とりあえず作ってみたブログ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

瀬を歩いてみる

170930_1.jpg

 またもやこの前の東北の旅の取置きのねたから。2日目の朝、旅のメインでもある奥入瀬渓流の散策へ出かけました。道路沿いに遊歩道があるので、自由に入ることが出来ますが、折角なのでホテルのガイドツアーへ申し込んでみました。

 散策コースは、中流域の石ヶ戸から雲井の滝まで、3kmぐらいです。この向きだと、下流から上流へと流れに向かって上っていきますが、道は比較的平坦なので、さっさと歩けば小一時間で踏破出来るようです。ガイドツアーなので、話を聞きながら3時間ぐらいかけてのんびり歩きました。

170930_2.jpg 170930_3.jpg

 左の写真が最初に見えてくる石ヶ戸。昔のマタギ(猟師)の休憩場所だったらしいです。右側にちょこっとだけ写っているのがガイドさんの手。そして、右の写真が石ヶ戸の瀬。

170930_4.jpg

 至るところにこのような景色があります。

170930_5.jpg

 要所要所に距離案内。これで1/3ぐらいのところ。

170930_6.jpg

 阿修羅の流れです。奥入瀬渓流の写真と言えば、ここが多いようで。

170930_7.jpg

 続いて、平成の流れ。平成11年の土砂崩れにより出来た新しい流れです。近くまで入れなかったのでちょっと判りづらいのですが、阿修羅の流れより豪快みたいです。ガイドさんの話だと、車で通ると、平成の流れは通り過ぎてしまう確立が高いそうです。土砂崩れがあった、ってことで森の様子が違うことに気がつけば判るとか?

170930_8.jpg

 飛金の流れです。だんだんゴールが近くなってきます。

170930_9.jpg

 ゴール地点の雲井の滝。表題の写真も雲井の滝です。ここで、ホテルからの送迎バスに乗って帰ります。

 最後に番外ネタ。

170930_a.jpg

 オレンジ色の粒や白いところが粘菌だそうです。ちょうど放送中だったウチの夫は仕事が出来ない、というテレビドラマの主人公の趣味が粘菌でした。こんな小ネタを教えてもらえるのがガイドツアーの魅力ですね。知らなかったら、確実に素通りです(笑)。
comments (0) | trackbacks (0)

八望台へ

170927_展望台

 この前の東北の旅ネタから。入道崎を見た後、真っ直ぐ十和田湖へ行くのも悔しいので、一箇所だけ寄り道してみました。入道崎の近所にある八望台へ。八方すべて絶景らしいです。

170927_その1

 手前が二ノ目潟で、奥の湾が戸賀湾。天気がまだ回復しきっていないのが残念。

170927_その2

 こちらが一ノ目潟側なんですが・・・あれ?一ノ目潟、木が茂ってしまって良くわからない。(T_T)

 寄り道はここで終了、十和田湖までがんばって走ることにします。
comments (0) | trackbacks (0)

今日は自粛

今日も徹夜明け。いろいろあり脱出が遅くなりました。疲れきったので、京橋でランチを取りましたが、アルコール飲料は自粛したのでした。
comments (0) | trackbacks (0)

まずは入道崎から

170924_灯台 170924_上から

 この前の東北の旅、秋田空港の近所でレンタカーを調達してから、秋田県を時計回りに移動してみました。夕方には十和田湖まで行かないといけないから、男鹿半島でちょっとだけ観光して次へ行くことします。
 ってことで、入道崎へ。途中まで土砂降りの雨が降った瞬間もありました。駐車場へ着いたときには、何とか雨は止みましたが、残念な感じになってしまいました。折角来たのだから、とりあえず灯台の天辺まで登ってきたのでした。

 表題の左の写真が灯台、右が上からの眺めです。

 さて、ちょっと早いけど、11時半だったのでランチにして次へ行くことにしました。

170924_ランチ

駐車場の向かいに数軒のお店がありますので適当に・・・郷土料理ということで、石焼つきにしてみました。
comments (0) | trackbacks (0)

ダイビングのページを更新

久しぶりにダイビングのページを更新しました。

 久しぶりに行った西表島での潜水ログを反映させた2017年のログを追加しました。さて、今年は今のところ6ダイブ。あと1回ぐらいは潜りに行きたいと思って、探っていますが・・・どうなることやら。
comments (0) | trackbacks (0)

急遽、予備機と交換しました

170921_router

 ここ半月ほど、自宅でのネットが時々不安定になっていました。現象的には、DNS参照が不安定になっていたようです。なんだか心当たりがあるなぁ~と思ったら、過去のこちらと同じかと思います。

 とりあえず、予備機のルーターへ入れ替えました。10年超使用したジャンク品なので、半年しか使えなくても仕方ないか・・・(^^;;
comments (0) | trackbacks (0)

ネットのある宿

170919_room

 この前のみちのくの旅で泊まった宿、その2です。3泊目は、田沢湖高原温泉にある、ホテルニュースカイです。

○良い点
・部屋数が少ない分、お客さんも少ないから静かに過ごせます。
・温泉が良かった。

○悪い点
・玄関を見ると、暗いので最初は閉館しているのかと思った(笑)

 最初の2泊へ旅費の大半を投下してしまったので、3泊目は節約路線。角館界隈で宿を探しましたが、角館のお祭りと重なる時期だったので、空き無しで玉砕しました。角館から離れて、田沢湖界隈の温泉宿という条件で探してみました。
 到着時、外から覗くと玄関が暗いのです。一瞬閉まっているのか?と焦り、失敗したかと思いましたが・・・大丈夫でした。フロントの応対も丁寧で快適でした。温泉は、最初の2泊より良かったかも??露天風呂もありました。夕方に大浴場へ行くと、ありがたいことに客は一人だけ!貸しきり状態でラッキーでした。

 こちらで泊まっているときに、大仙市で震度5強の地震にあいました。エリアメールが来ると同時に、1回だけガツンと揺れました。程なくして、フロントから安否確認の電話がありました。フロントの説明によれば、固い地盤の上にあるので揺れにくいらしいです。確かに、その後の余震はほとんどわかりませんでした。

 1泊2食で一人8k円ちょい(税込み)でした。税金が8%じゃなければ7k円台だったはず。コスパは良いと思います。ホンマに安く上がりました。2人分払っても、前の宿の1泊1人分より安かったですからねぇ(笑)

 表題の写真は、部屋の様子。The昭和の温泉宿って感じの部屋だと思われます。
comments (0) | trackbacks (0)

紙ベースで変更申請

170917_表紙

 土・日、久しぶりに続けての休みだと言うのに、台風の影響があり、予定がキャンセルになってしまいました。逆にまとまった時間が出来たので、この時の宿題である、旧スプリアス機を何とかする変更申請の書類を一気に作りました。休み明けに投函するのみです。

#紙ベースの申請書は、平成19年以来だから10年ぶりです。
comments (0) | trackbacks (0)

ネットのある宿

170913_外観 170913_room

 この前のみちのくの旅の宿です。旅の予算の大半を投下して、このグループ奥入瀬渓流ホテルで2泊してみました。

○良い点
・部屋も綺麗
・食事も良し。連泊で飽きない工夫があります。
・アクティビティもホテル内のサービスで十分

○悪い点
・空調が、冷房のみで弱・中・強の3段階しかない(T_T)
・温泉が、少々混雑気味なところ。

 磐梯山に続いて、今年も泊まってみました。若干背伸び気味だったので、滞在中の昼間は現地のB級グルメツアーにして経費節減です(笑)。こちらでもチェックインからチェックアウトまで、のんびりとエエ感じで滞在できました。ビュッフェ形式の晩ご飯で連泊すると食べるものがない!なんてこともありえますが、こちらでは連泊すると別メニューの提供があるのでそんな心配は無用でした。

 ただ、残念だったのは空調でしょうか。冷房で、弱・中・強しかなく、朝夕の寒暖の差がある時期だったので温度調整に少し難儀しました。コツがわかったころにはチェックアウトだったり(笑)

 2泊したので、渓流ツアーのアクティビティも利用してみました。奥入瀬渓流の散策は個人の自由ですが、ガイドツアーを利用したほうが、見所を教えてもらえるので濃厚な散策が出来ました。夏休みのピークをすぎた閑散期だったこともあり、ガイドツアーの客が全部で4人と少人数でラッキーでした。十和田湖カヌーツアーへ参加したかったのですが、予約の争奪戦に負けてしまい残念でした。枠が限られているので、出発前に申し込んでおいた方が良かったかもしれません。

 価格の数字で考えると正直言って高いのですが、サービスの質など総合的に見ると、コスパは悪くないと思います。
comments (0) | trackbacks (0)

徹夜明けでビール

170911_beer

 今日も徹夜明け。またも脱出に失敗し遅くなってしまいました。なんか疲れきってしまったのでこの辺で(^^;;;
comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>