使われていた建物です。2階の部屋は、たぶん官舎として使われていたのでしょう。だから、2階の部屋に当たると、1階の食堂からは外へ出ないといけないようです。(しか部屋によって、階段が違うのだ)
 ダイビングで利用すると、バスタオルの増量サービスがあるのも重宝しました。毎日2本、しかも1本は出発前に借りられるので、そのままダイビングボートへ持ち込めるので助かりました。
 宿泊客ですが、観光客以外に工事業者などの出張組みも多かったです。(西表島のこちらも同じ)。今回は特に5泊と長期滞在したので、同じダイビングショップの客以外に工事業者の人とも一緒に飲んだくれる日ができてしまいました(笑)
 離島の民宿でしばしば見かける、一般常識の欠落した変な常連客に遭遇しなかったのが居心地の良い環境になった大きな要因かと思います。

#変な常連客が居る宿は接客に問題があると、感じています。

 食事ですが、夕食の時刻設定が遅めでした。日没が本州より小一時間ほど遅いことを考えたら合理的かも?。5泊したけど、メニューが一回も重ならなかったのはびっくりでした。5泊もすると朝食がダブってくるものなんですが・・・。また、滞在期間に応じてメニューが組まれているからなのか、客によってメニューが違うこともありました。これは、宿の主人によると、1週間ぐらいは同じものが出ないように配慮しているからだとか?。なお、前述の通り工事業者も利用する宿なので、メニューは朝夕ともにガッツリ系です。

 ネットは、WiFiで提供されています、自己責任で設定を。沖縄の離島は、まだまだADSLが標準なので多くを期待しないほうが良いかと思います。

 表題の写真は、宿の外観と食堂の入り口。食堂は元々入国管理局のカウンターがあった場所らしいです。部屋の写真は撮影するのを失念しておりました。
comments (0) | trackbacks (0)

那覇市 気温24度、関空 気温9度

150315_門 150315_お城 150315_経路

 今日の午後イチの便で、那覇から帰ってきました。午前中、少しだけ時間があるので、首里城へ行ってみました。

9:00 那覇空港 → 9:27 首里 (ゆいレール)
10:40 首里 → 11:07 那覇空港 (ゆいレール)
12:30 那覇空港 → 14:30過ぎ 関西空港 (JTA・ほんの少し遅延)

 一日乗車券を持っているので、那覇空港へ行って手荷物を預けてきました。少々ロスタイムがありますけど、首里駅から首里城の入り口へ行くだけでも1km歩くので、荷物は少ないほうがいいはずです。
 実質1時間ほどしか取れませんでしたが、守礼門から正殿まで回ることが出来ました。前回行った時は、修繕工事中。正殿が半分ぐらい見えなかったのですが、今回はきっちり見えました。早めに退散!と退散を始めたころに一瞬だけ雲の切れ目がありました。後が詰まるので、引き返さず早々に首里駅へ。

 表題の写真。左が、守礼門。しかも後ろから、ちょっとだけ。(あまりにも団体客が多くて、前へ回る気も起こらず)真ん中が正殿。一番右が、首里駅から首里城の正殿までの歩いた軌跡。1時間ほどで、歩いた距離は3.3kmでした。

 最後に備忘録。

那覇市内-最高気温24度だけど、日陰など冷える箇所も。長袖シャツの袖をまくって。
関空ー到着時、気温9度。機内へパーカーを持ち込み、降りるときに着用。手荷物を受け取ったらまずダウンを取り出す(笑)

 さらに余談(もうええって?)

ゆいレールの一日乗車券(二日乗車券)は、購入した時点から24時間あるいは48時間の設定なので便利です。(有効期間を購入日のみの暦日とする乗車券が多いはず)
comments (0) | trackbacks (0)

ついに八重山を出ました

150314_1.jpg 150314_2.jpg 150314_3.jpg

150314_4.jpg 150314_5.jpg 150314_6.jpg

 今日の夕方、ついに八重山を出て那覇まで戻ってきました。午前中は、石垣島をウロウロ。しかし、島北部は雲が多めで、場所によっては雨、島南部のが天気が良さげだったので急きょ、竹富島へ渡ってきました。

主たる移動はこんな感じ。

11:30 石垣港 → 11:45 竹富港 (安栄の高速船)
13:45 竹富港 → 14:00 石垣港 (安栄の高速船)
16:10 石垣空港 → 17:10 那覇空港 (JTA)

 思い付きで竹富島へ渡りましたが、今回は2時間ほどのショートステイでも正解でした。(昨年夏のドタバタな竹富島の展開はこちらで)

 さて、今日も写真多めにしておきます。上段左、今朝の川平湾遠景、真ん中が底地ビーチ、右が石垣港。下段左、竹富島のコンドイビーチ。真ん中、西桟橋。右、休憩に立ち寄ったお店。

 最後に気候の備忘録。

○石垣島、竹富島
 最高気温25度。朝は少し冷えたけど、日が昇るとTシャツのみでOK。でも木陰に入って風が当たると、涼しいというよりひんやりするのでままだまだ春になったぐらいかも?

○那覇
 最高気温23度ぐらい。降り立った時は、気温21度前後。Tシャツだけではちょっと寒い。明らかに、石垣など八重山とは周囲の服装が違ってました。長そでのシャツを着て、袖を折ったぐらいがちょうどいい感じかと。
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島を出ました

150313_1.jpg 150313_2.jpg 150313_5.jpg

150313_3.jpg 150313_4.jpg

 ついに与那国島を出ました。行程はこんな感じ。

13:40 与那国 → 14:15 石垣 (RAC)

 飛行機までの間、3時間ほどで島を回ってみました。祖納(そない)のレンタカー屋 →西崎(いりざき)・日本最西端の碑 →島の南側から →比川・Drコトーのロケセット →東崎(あがりさき)→比川で昼ご飯 →ティンダハナ →与那国空港(空港にてレンタカー返却)。意外に、距離があったのでかなり無理がありました。やはり、5~6時間見たほうがいいかもしれません。
 石垣へ戻ってからは、天候もすぐれなかったので、お土産物の買い出しと発送作業、アルコール飲料の調達と発送など行い、天気が回復したところで川平湾をちょっとだけ。

 表題の写真です。上段の左が東崎、真ん中が西崎の日本最西端の碑、右がDrコトーのロケセット。東崎の写真に写っている馬は、与那国馬というこの島固有の小型の馬です。小型で下段左は、着陸直前の石垣市内と旧石垣空港(工事中です)。右が、夕方の川平湾。

 さて、今日は久々に光回線の環境なので写真を多めにしてみました(笑)。八重山の離島は、まだ光ではなくてADSLがネットの標準環境だそうです。(回線速度が遅い反面、台風で電線が切れてしまっても早く復旧できるというメリットがあるとか?)

#石垣は都会なので光が入ってます(笑)
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島潜水4日目 水温24度

150312_その1 150312_軌跡

 与那国島ダイビング4日目。今日は、気温がやや上昇したため、昨日朝のような寒さはなかったけど、終日雨模様の残念な天候でした。(気温18度あたり?)何とか、今日も5mmウエットスーツのみ、フードベストなしで乗り切れました。

1ダイブ目 アンカーズグレイブス
2ダイブ目 西崎
3ダイブ目 西崎

 1ダイブ目は久々に普通に南の島チックなポイントで潜水。雨でなければもっと景色がきれいだったのだけど・・・。2・3ダイブ目は再び西崎で大物狙い。
 2ダイブ目は見事に滑って、見たのはツムブリのみ。ツムブリの群れの近所にハンマーヘッドがいるというのが通説らしいけど、見事に外れました。まぁ、大物狙いのダイビングにはつきものなので次に期待。
 3ダイブ目、懲りずに西崎。今度はハンマーヘッド3本見ましたが、あまりにも深くて、写真には写らずです。(目では十分視認できるんだけどねぇ~)

 表題の写真。左は1ダイブ目のアンカーズグレイブスから。右が、その時のボートの軌跡です。

 一回の滞在で10ダイブ以上としっかり潜れたのは、2013年5月の西表島以来となりました。そろそろ与那国島を出る予定です。

 ちょいと備忘録。

・ダイブコンピュータ、水温検知が低めに出る件。

 なんだか変。低めに表示される。ひどい時は19度表示。この温度で5mmフルスーツだけで潜ることはかなり無理があります。(私は経験上できません。)ほかの方を比較してもかなり低め。もちろん誤差は否定しないのだけど…ちょっと低めに出すぎているような気がします。
 今日に限ると、周囲の方は1ダイブ目が一番温度が低いのに、私のは1ダイブ目が一番高い。体感も1ダイブ目が寒くて、時間を追うごとに暖かかったのだが。。(1ダイブ目が24℃、2ダイブ目が21度、3ダイブ目が22度。周囲の方々結果は、1ダイブ目24℃、それ以降25℃。)
 センサーの問題なのか?最低値を記録しているからなのか?今まで、ここまで大きくずれたことはありません。少々気になっています。

#こちらの自前電池交換作業は大丈夫でした。
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島潜水3日目 水温24度

150311_西崎灯台 150311_ハンマー 150311_軌跡

 与那国島ダイビング、3日目。寒さのピークは今日の早朝だった感じです。1ダイブ目のボートの上がとにかく寒い。もう辞めようかと思うぐらいでした。
 寒いのは1ダイブ目の往路だけで、後はだんだん寒さが緩み大丈夫でした。ということで、西崎でハンマーヘッド狙いの3ダイブ。成果はこんな感じ。(今日もスーツは5mmウエットのみでインナーは無し)

1ダイブ目 ハンマー群れ(小)←-40mぐらい?
2ダイブ目 ハズレ。ウメイロモドキとグルクンいっぱい(T_T)
3ダイブ目 ハンマー群れ(小)+イソマクロ+ロウニンアジ、ギンガメアジの群れ

 3ダイブ目、ハンマーの群れにイソマグロとロウニンアジが引っ付いていたようです。ハンマーに気を取られて、見落としたのが無念だったり(汗)。あと、うっかり目線ぐらいまで下がったら、-44mまで降りてしまい、不健康な潜り方になってしまいました。(後半は常に浅めをキープ)幸い、滞留時間が1分間にも届かない一瞬だったので、無減圧潜水で戻っています。

 表題の写真。左が日本最西端の西崎(いりざき)灯台。この光景、南の島のリゾート感が全くありません(笑)。
 真ん中が3ダイブ目の深いところで見たハンマー。-40mあたりから写しています。3本いるはずなんですが、写真で分かるのは2本だけでしょうか。
 一番右が、ダイビングボートの軌跡です。港を出るときに、GPSアプリを起動し、港へ戻ってきたらアプリ停止。軌跡がまっすく進んでいるところは、移動中。軌跡がジグザグで迷走気味のところは、ボートがダイバーを追いかけているときの動きです。エントリー(潜水開始)前に、行き過ぎてから引き返すのは、行き先の波や潮流を確認するためです。潜水中に流されている距離は3kmぐらいあると思われます。(この軌跡は3ダイブ目です)
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島潜水2日目 水温24度

150310_ハンマー

 今日も3ダイブ行きました。与那国だから、ハンマーヘッド(シュモクザメ)狙いです。

潜水ポイントは。
1・2ダイブ目 西崎
3ダイブ目 ヌルガンドロップ

 1本目でハンマーの群れに遭遇。ただ、深場にいたので、下まで追いかけるわけにもいかず・・・(-40m付近まで追ってみたけど、まずいので-30mまで浮上して追いました)単体がまれに-30mあたりまで上昇していたのが表題の写真。
 2本目、やってしまいました。見事にハズレ、ブルーウォーターなダイブになってしまいました。
 3ダイブ目はヌルガンドロップ。気分転換に、ソフトコーラルなど多め、南の島の海的な感じな風景を流しました。ここでは予想に反して、安全停止中に1本、ハンマーヘッドがふらりと来たのでした。

 今日も、5mmウエットのみ。フードベストなしです。移動中が寒すぎるため、ボートコートを借りました。これがないと完全にアウトっぽい。風と波は、収束方向ですが、気温が18度前後と下がったままで、まだ上昇の兆しが無いです。(天候は、曇りで時雨あり)
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島潜水1日目 水温25度

150309_遺跡

 与那国島ダイビング初日です。今日は3ダイブ。

1.Wアーチ
2.遺跡
3.西崎

 全体的に、水温高め、水もきれいで透視度30m超ばかり。と書けば申し分ナシな感じだけど・・・肝心の海が時化気味です(涙)。寒いのを覚悟していましたが、水中は大丈夫でした。1本目は念のためフードベストを着こんだのですが、2本目からやめました。ウエットのみで潜れます。(温度的にはギリギリだけど、ダイブタイムが40分程度と短めの設定なのでok)

 最初2本は水が良くてナイスでしたが、3本目の西崎は時化のため波を避けてエントリーせざるを得ない。大物がいると思われる領域に入り切れなかったので、やはりハズレ。見事なブルーウォーターダイブとなりました。まぁ、ここでも水の良さ発揮でしたけど。

#見通しが良い分、何もいないのもすぐに察知できるわけでして(汗)

 夕刻から冷えてきました。気温は18度ほどだけど、風が強い。遺憾ながら予備で持ってきたトレーナーの出番です。

 表題の写真は、遺跡の一コマ。
comments (0) | trackbacks (0)

与那国島 気温23度

150308_isg出るところ

 この時以来の与那国島です。今日の行程はこんな感じです。

9:55 関空 → 12:30 石垣(JTA)
17:35 石垣 → 18:10 与那国(RAC)

 石垣の乗り継ぎ時間が長めです。5時間も空港で待つなんてありえない選択肢。かといってタクシーで730交差点界隈までタクシー行くと往復で6000円近くかかってしまう。ということで4時間ほどだけどレンタカーを調達。タクシー代わりにしました。(直近手配だったけど3k円ほどで借りました)

#時間単価にすると割高だと思うけど、タクシー往復よりはマシ。

 今日は天気が悪く、石垣はホンマに昼ご飯を食べに市内へ出る+αで終わってしまいました。(曇り→雨→曇り)

 -・・・-

 さて、服装に悩む時期だったので自分用の備忘録。

・気温、大阪8度(朝)、石垣22度(昼)、与那国23度(夕方)
・大阪を出た朝は気温8度ほどだからダウン有。関空まで着る。
 (空港へ着いたらダウンを鞄へ押し込み、手荷物として預けた)
・飛行機に乗るときは、薄手のパーカーを着ていた。関空内は程よい感じだけど、飛行機の中では暑くて不要。
・石垣、与那国、ともに気温20度越え。長そでのシャツ1枚でも十分。袖をまくらないと暑い。Tシャツで歩いている人も多々いる。
・レンタカーの車内、冷房をつけてしまった。と言っても連続だと寒く、時々加減する。
・石垣より与那国のがさらに気持ち暖かい。石垣よりTシャツの人多め。短パンの人も多め。

 予備でトレーナーを1着持ってきたが、予備で終わることを祈るばかり。天候は、今夜から下り坂、明日から少し冷えるらしい、どうなるやら。

 最後に、表題の写真。石垣空港から与那国行きのRAC便に乗るところです。
comments (0) | trackbacks (0)

ログを提出

150305_壁紙

 この前のアールのコンペのログを送付。今回、ログを3回も送りなおす羽目になりました。いわゆる書類不備って所だと思いますが(汗)。3度目の正直で、エラーが解消して送付完了となりました。

 今回、交信数464局。500局以上交信すれば、記念証がいただけたのですが、残念ながら36局足らず(涙)。代わりに、2002年の記念証を表題に貼っておきます。
comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/3 >>