とりあえず作ってみたブログ

<< 大きめのダミーロードの工作[3] | main | コンテスト始めに >>

TL-922のバイアス回路を直してみる

お正月の暇つぶし第2弾。この前、TL-922のBIASツエナーを破壊してしまったので修理しました。

 修理前の様子から。

100103_修理前 100103_修理前のアイドリング

 左側が破損したBIAS回路。見た目には壊れているとは思えないが・・・右の通りバイアスがかからないのでCWモード側だというのにIP=150mAと流れすぎ。

 同じ10Wクラスのツエナーが手持ちにはないし、買うと高価なので代用回路で直すことに。パワートランジスタ(PC=20Wぐらい)と6.8V(0.5W)のツエナーダイオードを空中配線でまとめて実装してみました。(取り付けを楽にするためにフィンまでモールドされた石を選んでみました。)

100103_修理後 100103_修理後のアイドリング電流

 あまりきれいな配線ではないけど、完成の図が左。そして右が作業前と同じ条件でのアイドリング電流。ばっちり減りました。ダミー負荷でチューニングを取ったところ、アイドリングが減った分と同じだけプレート電流が減ってます。

 代替え回路を備忘録代わりに書いておきます。

100103_代用回路

 トラブル時にトランジスタを保護するためには、ヒューズを入れておいた方が良いと思われます。今回入れ忘れたので、次の機会にヒューズを追加することにします。
comments (4) | trackbacks (0)

Comments

やっぱり、高圧側に抵抗を挟んでおく方が良さそうですね。と書いたところで、ふとHL-2Kの図面を思い出すとプレートRFCの手前に数十Ωの抵抗が入っていたような・・
次帰ったときに試してみます。
mori!? | 2010/01/05 22:31
 ワタクシの経験から行くと、ヒューズはまあ気休めな感じです。実際はヒューズより先にツェナが飛びますので。でもお察しの通り、ヒューズが飛ぶと危ないので、カットオフになるよう抵抗をパラっておく必要もありますね。西村さんもおっしゃっている高圧ラインの緩衝抵抗、これはお勧めだと思います。
JI3KDH | 2010/01/05 03:25
ヒューズではダメなんでしょうかね。ヒューズで気になる点は、ヒューズが溶断してしまったとき、バイアス電圧の掛けようがない状態になります。となったとき、アンプの動作はどうなるのでしょう?東京ハイパワーのHL-2Kでこの部分を見ると、ヒューズとパラに100kの抵抗をつなぎ、バイアス回路がオープン状態にならないようにしてある感じです。
と考えれば、抵抗を入れておく方がいいのかも・・・う~ん。
mori!? | 2010/01/04 23:36
ヒューズは、高圧側しかダメという意見もあり良くわかりません。あと、高圧側に10Ω程度のセメント抵抗を入れるとフラッシュした時の被害を減らす効果があるとかで、私も入れています。
JF3DRI | 2010/01/04 00:12

Comment Form

Trackbacks