とりあえず作ってみたブログ

<< January 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

地デジチューナーを試してみる

会社で事情があって試しに買った地デジのチューナー。梅田のヨドバシで帰宅途中に購入しました。使ったからと言って減る物でもないから、家で試しにつないでみました。

 地デジ対応のテレビはいっぱいあるけど、外付けの地デジチューナーは皆無に近く・・・。買ったのは、AVOX製のこちら。地デジ専用チューナだとこの機種が一番安いはず。(八木アンテナから発売されているこちらも同じ物。)

070116_地デジチューナー

 早速開封して接続。会社の持ち物だから、リモコンや接続ケーブル、取扱説明書などの袋を開けてしまうのは気が引けたから、本体だけちょいと拝借(笑)。リモコンなしでも、取説なしでも、それなりに使えそう。

070116_初期化中

 まず初期化して、どのチャンネルが受かるか?覚えさせるらしい。少し時間がかかったけど、無事終了。なにせウチのマンション、共聴が某ケーブルテレビになっているので地デジの再送信がどんな状態か分からず心配でした。(ケーブルテレビに未加入だから分からないんです。)

 設定完了後、さぁ視聴。あれ?何も見えない・・

見事に、B-CASカードの挿し忘れ。

 やむなく、B-CASカードだけ袋から取り外し。(あ~袋が破れてしまったではないか)背面のスロットにさし込んだら、無事視聴できました。諸処の事情があるかららしいが、ユーザーから見れば、これは単に迷惑な仕掛けとしか言いようがないのだけどどうなんでしょ。

 家のテレビがまだまだ新しいので地デジはいらないと思ったが、アナログ放送にはないクリアーな画を見てしまうと一瞬欲しくなってきたり。我が家は窓から生駒山が直視できる環境なので、アナログテレビでは電波が強すぎてうまく写らない部屋があります。地デジならその心配がない感じだから、買ってもイイのかもしれない。

#う~ん、物欲モードか?

このチューナ、ホンマにテレビを見るだけなので、EPG(電子番組情報)など高尚な機能は付いていません。でもメニューを繰ったらこんな画面がありました。

070116_電界強度表示

 電波の強さが分かるらしい。思わず全チャンネル見てしまいました。

#この強さ表示、単位はdBμ?妙に気になるんですけど。
comments (2) | -

今度は海側から

去年の写真を繰っていると、鳩間島の写真まだありました。

最初の3枚。これは昨年6月に行ったときの写真。(6月21日撮影)

070114_6月分1 070114_6月分2 070114_6月分3

次の3枚が昨年10月に行ったとき。(10月19日撮影)

070114_10月分3 070114_10月分2 070114_10月分1

 似た様なアングルだったことに気が付き、2回分の写真を並べてみました。最初の左と真ん中の2枚が海側から鳩間島の港を写したもの。右は、公園の裏の浜から港の中です。(公民館の向かいにある公園)
 下段の10月は快晴でしたが、上段の6月はスコールに見舞われています。一番右の写真に黒い雲が写ってます。この雲があっという間に上空を埋め尽くし、激しいスコールを一発喰らいました。公園でのんびり休むはずが、あわてて逃げるように撤収したのでした。
comments (2) | trackbacks (0)

メインダイヤル交換(FT-817)

お正月に実家に帰ったとき、長年のつきあいのS氏から「試作したので試して欲しい」と言われて預かったのがこちら。

070113_ダイヤル

FT-817用のメインダイヤル。左がオリジナルで右が試作品。とにかく小さいのでオリジナルのままでは操作性にやや難あり。ボールペンの先などでくるくる回せるようダイヤルのすみに小穴をあけたり、つまみ付きダイヤルに取り替えてしまうのがトレンドだそうで。
 つまみ付きダイヤル、販売業者が居るけどちょっと割高、そこでS氏はアルミのブロックから削りだして相当品を作ってみたそうです。試行錯誤の跡があるのはご愛敬なので気にしては行けません。(取り付けたら隠れますので)

070113_作業前 070113_作業後

 ってことで、ダイヤルを取り替えてみた。上の写真は、取り替え前と後の比較です。

 つまみを付けることで、ぐるぐるダイヤルを回すときはすごく楽になります。効能はこれだけなんですが、この効能があるのと無いのでは大違いであります。

 さてこの試作品、かなり精度良く出来ていますが、若干ガタっぽいものがあります。穴がやや大きめで取り付けやすい反面、ダイヤルのフィーリングにほんの少しガタを感じるのは、取り付け穴の加工精度によるのではないかと思われます。(穴の中心出しとともに、穴サイズをぎりぎりにし遊びは少な目かな)どうやら、このつまみの成否はセンターの軸を受ける穴の加工精度次第と思われます。
 あとは、飛び出しているつまみ、今の8割の長さでも大丈夫でしょう。その方が携帯用なので収納性が向上するはずです。

 なんだかんだ言っても、家で工作した自家製の削り出しですからかなりの出来映えです。一度使うと便利なのでそのまま取り付けたままにしておきます。これなら、ヤ○オクなどで販売できるかも?(笑)
comments (2) | trackbacks (0)

カテゴリーを少し変えました

記事分類のカテゴリー、少しだけ手直しです。
八重山の記事、さらに細かくジャンル分けしてみました。
石垣島、西表島、小浜島、黒島、鳩間島、と島別。それから、ダイビング。

今回は、カテゴリーの下にサブカテゴリーというのが設定できることに今更ながら気が付き、手を加えてみました。(今更気が付くとはねぇ~)
comments (2) | trackbacks (0)

リナザウに大容量SDカードを

070112_SDカード

先日、梅田のドスパラで2GBのSDカードが2980円で売っているのを発見。思わず一枚買ってしまいました。以下、リナザウ導入の備忘録。

 今使っているリナザウSL-C1000は、そのままだとSDカードは1GBまでしか認識しません。そこで、スペシャルカーネルでおなじみのこのサイトから、1GB超のSDカードに対応したドライバをダウンロードし差し替えます。(適当なディレクトリにダウンロードしzipを展開したら、ipkファイルが出てきます)

070112_無事認識

 これが認識したところのスクリーンショット。(スクリーンショットは、Shift + Fn + C )一番下がSDカード。すでに埋まっているのは、元々使っていた1GBの中身をコピーしたから。

 これでまた、通勤時の暇つぶしにMP3ファイルを追加できることになしまた。それにしても安くなったものです。ずいぶん前に買った1GBが当時で8000円ほど、これでもかなり安い方だったのに・・・このカード安すぎです。(表題の写真、左が今回買った物、右がずいぶん前に買った1GB)
 ただし、この激安SDカード、転送速度が少し遅めです。高速カードの必要性があるのならやめた方がイイかもしれません。
comments (0) | trackbacks (0)

先ほどログ提出

この前のコンテスト初めだった、オール兵庫コンテスト。先ほどログデータのチェックが終わったので、メールで提出。

 提出部門は恒例の県内局7MHz電信部門。
222局 220点 × 64マルチ = 14,080点 

2年前が、288点×74マルチ=21,312点だったので今年は大幅減でした。平日だったからやっぱり参加が少なかったかなぁ~。

 送ってから一つ間違いを発見。署名の日付を間違えてました。未来の日付を書いて出してしまいました。送ってから気が付いたので、あわてて訂正してもう一度送り直しました。いやはや気が早い・・・
comments (0) | -

またはっさくをもらう

ものぐさ花子さんから、昨年末に引き続いてまたはっさくを分けてもらいました。(いつもありがとうございます!)

070109_はっさく2 070109_はっさく1 

 まずは食べる。(当たり前やね)でも、皮が余ってしまいなんだかもったいない。そこで、皮は風呂に入れて、柚子湯ならぬはっさく湯を試してみました。

070109_はっさく湯スタンバイ

 皮のまんま入れたら後の掃除が大変。ってことで上の写真みたいにメッシュの袋に入れておきます。(写真で2ヶ分)後は湯船に入れておくだけ。タダ入れておくだけならちょっと薄い感じなので、袋を揺すってエキスを絞り出してと・・・

#うっかり絞りすぎてしまい、小さなくずで湯船が一杯に・・・(^^;;

 浴室に広がった柑橘系の香りは、いつもの自宅でありながら雰囲気が変わってなかなかいいものです。浴室の扉を開けた瞬間から楽しめます。湯冷めしにくいようで風呂上がりも暖かい感じ。ただ、ちょっと刺激を感じるので、体質によってはダメかもしれません。

 普通の家庭の風呂なら、2ヶ分で十分堪能できます。1ヶだとちょっと少ないかも。
comments (0) | trackbacks (0)

鳩間島灯台

昨日「瑠璃の島」関連、もう一丁続きです。

070107_鳩間島灯台 070107_灯台のプレート

 集落の奥の小高い丘の上にあるのが鳩間島灯台。言うまでもなくドラマで何度も登場してるはず。(えらい無責任発言やなぁ~)
 そして灯台の横には、復元された物見台があり、登ることもできます。それが次の写真。

070107_物見櫓? 070107_櫓の上

 右が、物見台の上からの画です。西表方向を見ると灯台や電線が視界を遮ってしまうので高い割にはイマイチ。反対側はそれなりに見えるんだけど。物見台の周りの木々が伸びているから、視野の下の方でちらちら見えるのが、どうも気になってしまって。

070107_鳩間島の港 070107_西表島遠景

 こちらは灯台の下から西表方向を見た写真。ともに奥に見える大きな島が西表島です。こちらのが低いけど眺めがいいです。

070107_帰り道

 帰り道です。集落の外れにある林を抜けた丘の上なのです。結構下ってます。この道をまっすぐ降りたら港です。灯台の場所は鳩間中森、だから、まぁ名前の通りなんでしょうけど。港から灯台まで歩くと、行きが15分ほどで帰りは10分ほどだったかな。

 この分も撮影は昨年(2006年)の10月19日。この日は、大変いい天気でした。
 さて、鳩間島へはダイビング中に上陸したと昨日の記事で書きましたが、ダイビング地点を書き忘れていました。上原港出てすぐの、バラス島(西表島と鳩間島の間にあるサンゴで出来た島)界隈です。一応、ダイビングショップの事前アンケートで、鳩間島でランチと書いていたりもしますが・・・

#それってダイビングと関係はないっていう説もあるみたいだけど。
comments (2) | -

瑠璃の島はこんな感じ

070106_鳩間島と言えばこれ!

日テレ系で今夜放送されていた、ドラマ「瑠璃の島」のスペシャル。このドラマは、西表島の隣にある鳩間島が舞台です。途中からになったけど、ドラマを見ているウチに鳩間島を思い出してきたので、この前行ったときの写真を集めてみました。(表題の写真、鳩間島の写真でよく見る景色のはずだけど)

070106_鳩間島公民館前 070106_公民館前の公園

 島の中心部にある、鳩間公民館。公民館の写真は取り忘れたので、前の道と、公民館の向かいにある公園の写真で代用。公園のすぐ裏が浜になってます。この2つ、ドラマを見ていたら何度もでる場所でしょう。(この場所、スペシャルの最後のシーンで出てきます。)参考までに、島の中心部はこちらに。リンク先の絵では分からないけど、坂道だらけです。(斜面に集落があるのです)

070106_浦崎商店の前の道 070106_下ったら港 070106_島の通り

 島の光景です。左から。
浦崎商店の前ぐらい。(島唯一の商店のはず)
・港の入り口。(正面の遠景は西表島)
・島の通り。

 民家をアップにしたような写真はありません。と言うのも、島は生活の場、勝手に他人の家を撮影するのは禁止です。特に住人が写ってしまったなんて言うのは言語道断です。他には、集落内を歩くときは、水着厳禁。最低限Tシャツは着用です。

070106_港を後にする

 この島、すごくきれいです。特にこの海の色が素晴らしい。
今回の写真はすべて昨年の10月19日に撮影。西表島ダイビングの最終日、昼食のために2時間ほど上陸したのでした。

#まだ続く・・・
comments (2) | -

お手軽リモコン、さらに改造

今日もまたHAMのネタから。

昨年のゴールデンウィーク頃に改造したお手軽リモコン。これでずいぶん便利になったけど、もう一息、手を入れてみました。(手放し操作ができるのは楽だ。)

070105_リモコン外見 070105_内部 (回路図はここ

 と言っても右上の写真のように、ワンチップマイコン(PIC12F675)1個だけのシンプルな物。今回は、マイコンのプログラムをバージョンアップして、新しい機能を実装してます。(機能説明などは、前のこの投稿を)

 追加実装した機能は、ロックした場合、一定時間でロックを解除する。この機の追加で、ロック解除をするまで永遠に回転ボタンを押した状態という怪しげな物ではなくなります。ロックの保持時間は、約50秒。アンテナが180度ぐらい回せる時間に設定しています。ロックの保持時間は、プログラムの先頭で定義していますので、必要な時間に書き換えて、アセンブルです。(デバッグ中は10秒ぐらいと短めに)

070105_開発画面

 ソフト的には、内部のタイマーを起動し、一定時間(約500mS)で割り込みをかけて、割り込みのかかった回数で時間を勘定しています。上の写真のように、MPLABの純正アセンブラでコードを起こし、定番のICPROGでマイコンへ書き込んでいます。

 この手のソフトを書くとバグの嵐だったというのも、ありがちな話だったり・・。多かれ少なかれ、どこかでバグには悩まされるものですが、今回は珍しくアセンブルも一発通過、基板に取り付けての動作も一発でOK。簡単な内容とはいえ、一度もやり直すことなく終わったのは珍しい・・・

 簡単な物ですが、追試されるかたがいらっしゃれば、マイコンデータやプログラムソースも公開しようかと思いますがいかがでしょうか??
comments (2) | -
<< 2/3 >>