とりあえず作ってみたブログ

<< 首里城へ入ってみたが | main | スダチと泡盛とおでん >>

今日も再びトライしてみる

今日もHAMねた。
この前からつぼにはまっているIC-731の修理です。前回、組み上げた結果、UP/DOWNともに動かなくなってしまった理由は簡単でした。

メインダイヤルの立て付けが不味かったから。

 なんともまぁ~お恥ずかしい。光学エンコーダーをシャーシにネジ止めするときにネジをしめすぎると、検出位置が動いてしまうようです。

091114_エンコーダーパルス

 エンコーダーの出力パルス(2相分)を捕らえてみたのが上の写真。ダイヤルを回しながら、デジカメで写したのでなかなか上手く撮れませんけど。こんな感じなら問題はないと思われます。(結局この波形を確認しながらエンコーダーを取り付け直したら回復)

 これでも、時折UP/DOWNがスムーズに進まないことがあります。特にDOWN方向がなんだかおかしい。そこで、再び回路図の登場です。

091030_エンコーダー回路

 カウンタICの4510のU/D端子の信号を見たところ、前回同様DOWNのLが怪しい。(図面のg点)ロジックがLになるけど、時々Hが混ざっている。HになったときはUPなので周波数の動きがおかしくなってしまうようです。そして、UP/DOWNの方向が狂う原因はどうやら図面f点の波形にあるようです。UP時はHのパルスが出るが、DOWN時はLで固定が正解。ところが、DOWN時でも勝手にHになる瞬間が観測できます。

 とりあえず今日はここまで終了。次はどうしようかな。
comments (2) | trackbacks (0)

Comments

確かに、今時の物はエンコーダーは既製品で、ディスクリートはまず見かけません。
オシロは古いテクトロのアナログタイプです。(2245です。)ずいぶん前にヤフオクで落札した物です。
カードルによるリードアウト機能は使い始めると管面で数えるなんて面倒くさくなり出来なくなりますね。
mori!? | 2009/11/15 12:13
最近の無線機は、エンコーダとして組み立てた部品を使っており、そのようなディスクリート構成にはなっていないようですね。
 使っているオシロは、どこの製品ですか?デジタルオシロ? 画面上にレベルとかμSとか表示されるのが良いですね。(今の製品だと当たり前か・・)
JF3DRI | 2009/11/15 11:11

Comment Form

Trackbacks