とりあえず作ってみたブログ

<< 今日も自粛 | main | 密林からの届きもの >>

手元にある自作CMFを見てみる

200318_cmf_1.jpg

 SMAコネクタにミノムシクリップを付けたリード線を作ったので、表題の写真の自作CMFの特性を見てみました。

200318_自作CMFの例.png

 こんな感じ。周波数特性はフラットっぽいが、20dB程度しか利いていません。巻き数はFT-114#43へ6T、FT-114#61へ3Tです。もう一声ぐらいは効いてほしいので、巻き数をもう少し増やしてみましょうか。

 端切れとなったテフロン同軸を使って、この前L値を見たぱっちんコアで試してみました。

200318_zcat.jpg

 上の写真は、見ているときの様子。まぁこんな感じなので目安でしょうか(^^;;

 最初に、TDKのZCAT2436-1330へ5T巻いた場合です。

200318_1330材5T.png

 続いて北川工業のGRFC-13へ5T巻いた場合(左)と4T巻いた場合(右)です。

200318_grfc13_5t 200318_grtf13_4t.png

 さらに、北川工業のRFC-H13へ4T巻いた場合です。

200318_rfch13_4t.png

 こうしてみると、巻き数を増やせばよいだけでもない?なんだか悩ましい感じです。もう少しいろいろやってみます。ただ、今使っている材料では、こちらの方が製作された様な、すばらしい減衰特性は、かなりハードルが高そうです。
comments (2) | trackbacks (0)

Comments

1本のタワーへクリスマスツリー状にアンテナを積み重ねたら、おっしゃる通り広帯域なCMFでないと用をなしませんねぇ。

HF帯とVHF帯でコアを分けないと広帯域化は難しそうです。
今、上記以外の組み合わせもいろいろ試しています。
mori!? | 2020/03/19 21:26
色々ご研究ください。
ローバンドはローバンド用、ハイバンドはハイバンド用のCMFを使っていると、物理的に接触している限り、ローバンド系統にハイバンドのコモンモード電流が、ハイバンド系統にローバンドのコモンモード電流が流れるかと思います、多分。
広帯域CMFをぜひ!
こちらは別の観点で少し進歩しました。
JL3LSF | 2020/03/18 21:56

Comment Form

Trackbacks