ログブック 2011年 245本目〜274本目
                        lastupadte 15 July 2012




 いつ・どこに潜ったかの簡単な記録コーナーです。(245本目〜274本目)
 ちょっとだけペース回復か?。

タンク本数日時場所天候水温最大水深平均水深透明度潜水時間スタイル備考
2452011/3/18崎山沖の根(西表)曇り2217.812.12041ドリフト 
2462011/3/18崎山沖の根(西表)曇り2213.09.02036ドリフト 
2472011/3/19バラス東(西表)曇り2214.96.62049ボート 
2482011/3/19トカキン曽根(西表)曇り2212.99.02034ドリフト 
2492011/3/20崎山沖の根(西表)2215.511.22042ドリフト 
2502011/3/20崎山沖の根(西表)2317.610.52046ドリフト 
2512011/3/20ハリケーン(西表)2312.56.52044ボート 
2522011/6/25ミサチ(田辺)2224.814.9331ボート 
2532011/6/25中島(田辺)2316.910.6131ボート 
2542011/7/3宇論の崎(慶良間)2619.011.62070ボート 
2552011/7/3佐久原魚礁(慶良間)2531.413.22562ボート 
2562011/7/4男岩(慶良間)2627.511.73062ボート 
2572011/7/4中内瀬(慶良間)2617.98.73069ボート 
2582011/7/5灯台下(慶良間)2621.013.42561ボート 
2592011/7/5嘉比前(慶良間)2618.512.12562ボート 
2602011/7/5屋嘉比の洞窟(慶良間)2610.47.015-2080ボート 
2612011/7/6タバコ岩(慶良間)2619.612.02564ボート 
2622011/7/6儀名(慶良間)2617.79.62565ボート 
2632011/7/6ウチャカシ(慶良間)2631.812.73062ボート 
2642011/8/26ミサチ(田辺)2725.213.55-847ボート 
2652011/8/26ショウガセ(田辺)2731.214.85-848ボート 
2662011/10/21トカキン曽根(西表)2616.711.32760ボート 
2672011/10/21山神(西表)2620.913.12555ボート 
2682011/10/21煌めきの森(西表)2822.114.73052ボート 
2692011/10/22外離南(西表)2616.69.330-47ボート 
2702011/10/22網取浅場(西表)2617.211.12553ボート 
2712011/10/22Gスポット(西表)2629.47.310?51ボート 
2722011/10/23網取トウアカ(西表)2626.614.22043ボート 
2732011/10/23ハナゴイの根(西表)2718.510.61552ボート 
2742011/10/23ミダラ浜(西表)269.27.22050ボート 


記憶をたどって。

・245〜246本目
 出発直前に震災があり、ちょっとだけ仕事が多忙となり直前キャンセルも覚悟してました。が、何とか出発。
そんな状態なので、飛行機も宿もガラガラ・・・(お世話になったお店は毎度のここ
 この日は崎山沖の根を2セット。水温が低い分、イソマグロも目線の高さだったり、水面よりだったり。 この日は透明度良好、流れも程良き緩い流れ。ベストな時期なんですが、直前のプチ多忙が祟り、体調不良。 耳が抜けが悪い最悪の体調でした。抜けないとき、潜降もつらいが、浮上の方がそれ以上につらかったり。 なんとか、70本程度のイソマグロの群を見ました。
 芳しくないので、2ダイブで切り上げて宿で引きこもりをしてみました(笑)。

・247〜248本目
 西表島2日目。
島北部のポイントへ。1本目はバラスバラス東でのんびり。2本目はトカキン曽根でガッツリドリフトダイビング。 前日の引きこもりが良かったのか?体調がずいぶんマシになってきた。でも大事をとってこの日も2本で終了。
 早く終わったので、上原集落のはずれにあるカフェを行ってみた。

・249〜251本目
 西表島3日目。
 やっと復活!。崎山湾界隈で3本潜りました。
1,2本目は崎山沖の根でドリフト。1本目はハズしてしまった、悔しいので2本目も崎山沖の根。 2本目もハズしたか!と思ったが、終盤でバラクーダの群に遭遇し、心おきなく浮上。
 この日の最大のトラブルは、メガネを壊してしまったことでしょう。 西表島にはメガネやなんてあるわけがない、翌日石垣へ戻って眼鏡屋へ直行したのでした。

・252〜253本目
 田辺日帰り。
新しいカメラを買ったので試運転に田辺日帰り。見事に海はみそ汁というかコーヒー牛乳というか。。。
カメラを水中で使う練習に行っただけ(T_T)。 ウエットが破れ掛けていたところ、程良きサイズで新品に近い中古ウェットがあったので衝動買いしてしまう。
悲惨だったのは帰り道。長年使っていたキャリーケースのハンドルが壊れてしまった。 どうしようもないので梅田から家までタクシーに乗る羽目になってしまった。

・254〜255本目
 座間味島1日目。
 元々は5月末に行く予定だったが、まさかの台風命中で泣く泣くキャンセル。仕切直しで座間味島へ
1本目は宇論の崎(うるるのさち、と読む)。2本目は佐久原魚礁。
おニューのカメラ、使い慣れないのであれこれしているウチに終わってしまった。。。(泣)

・256〜257本目
 座間味島2日目。
この日は外洋ポイント。1本目は男岩(うがん)。透明度30m越えのすごくイイ潮でした。 ドリフトで入れたら面白そう。−26m付近にピグミーシーホースもおり、ワイドとマクロ、両方楽しめます。 2本目は中内瀬(なかちんし)。潜るコースはリーフ沿いであって居るかな? 流れがあるポイントなので体育会チックな潜りになりました。ここも透明度30m越えですごくきれいでした。
3本目はナイトダイブだったので、辞退したのでこの日も2本で終了。

・258〜260本目
 座間味島3日目
この日は3ダイブ。1本目は灯台下。カメラの設定あれこれ試していると、ハナゴンベしかまともな写真が無かったり。 2本目は嘉比前(がひまえ)。ヤシャハゼやネジリンボウと格闘。ばっちり撮れたが、ハウジングが水没。 しぶきが漏れただけでカメラに損害はなかったが・・・
3本目は屋嘉比の洞窟(やかびのどうくつう)。やっぱりここでもハウジングの中にしぶきが入ってきた。トホホ。

・261〜263本目
 座間味島4日目
この日が最終日。1本目、タバコ岩。岩の割れ目にホワイトチップが居た。上手く撮れたら真正面から撮れたのに、 ひるんでしまってピンぼけ。痛恨のミスか。2本目は儀名(ぎな)。亀ポイントで有名なところ。 入れ替わり立ち替わりで見た個体数は5。寝ている亀とか居るので、ゆっくり亀を観察できます。 ここで亀を外すのは、数%とかなり低い確率らしい。 3本目は、ウカチャシ。ちょっと深めの−30mにピグミーシーホースが居る。もう一回トライしてみた。 小さいし擬態しているから、ホンマにどこにいるか分からない。(^^;
 この日もハウジングの中にしぶきが舞っていた。帰阪後、ハウジングを修理に出しました。 Oリングの不良で交換となりました。このカメラのハウジング、ボディーの大きさの割にアクリルが薄いと思われます。 だから、水圧による変形が起こりやすく、水没しやすいのかもしれません。

・264〜265本目
 田辺日帰り
今シーズン2回目の田辺日帰り。修理上がりのハウジングを確認するのが目的。今回もまたみそ汁+コーヒー牛乳だった(涙)。 直前までいい潮が入っていたのに。
うっかり、拡散板を忘れて海へ入りました。この板がないとフラッシュでの撮影がうまく行かない。 たかが白い板だけど重要な部品らしい。

・266〜268本目
 西表島ダイビング初日
 2回目の西表島。前回、体調が優れずイマイチだったのでもう一回。この日だけ違うお店で潜ってみました。 (またこちらです)
1本目はトカキン曽根。いつもと違ってアンカーリングで。ドリフトと違って捜索範囲が狭くなるけど、狙いを定めて うまくはいればはずれることはないはず。今回は透明度が良すぎてイマイチ。遠くまで見える反面、相手にも気が着か れてしまい、逃げられるような。一応、マダラトビエイ、ホワイトチップは押さえたけど。
 2本目は山神。3本目は煌めきの森。共に鳩間島界隈のポイントで、意外に潜っていなかったりする。 透明度も良好で、煌めきの森は流れがあり体育会ダイビングだけど、景観が素晴らしく、印象的でした。

・269〜271本目
 西表島2日目
2日目から毎度のお店へ引っ越し。残念ながら、北風が強くて湾内コースでした。 外離南→網取浅場→Gスポットの順で回りました。最初の2カ所は潮が良く透明度25m越えでした。 しかし、Gスポットは川からの雨水が混じったのかな?10m程とガッカリ。

・272〜274本目
 西表島3日目
また北風が強い、なので湾内三昧。1本目は網取トウアカ。名前の通り、−26mの砂地にトウアカクマノミが居ます。 2本目はハナゴイの根。天候が良く、水も綺麗ならまったりするのにいい場所なんですが、残念。 ちょいと混ざり物有りの潮でした。3本目は、ミダラ浜。こっちのが島に近いのに濁りがない。 元々生物が多く被写体に困らないところなので、いろいろと・・・コブシメが一番面白かったかな。


スキューバダイビングのページへ戻る
雑記帳先頭へ戻る