とりあえず作ってみたブログ

<< ネットのある宿 | main | 蒜山高原でB級グルメランチ >>

ネットのある宿

190602_温泉宿 190605_room 190605_内線電話

 この前の鳥取のちょっとした旅行では、東郷温泉養生館で宿泊しました。

○良い点
・静かに過ごせました。
・大浴場以外に家族風呂が数箇所あります。しかも追加料金は不要。
・昭和感満載です。(表題の写真、右端とか)

○悪い点
・建物が迷路気味(笑)
 継ぎ足しの温泉宿だからやむをえない所ですが。

 対岸のはわい温泉がにぎわっている分こちらはちょっと寂しい。その代わりに、静かで休養にはちょうどいい感じでした。創業135年と言う老舗の温泉宿です。常連客には著名な作家もいたらしいです。土曜日泊でしたが、館内で他の客と会うことが少なかったです。大丈夫かいな??と思いましたが、チェックアウト時に並んでいる宿泊客の靴の数を見たら、えっ!そんなにいたの!って感じでした(ざっとみて30人の靴はあったような。)
 食事ですが、大広間の食事ではなく、宿泊客ごとに食事用の個室があり、そちらへ通されました。いつもそうなのか?と聞いてみましたがそうではないみたい。一応、たまたまです、的な回答でした。予約時に調整するのもありかもしれません。

#個室のほうがのんびりできていいですねぇ~。
#かといって宿泊の部屋だと後片付け待ちが面倒ですし。

 創業135年なので建物は相応です。継ぎ足し継ぎ足しなので、ちょっと迷路気味です。wikiの東郷温泉の項目のトップにある風呂のサンプル写真もこちらです。敷地の端にある、露天です。ちょっと歩くのでホンマにあるのか?と心配になるようなところです(笑)

 宿泊料金はは相応でしたが、いい感じでしたので、そのうちにリピートもありかもしれません。何もしないで風呂に入ってゴロンな休養にはエエと思います。

 最後になりましたけど、ネットはWifiでした。ただし、セキュリティ無しの劇ゆるです。自己責任で利用することとなります。

 表題の写真は左から、窓から見た景色(対岸ははわい温泉)、部屋の雰囲気、ダイヤル式の内線電話(この時以来でみた)
- | -