とりあえず作ってみたブログ

<< January 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

賞状到着しました

160131_aword
 
昨年12月に結果発表が行われた6m&Downコンテストの賞状が早速届きました。ということで、記念撮影を少々。

#さぁ、今年の夏はどうなるでしょうねぇ~。参加できるかな?
comments (0) | trackbacks (0)

午前中、見えない状態になっていました

本日(1/30)朝6時過ぎから午後1時ごろまで、WEB見えない状態になっていました。

○止まっていた時間
1月30日(土) 午前6時ごろ~午後1時ごろ。

○状態
WEBが見えない状態になっていた。

○原因
早朝、家のブレーカーが落ちる出来事がありました(子細は割愛)。復電後、サーバー機は自動起動しましたが、DDNSの更新に失敗しました。

○対処
午後1時ごろ、見えないことに気がつき手動でDDNSを更新して回復。

 サーバー機は自動起動して、起動時お約束のDDNSの更新も行っていました。しかし、PPPoEが確立する前にDDNSの更新を行ってしまったため、失敗したようです。
comments (0) | trackbacks (0)

徹夜明けでトンカツ

160125_n1ku 160125_さむぅ

 1月も下旬となったところで、今年初の徹夜作業。お昼は寒かったのにBEERです(笑)。今回は今までも中でも飛びぬけて寒かったかもしれません。温度が負の数になるときついですねぇ~(T_T)
comments (0) | trackbacks (0)

LANケーブルの更新

160119_部材など 160119_after

 模様替えのついでにLANケーブルも一部、カテゴリ6へ入れ替えています。既設のケーブルは、15年ほど前にひいたカテゴリ5のケーブルなので、エエ機会でしょう。最初は1本だけとかだったので、ステップル釘で止めてしまいました。増えたときもその上からステップル釘と、余り美しくないので、本数の多いところだけモール処理にしてみました。

 そこそこきれいに出来たので、コーナー部分の写真を貼っておきます(笑)。
comments (0) | trackbacks (0)

畳のメンテナンス

160116_1.jpg 160116_2.jpg 160116_3.jpg

 家の模様替えに伴い、ついでに畳の表替えをやってみました。多少の家具なら動かしてもらえるようですが、模様替えで部屋を空っぽにすることができるので、エエ機会でしょう。朝9時過ぎに畳を引き上げてもらい、午後3時半過ぎに戻ってきました。安いのは大陸産の井草ですが、長年生活する場所なので割高ですが、国産品を選びました。(表替え費用、税込み@8.5k円でした)

 なんとか、近所の業者で表替えをすることができましたが、この業者へたどり着くまで4軒の畳屋へ電話をしていました。条件が合わなかったり、電話がつながらなかったり、予想以上の大苦戦でした。上の写真、左から、作業前、畳の撤去状態、作業後。建物の水平、垂直が良好なため、畳の高さ調整を行わずに戻せました。

○備忘録。

・部屋へ延びるLANケーブルも更新。

#こういう機会でないとねぇ~。
comments (0) | trackbacks (0)

一応ログ提出

この前の心が折れてしまったオール兵庫コンテスト、先ほどログを提出しました。

県内局7MHz電信部門。
124局 123点 × 53マルチ = 6,519

実運用時間は3時間半ほどでした。
comments (0) | trackbacks (0)

移設完了

自宅サーバの移設作業完了しました。
16:15頃から、運用を再開しています。
comments (0) | trackbacks (0)

週末に半日ほどサーバーを停止します

 今週末、自宅の模様替えに伴い、一時的に自宅サーバーを停止します。いまのところ、下記のような予定です。

停止期間
 1月9日(土) 午後1時以降~夜6時。

 極力短くなるように作業をすする予定ですが、長くなるかもしれないし、びっくりするほど短いかもしれません。あしからず、御了承ください。
comments (0) | trackbacks (0)

正月早々修理をする

160108_1.jpg

 こちらの続きです。VCO1の動作不良により7.5MHzから上しか動作しなくなったFT-1000MP。無事に修理が出来ました。

160108_2.jpg 160108_3.jpg 160108_4.jpg

 結論から言いますと、LOCAL基板のVCO1回路のハンダ不良が故障原因でした。
 写真左が、取り出したLOCAL基板です。動作を見るために、VCOのシールド板を取り外しています。半田ごてとマイナスドライバーを使えば、比較的簡単に取れました。真ん中が、LOCAL基板の裏側。向かって右側の中央より少し下の辺りにVCO1が実装されていました。VCO周りのハンダ付けを修正しています。見た目からして、明らかな不良というのは見つけ切れなかったのですが・・・右の写真が、本体へ戻す途中の様子です。

さて、以下は備忘録。

・VCOの出力部へオシロをあてると、VCO1の出力は0V、完全な発振停止だった。
・VCO1をセレクトするスイッチ回路は正常。つまり接触不良箇所無しだった。
・VCO1が発振停止のため、基板裏面のPLL IC(Q4024)からUNLOCK信号が出ていた。

 だめ元でYAESUへサポート状況を聞いてみました。

・FT-1000MPは、修理対応終了という位置づけになっている。
・LOCAL基板のIC類が壊れた場合、補修部品が無い可能性が極めて高い。
・LOCAL基板、経年変化によるハンダ不良という故障例を見かける。
・今回の事例の場合、修理対応は不可という結論となってしまう。
・でも、丁寧な対応だったので、上記の件は了解。
(まぁ、まだまだギブアップではなかったので、依頼する気は無かったのだけど)

#ハンダ不良の実例ありが、ええヒントになりました。

 表題の写真は、作業後の様子。ちゃんと中波帯でも受信するようになりました。ただ、時間の都合でVCOの電圧調整の確認が取れていません。次の機会に、VCOの制御電圧を確認することにします。
comments (0) | trackbacks (0)

某届けを出しました

160106_届け

 先日、表題の写真のような書面を最寄の役所へ提出し、無事受理されました。昨年の11月はじめに立て込んでくるかも?と投稿したのは、本業が立て込むと同時に、表題の写真のようなイベントと重なったためです。

 引き続き、BLOGはボチボチ続けたいと思っていますので、これからも変らずお付き合いいただければ幸いです。

 この記事の手法、年末の宴でお目にかかった、某氏のネタを引用いたしました。いいアイディアをありがとうございました。
comments (14) | trackbacks (0)
1/2 >>