とりあえず作ってみたブログ

<< July 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

朝来でライブ観賞

昨日、朝来まで出かけてライブ観賞。このBLOGを覗いて下さる某氏から、「フォーク・ジャンボリーinあさご」に誘われたので出かけてみました。

120729_切符

 現地付近に集合だったので、青春18切符で移動。大阪→姫路→新井(会場の最寄り駅)。播但線なんて20年ほど前に一度乗っただけ、当時は非電化でしたっけ。

120729_ステージ 120729_雨 120729_泉谷本人 

 多々良木ダム麓の美術館の中庭が会場です。前の方へ行く気はないので、予定通りPA席の近所で陣取ってみました。

#結局、調整卓の斜め前に座ってしまった。
#時折、振り返りミキサーの手元を見ていたので嫌な客かも(笑)

 写真の通り、雨が降ってます。開演前に強く降りましたが、あとは、小雨が降ったり止んだり、野外イベントでの雨は割り切るしかないでしょう。

出演メンバーは。

・杉田二郎
・五つの赤い風船
・沢田知可子
・泉谷しげる
・庄野真代

 個人的には、沢田知可子、泉谷しげる、庄野真代を楽しみにしてました。沢田知可子の歌は予測通り。歌が暗めなので、トークは笑いを取りに行くベタなネタで相殺を狙っている感じ。泉谷しげるの観客いじり、毒舌で言いたい放題のトークは面白い、前振り通り、ステージの雰囲気を破壊してます。写真も禁止事項なんですが、右のように写真があるのは、泉谷本人が客に「お前ら、今からポーズとるから写真を撮れ~。撮影禁止がなんだ!俺の分は俺が許すからどんどん撮れ~。ネットにばらまけ~。」と叫んでたから。

#ということで、遠慮なく写してみた。
#同時に、観客の心理も良くお解り。やっぱり写真を撮りたいのは人情だ。

 前売りチケットが2,000円だったので、メンバー的にはお得だと思います。その分、バックバンドにドラムが居ない、スタッフや警備がプロではなくアルバイトの人が多い感じ、など涙ぐましい経費削減が感じられます。(主催の朝来市が赤字補填していると想像します。)なので、音合わせのリハーサル類は無し、進行読み合わせだけのぶっつけ本番で動いているのではないかと想像してます。見事に、どのアーティストも1曲目は音のバランスが崩れてました。その辺、お安いので触れないことにします。

あと、どうでもイイのだけど、機材を眺めたのでちょっとだけ。
・調整卓 MIDAS(マイダス)。←流行のデジタルではなく、アナログ卓。
・メインスピーカー Meyer(メイヤー)のラインアレー。
メインアンプはステージ側に置いてあるから、そこは見ることが出来ず。ダイナミクスやエフェクター類はDBXヤマハとスタンダードな機材が揃ってました。回線的には、32chのマルチケーブル1本で入力系、16chマルチケーブル1本で出力系、と思われます。

 グダグダ書いたけど、楽しかったので、来年も日程やメンバーが良ければ行ってみようかと思います。

ということで、来年に備えての備忘録。

・イスが必須。シートは使わなかった。
・傘、要ります。周囲への配慮をするなら、カッパが基本ですけど。
・虫さされ。蚊がいないので無くても良さそう。
・大きめのビニール袋。いろいろと使えるのであった方がイイ。
・うちわ。入場の際貰えるので持参はどちらでも。
・懐中電灯。帰り道、足下の見えにくい所があるので必須。
comments (0) | trackbacks (0)

修復断念(T_T)

120726_自鯖 120726_こんな感じ 120726_パーティションテーブル辺り

 損傷したHDDからの過去データの吸い上げ、やはり素人には手が出せず、残念ながら諦めるしかないようです。折角なので経過だけ、恥を忍んで書いておきます。

○状況

 停電・復電を機にドライブが見えなくなる。BIOSでの認識がやや不安定、認識してもドライブが見えない。

○推測

 パーティションテーブルが破損している。また、認識が怪しい点から、ハード的にも壊れつつある感じ。

○やってみたこと

 こちらのページをヒントに、パーティションテーブルの修正にトライ。動作が不安定のため、あれこれ読めるようになるまでにかなり時間を消費。真ん中の写真のように、パーティションテーブルがおかしくなり、見えない領域がある、と言うことに気が付くまでにかなりの時間を消費。(この見えている領域にblogデータがある。でもマウントできないから読めない・・orz)
 パーティションテーブルを見るのにまた一苦労。最終的には、TESTDISKとDISK EDITORの2つに絞り込まれました。ともに、この起動可能CDに収録されています。ただ、Windows版のTESTDISKを使うとウチの環境では途中で動作が止まりNGでした。(これまた、OSによって挙動が違うことに気が付くまで一日ぐらい浪費してた)
 右のようにパーティションテーブルのダンプが取れるようになった頃、ディスクのREADエラーの頻度がかなり高くなりました。いざ、TESTDISKで修復しようとし始めた頃、完全に読めなくなってしまったのでした。(もちろんBIOSでも認識しなくなった)

 ということで、残念ながら間に合わず、万策つきてしまいました(T_T)。過去1年分のBLOG記事は諦めざるを得ないようです。

 表題の写真。左が、作業中のサーバー機。真ん中、LINUX上のテストツール画面。パーティションの破損が分かるだけで、2つある領域が、両方共マウント出来ない状態。右が、パーティションテーブル付近のダンプリスト。
comments (0) | trackbacks (0)

やっと、仮復旧しました。

先ほど、やっと仮復旧しました。

バックアップ作業を、さぼり気味だったつけが回ってしまい、昨年7月23日~の投稿が消えてしまいました。元のハードディスクですが、まだ完全に壊れたわけではないので、何とかデータを復元できないか、素人なりに挑戦しているところです。

 事の経緯だけ、備忘録がてら書いておきます。

○7月22日(日) 12:45頃

 突然停電し、1分以内で復電。しかし、ハードディスクが破損し起動不能となってしまいました。ちょうど外出していたため、自宅サーバーが止まっているのに気が付いたのは13時半頃。あれこれ試して再起動を試みましたが、14時過ぎで暫し休業としました。

○7月23日(月)~25日(水)

 サーバー機、故障はHDDだけだったので代替のディスクを用意し、環境構築。同時に壊れたディスクからデータを呼び戻せないか?作業をする。
 25日夜で、直近1年分のデータがない状態でバックアップファイルから復元。とりあえず仮復旧です。サーバー機のマザーボード、連続運転を始めて丸3年を経過、トラブルにあったこともあり、一新する事を考え中です。
 今のところ、WEBだけなので仮復旧。残りの機能は自分用なのでボチボチ構築する予定。

#なにがあるのかは?セキュリティ上、非公開です。悪しからず。
comments (4) | trackbacks (0)
1/1