ログブック 2013年 299〜318本目
                        lastupadte 10 June 2014




 いつ・どこに潜ったかの簡単な記録コーナーです。(299〜318本目)

タンク本数日時場所天候水温最大水深平均水深透明度潜水時間スタイル備考
2992013/5/6ミッドフィールド(西表)くもり2411.46.51844ボート 
3002013/5/6バラス北(西表)くもり2421.910.41843ボート 
3012013/5/6トカキン曽根(西表)くもり2420.613.52541ドリフト 
3022013/5/7西のスポット(仲ノ御神島)249.75.43541ボート 
3032013/5/7東の根(仲ノ御神島)2622.516.73537ドリフト 
3042013/5/7天馬崎(仲ノ御神島)2520.413.83535ドリフト 
3052013/5/8トカキン曽根(西表)2417.39.91840ドリフト 
3062013/5/8OLD NEW(西表)2410.05.92045ボート 
3072013/5/8トカキン曽根(西表)2716.19.91843ボート 
3082013/5/9トカキン曽根(西表)2421.914.210-1547ボート 
3092013/5/9鳩間北(西表)258.24.01858ボート 
3102013/5/9トカキン曽根(西表)2516.311.62050ボート 
3112013/9/14B-ROCK(田辺)くもり2511.57.75-842ボート 
3122013/9/14南部出し(田辺)くもり2520.112.85-843ボート 
3132013/9/15ショウガセ(田辺)2538.915.91533ボート 
3142013/10/234番ポール(西表)くもり2617.59.32047ボート 
3152013/10/23T'sエリア(西表)くもり268.63.5852ボート 
3162013/10/27ネコノアシ(竹富南)2411.69.21753ボート 
3172013/10/27ジャガピー(竹富南)2412.89.51751ボート 
3182013/10/27ミドルブック(竹富南)2411.98.61555ボート 


記憶をたどって。

・299〜307本目
 昨秋以来のダイビング。また西表島(笑)。お預けになっていた300ダイブも無事に通過。
初日は、近場で3本。3本目(#301)のトカキン曽根でギンガメアジの球に遭遇。トカキンでじっくり見られたのは いつ以来だろう・・・。
 2日目はこれまた久々、2010年以来のオガンへ。西のスポット、東の根、天満崎。定番のコースでした。 3日目はまた島北部の近場で3本。ギンガメの球を狙ってトカキン曽根で2回勝負したが、あえなく玉砕。(1本目ではイソマグ ロの群れを見ていますけど)OLD NEWは初めて入りました。流れも無く、浅めのサンゴポイント。 ドリフトダイビングの肉食系ダイビングのあとで、まったり潜るのによさげです。

・308〜310本目
 西表の続編。
最終日だけ、またショップを変えました。(お店はこちらです)ガイドが変われば・・・ということで、懲りずにトカキン曽根(笑)。ガッツリ 泳いでみたが、308本目のときのイソマグロの群れ以外は残念な結末でした。欲を出すといけないのでしょうか?

・311〜313本目
 田辺宿泊
今シーズン1回目の田辺。台風が接近していたけど行ってきました。初日は、まだ普通に潜れました。 2日目は、早朝の1ダイブ一本勝負、波が高い場合は引き返すという条件付で出ました。さすが台風前。 前日までの5〜8mにニゴニゴ状態から一転、15m強見えていました。 (ショウガセの根の上から水面が見えてた)でも台風前だから、早めに浮上し逃げるように港へ戻ったのでした。
 今シーズン、田辺はこの一回だけになってしまいました。残念(^^;;

・314〜315本目
 西表島
本年2回目の西表島。今年は、引きが悪いのだろうか?10月末だと言うのにまた台風。石垣→西表(上原)の高速船は、 予定通り欠航してました。島の反対側の大原へ渡り、島の路線バスで上原まで行きました。(所要時間1時間強)
 初日は、まだ台風の影響が少ない島西部で2ダイブ。と言っても波・風ともに強く4番ポールとT'sエリアまでしか 行けない状態でした。このあと、2日目は完全にクローズ。3日目もクローズ。 民宿で静養の日々でした(笑)。3日目は、島西部の湾内ならうねり付でよければ潜れるけど・・・言われましたが、無理を しても仕方が無いのでヤンペです。4日間滞在してダイビング数2本というのは、かつて無い記録かも。

・316〜318本目
 初石垣島ダイビング。
いつも素通りなので、一回ぐらい石垣でも潜ってみることにしました。しかし、西表で台風の余波で閉じ込められて いた直後だったので、石垣でも非常に残念な結果でした。3本とも竹富南。 波と風の陰になる場所が、ここしかないらしい、竹富南の海域に30隻近いダイビングボートが居た。 お店の方が、「石垣島、本当はこんなんじゃないんです。」と弁明されたのが最も印象に残ったり・・・(涙)

ちょっとだけ、石垣島ダイビングのメモ

・器材の送り先は宿だったりショップだったり、そのときの状況次第。
・基本的にウエットスーツがすぐに着られる状態でピックアップしてもらう感じ。
・帰りはボートで着替えることも出来るので、着替えは持っていったほうがエエらしい。
・宿に器材洗い場があるところと無いところがある。(宿に無かったのでショップで洗って帰った)


○2013年は、多忙な年だったらしく年間ダイビング数が20、最小記録を更新してしまいました。

スキューバダイビングのページへ戻る
雑記帳先頭へ戻る