とりあえず作ってみたブログ

<< 先月末の上田市内、自転車で少しだけ | main | 南の島のお土産をもらう >>

USB-シリアル変換ケーブル(PL-2303)ではまる

151213_様子

 表題のようにL2スイッチの設定を触らないといけないことになってしまいました。(子細はいつもどおり割愛でご勘弁を)買ったままで放置だった、某社のUSB-シリアル変換ケーブルを引き出しの奥から発掘してインストール。

ドライバのインストールはできるけど使えない!

 PL-2303を使用したUSB-シリアル変換ケーブルは、安い反面、癖が強いようです。こういう場合はネットに聞くのが一番手っ取り早いので、さっさとググってみたらPL-2303のトラブルねたが一杯出てきた。その中でも、こちらこちらを参照しました。

 普通、ドライバ類は一番新しいものを使うのが良いのだけど、この場合は古いものを使ったほうが無難らしい。古いドライバを、秋月通商のWEBから落としてきました。

 PL2303_Prolific_DriverInstaller_v1210.zip 2010.4.12

 一番古いものを試そうとしたが、avast先生が変な病気つきのファイルと認識してダウンロードが出来ませんでした。次に古い、上記ファイルをダウンロードしてインストール。

 こちらを使えば、WinXp(まだあったのだ)でも、Win8.1(64bit)でも使うことが出来ました。ともに最新版では、インストールできるものの、デバイスマネージャで見ると「!」がついて、デバイスが起動できませんでした。

 安いだけに、一癖ありましたねぇ。訳ありで急ぎの作業だったため敗北感を我慢して、バッファローのUSB-シリアルケーブルを思わず買ってしまった。こちらのケーブルは、FTDI製のチップを使っているので、安心できると思われます。一段落してから、もう一度PL-2302へトライしたのでした。

#結局、シリアル変換ケーブルが2本に増えてしまった(笑)
comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks