とりあえず作ってみたブログ

<< 知床の湖を散策、その3 | main | 徹夜明けでビール >>

再修理する羽目になる

161022_1.jpg 161022_2.jpg 161022_3.jpg

 正月早々に修理したFT-1000MP、夏ごろにはまたもや不調となってしまいました。状況は前と同じくVCO1の発振不良
 野暮用で実家へ帰ったついでで時間が取れないから、前回同様ハンダやり直しだけに絞って作業してみました。これで、またVCO1の発振が再開しました。

後日、直っていないときは
・VCOの制御電圧の確認、再調整。
・VCO1のトリマの接触状態の確認
・ハンダ修正の再チェック

これで完全に直っていればよいのですが。

 表題の写真は左から、動作試験中、LOCAL基板、LOCAL基板実装位置。
comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks