とりあえず作ってみたブログ

<< 結局電源ユニットを交換する | main | 今日も呑まず >>

令和版のzlogをビルドしてみる

200516_ビルド完了

 こちらの方記事に触発され、令和版のZLOGを自力でビルドしてみることにしました。
 delphiの扱い方は記憶の彼方へ飛んでいましたが、Delphi6のユーザー登録生きていました。ということで、DelphiCommunityEdition10.3.3のユーザー登録はさくっと終わりました。
 今回取得したコードは、令和2ndエディションの2.3.7.0です。VCLの追加操作でミスったので、エラーが出てビルドできませんでした。VCLをビルド→インストールまでは良かったけど、その後のライブラリーパスの追加を失念したのが失敗でした。ビルドの方法を丁寧に書いてあるので、その通りにすれば問題なくできると思われます。

 ビルドできる環境ができたので、ぼちぼち、アップデートされたunitへ差し替えてみます。

[2020.5.16 16:50追記]

最新版のソースを取得しました。

200516_ver2r4

 早速ビルド。この前の関西VHFのログデータをセットして起動してみました。
comments (7) | trackbacks (0)

Comments

今日ちょっと進みました。
zlogからのコマンド送信が正しくない状態でした。
修正箇所はppgさんへmail済み。
これで、zlogからコマンド送信後にポーリングデータが化ける点が残る不具合だと思います。(resetボタン押せばなおる)
mori!? | 2020/05/20 16:42
むむ!そうなんですね、こりゃ、8pin mini din調達するか。ICOMは超簡単600円のCI-V USBコンバーターで、IC-7000/706/756/756PRO/7200等古いRIGでちゃんと動いていますが・・・。
7M4KSC/JE3AJR | 2020/05/20 00:16
転送速度はもちろん4800bpsです。
HEXが通るターミナルソフトで、人間catコマンド発行する分には、9600bpsでも大丈夫かな。
レベル変換にMAX232を使っているので、それより上は怪しいですけど。
mori!? | 2020/05/18 21:38
作者のPPGさんも随分悩み中です。

今のところ、zlogでFT-817の周波数、モードは取り込めます。
zlogからバンドやモードのチェンジコマンドを飛ばすと、ポーリングの取り込みがこけます。
resetかければ、正しく状態をポーリングできます。

事象はこんな感じ。なんですが、対処が今のところうまくいかず。最初に、制御コマンドのHEXが正しく飛んでいない可能性。
FT-847の初期化で正しく動くと、FT-817はダイヤルロックしてしまう。CATの作法が違うようです。などなど、いろいろありそうで、しばらくかかりそうです。うまくいけば、芋づる式にFT-857、FT-991も動きそうですよね?

そんな感じで、微力ながらテスト中です。
mori!? | 2020/05/18 21:36
FT-817ですが、FTdx5000にはRTS/CTS(フロー制御線)が有るのに、より必要と思われる非力な817には無いので4800bpsとかでやる方がいいかも。後、81N(bit,stop,parity)の通常の設定じゃ無いハズ。
7M4KSC/JE3AJR | 2020/05/18 19:52
お~それは危険ですね。
今のところ使うことはありませんので、何かの折にセットアップしないよう気を付けておきます。

FT-817のリグコントロール、うまくいきませんね。
苦戦しています。
mori!? | 2020/05/18 14:03
ビルドしてるマシーンにone drive入れたらダメですよ。
User\Documentsが、User\OneDrive\Documentsを指すようになり、ライブラリーパスが変わってしまうのと、Delphiのライブラリが、OneDriveの方に大量にコピーされて大迷惑。
7M4KSC/JE3AJR | 2020/05/18 01:25

Comment Form

Trackbacks