とりあえず作ってみたブログ

<< 4回目の入れ替え | main | 今日も自粛 >>

1Tでの比較

200209_測定中 200209_core

 こちらの続き。忘れかけていますが、FT-140#43とFDK製のK32 FR40/27/15との、1ターン時のL値を張り付けておきます。

   FT140#43  K32
1MHz  1.1   1.0
5MHz  0.80   1.0
10MHz 0.55   0.62
15MHz 0.45   0.48
20MHz 0.40   0.40
25MHz 0.36   0.36
30MHz 0.34   0.33

 単位は省略したけど、μH。表題左の通りアンテナアナライザーで見ています。高い周波数はどうなんだろう?Lのはずが、Cに化けて見えたりするので、50MHzとかのデータは割愛です。30MHzでは、一応、Lとして見えていますが、測定値は参考程度にしかならないかもしれません。

 双方のデータを見ていると、初期透磁率は#43材で850、K32材は700とアマチュア的にはほぼ同じようなもの、と見てもよいかもしれません。(厳密には他の特性比較も必要です。あしからず)

 落ち込み方から見ると、#43材のほうが、K32材より良好のように思われます。表題右の写真が、コアの比較写真です。左側のやや小さい方がFT-140#43、右側の大きい方がFDKのK32 FR40/27/15です。
comments (4) | trackbacks (0)

Comments

了解です!
ありがとうございました。
mori!? | 2020/02/13 07:56
赤と黒は先日夜にお見せしたアレです。
灰は後日見つけた掘り出し物。
東京はフェライト発明者が興した会社です。
JL3LSF | 2020/02/12 09:38
データありがとうございます。
灰、東京って?
赤と黒も想像しているものじゃない感じです。(^^;;
mori!? | 2020/02/12 07:11
私も測っておきました。

      赤    黒    灰    東京
1MHz  4.50   3.87   1.20   2.75
5MHz  1.27   0.77   0.74   1.73
10MHz 0.65   0.36   0.51   1.13
15MHz 0.42   0.24   0.40   0.81
20MHz 0.31   0.19   0.33   0.62
25MHz 0.23   0.16   0.29   0.48
30MHz 0.18   0.14   0.26   0.39
JL3LSF | 2020/02/11 16:43

Comment Form

Trackbacks