とりあえず作ってみたブログ

<< プチ高所作業を2題 | main | 海底遺跡[その2] >>

海底遺跡[その1]

与那国島ダイビング、初日の3本目が遺跡ポイント。申し込み時のリクエストに「遺跡」と書いていたので、早速望み達成であります。(与那国は周囲が外洋なので海況優先となり必ず希望通りに潜れる保障がないのだ。)

 さて、お約束の潜水記録です。
最大水深15.2m 平均水深8.4m 水温24度 透明度2~30m 潜水時間40分

 ゲストがなんと私一人だけ。これは有り難い。ガイドのNさんと2人だからじっくりと見て回ることにします。(ついてますねぇ~)そうそう、ここも言うまでもなくドリフトです。(ちゃんと出口あたりでボートが待ってます。)
 では、このリンク先の地図を辿りながら順番に。(お世話になった与那国ダイビングサービスにあるビデオのページを拝借です)詳しくはこちらとかこちらも参考に。

1.城門

070501_城門 070501_通過中

 入り口にある城門(ぐすくもん)。一人分のトンネルだけど、天井まであるのは一瞬だけ、そのあとは巨大な割れ目の中を抜けるのです。割れ目を抜けていく様子が右の写真、先導するのはガイドのNさん。

2.二枚岩

070501_二枚岩

 下から見上げてみました。きれいに2枚すっぱり割れています。この隙間にまたいろいろな奴らが住み着いているようです。

3.メインテラス

070501_メインテラス1 070501_メインテラス2 070501_メインテラス3

 海底遺跡の写真で良く登場するのが、このメインテラス。比較的穏やかな海況で潜ったにもかかわらず、なぜか?このメインテラス付近だけ少し流れてました。流れている様子は2枚目のエアの飛び方で分かるかと思われます。(手前から奥の方へ向かって流れてます)弱いとはいえフィンキックでは逆行できない強さだったから、壁面をつかんで戻ってみました。軽く流されながら、壁から離れて一発勝負でとったのが一番右。タイミングはあっていたはずなんだけど、今度は水が少し濁っているじゃないか・・・(涙)

#離れた位置にメインテラス観賞のベストポジションがあるらしい。

 今回は心地よく流されたけど、激流の時だとメインテラスは観賞する暇なく5秒ぐらいで通過してしまうとか?

 メインテラスを抜けて、アッパーテラスへ登っていきますが、これはまた今度です。
comments (3) | trackbacks (0)

Comments

ここはホンマにぜひ一度行ってください。与那国といえば西崎のハンマーだけど、この海底遺跡も素晴らしいです。

#一番素晴らしいと思ったのは、海の色ですけど。沖縄本島とは比べ物にならない抜けの良さがあります。30m~50m見えるのが普通みたいです。

でも、コンディションを間違えると激流うねうねダイブになるので、その辺の見極めは必要だと思います。
(見ての通り、まともに流れたらしっかり捕まる場所がありません)
そして、潮止まりの晴天だと楽しさも通常の3倍。また与那国へ行けたら、条件付きでリクエストしてしまいそうです。(晴天で穏やかな時と限定して)
mori!? | 2007/05/02 23:44
 これのどこをどうみたら「人工のものではなく自然のものだ」って言えるのか、不思議で仕方ないですねぇ。

 などと冷静を装っておりますが…小生も行きたいぞ!!!!!
ji3kdh | 2007/05/02 00:55
ひょ~ぉ、もう完全にビョーキ発症してしまいましたー(>■<)
めっちゃ キレイっす♪ やっぱり与那国行きたいですぅ!!
モリ吉 | 2007/05/01 22:43

Comment Form

Trackbacks