とりあえず作ってみたブログ

<< June 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

炊飯器を更新する

 古い炊飯器で、もうしばらく頑張ってもらうつもりでしたが、ここ数回パサパサだったりバリバリだったりと、ご飯と言うよりエサっぽい仕上がりが続いてました。ということで、今朝ついに耐えきれず炊飯器を買い換えてしまいました。

100629_新旧比較 100629_94年購入なのだ

 左の写真は、新旧比較です。大きさが一回り以上小さくなってました。今回は地元企業のタイガー魔法瓶製品にしてみました。(P社のがもっと近いけど。)そして右が、古い方の炊飯器の製造年です。94年半に購入して以来、丸16年間よく頑張ってくれました。

 近所の某量販店で買いました。買った値段を価格comで調べたら平均的な値段で、最安から比べたらちょっと高めです。とはいえ、炊飯器は毎日使う物なので、入念に値段調査をしたり、ネット通販で待っていたりと時間に余裕があるわけでもないし・・・

 今晩から新しい炊飯器です。やっぱりまともに炊けるご飯はうまいですねぇ~(笑)
comments (0) | trackbacks (0)

港から近場で

また、西表島ダイビングの取り置き写真から。最終日は海が荒れたため、上原港から10分以内で行ける場所でしか潜ることが出来ず・・・

 1ダイブ目は港出てすぐのキントキ。キントキダイが居るからポイント名はキントキだそうで。

100628_キントキ1 100628_キントキ2

 左は、主に見て回る根から上を見た様子。ほとんど真上にボートが居たりします。右がお題目に出てくるキントキダイの群。

 キントキダイの群はゆっくり動いていたので動画でも撮ってみました。






毎度の潜水記録
キントキ
5月10日1ダイブ目(通算225本目)
in9:23→out10:04(41分間)
最大水深21.1m 平均水深13.0m 透明度18m 水温26度
comments (0) | trackbacks (0)

水中での動画を2つばかり

また取り置きの西表島ダイビングのネタ。今回は動画を2枚おいてみます。

 この前の水面で見たバラクーダ。動画にするとこんな感じです。






 スノーケリングなので音がほとんどありません。スクーバのボコボコ音付きとは大違い。これだけ静かだから魚も逃げないわけでして。

 続いては崎山沖の根で見たぐるぐる回るサメ。






 -18mぐらいの場所のはず。回っているサメはホワイトチップ(ネムリブカ)夜行性なので昼間はのんびりモードらしい、そして比較的大人しい性格らしい、とはいえサメですから刺激は禁物です。そぉ~っと遠巻きに見るだけです。

#画がぶれているのは、流れがあるからです。(画面左から右方向へ流れてます)
comments (0) | -

預かり物の動作テスト

今日はHAMネタ。金・土と実家にいました。

100626_3-500Z動作中

 HL-2K。この東京ハイパワーのリニアアンプは学生時代のクラブ局の預かり物です。10年強の間、諸事情から私の実家の押入で保管してました。時々押入から引っぱり出し、ダミー負荷で運転して置き潰しとならないよう気を使ってはみましたが、使わない機器を動態保存するのは違った難しさがあるような・・・(重さが30kgを越える物なので押入への出し入れが大変だったりする)

 内部清掃の後、3年ぶりに通電しました。ダミー負荷にて1kW前後の出力を確認しましたが、ややプレート電流が多め。能率が40%強にまで低下しているので、出力パワーの割にプレートに800mA前後と高めの値。(グリッド電流は200mA~250mAのため問題ないと思われる)

 14MHzでのテスト中、一発閃光が飛んだ後、出力が出なくなりました。あわてて電源を切り、高圧のチャージを抜いてから再度分解する羽目になりました。

100626_外れたスイッチ 100626_ハンダ処理前

 破損の原因は、バンドスイッチのタップが外れてました。熱でハンダが溶けて脱落。そういえば学生時代の時にも同じ目にあったような気がしなくもないが・・・
 左の通り、見事にハンダが溶けてタップが脱落。右は再びタップを戻しているところ。今度はハンダが溶けても脱落しないよう、スズメッキ線で1カ所止めてからハンダ付けすることにしたのでした。

 他にはプレートVCのダイヤルが空回りする事がありました。はじめは、回した感触とチューニングの動きがかみ合わないので悩み気味でしたが。バリコンが動かないことがあることに気が付けば後は簡単、シャフトのネジを締め直すだけ。

 最後にソケット周りの写真。

100626_ソケット周り

 判りにくいかもしれないけど、グリッドの接地はCとRFC経由。これは、TL-922のグリッド周りとほぼ同じです。しかし、添付されている回路図では、CもRFCもなく、直接シャーシアース。どうして食い違っているのやら・・・CとRFCは取り外して直接シャーシへ落とした方がイイのですが。

 さて、表題の写真は、試運転中の3-500Z。アンプがどのような状態になっているのかは?伏せておきます。

 最後に、引取先が決まりました。引き渡し時期は未定ですが、なんとか次の方へバトンタッチできそうです。
comments (0) | trackbacks (0)

美しい日曜日

また西表島ダイビング取り置きの写真、ダイビング3日目の3ダイブ目、ビューティフルサンデーから。潜った曜日は、もちろん日曜日なのだ。

100625_sunday1 100625_sunday2 100625_sunday3

100625_sunday4 100625_sunday5 100625_sunday6

 見ての通り珊瑚+地形ポイントです。この日は天気も良く、日差しも程良き感じで入ってきたので、ばっちりです。水面とか光の写真は難しいですねぇ。

毎度の潜水記録
ビューティフルサンデー
5月9日(日)3ダイブ目(通算224本目)
in14:44→out15:42(58分間)
最大水深9.9m 平均水深5.4m 透明度25m 水温26度
comments (0) | trackbacks (0)

水面でバラクーダを見る

また取り置きの西表島ダイビングの写真から。今回はダビング3日目、2ダイブ目終了直後の写真から。

100623_バラクーダ1 100623_バラクーダ2

 1ダイブ目は崎山沖の根。回遊魚系狙いなので、ドリフトダイビングでエントリー。前半は、ホワイトチップとイソマグロ、後半にバラクーダの陰を発見。しばらく追ってみたが、やっぱり魚は泳ぐのが早い。(当たり前だって。)バラクータだの群を遠目に見たまま、タイムアップとなり浮上したのでした。
 ボートで機材を降ろして帰港準備をしていたら、何気なく海を見たスタッフが絶叫。追っていたはずのバラクーダの群がボートの下を通り過ぎたのでした。脱ぎ掛けたウエットをもう一回着て海へ飛び込みスノーケリングで写した写真が上の2枚。こんな見え方があるとはねぇ~。
 水中で追うとダイバーの吐く泡の音で逃げるけど、エキジット直後の撤収中はボートのエンジンが止まっているため音がしないのです。そのためバラクーダの群は気にせず下を通ったようです。(水面からボートへ戻るときは、人がスクリューに巻き込まれないようにするために必ずボートのエンジンを止めるのです)

 一応、毎度の潜水記録です。

崎山沖の根
5月9日2ダイブ目(通算223本目)
in11:50→out12:31(41分間)
最大水深 18.0m 平均水深10.3m 透明度25m 水温28度
comments (0) | trackbacks (0)

淡路島の某所から帰宅

今日もHAMネタ。無事にコンテストが終わって帰宅です。

100621_外の様子

 今朝の某所から見える海の様子です。日曜の夜中はず~っと雨でしたが明け方に止みました。この写真の通り、漁船が円を描くように海面を回ってました。何の漁をしているのかは残念ながら判らず。(今朝6時半過ぎの画)
 一応1kWを2セット、可能な限り同時運用したので交信局数は2k超。スコアーなどはまだ集計中なので秘密です。

#昨年より積み上がっているはず。(^_^)

 さて、こちらがメインタワーにつながっている組み合わせ。FT-2000VL-1000

100621_TX1

 FT-2000は自分用に設定をつめていかないと、思うように使えない感じ。昨秋、初めて触ったときは見事にツボにはまってしまいました。今回で使うのが3回目。やっと説明書を読む時間と設定を触る余裕が出来たので、CWモードの設定を触ってみました。ということで、自分用に備忘録。

・デフォルトはもちろんデジタルフィルターなのでシャープな切れ。
・フィルターのパスバンド特性をSOFTへ。エッジは緩い方がイイはず。
・フィルターの裾も3段階選べるので一番緩やかなカーブへ変更。
・コンツアーフィルタ。CWではノッチ動作ではなくピーク動作にすれば使える。メニューを繰れば変えられるようですからこれも次回変更要
・SUB側の受信機はアナログ検波。上手く使えば便利みたい。MAINダイヤルとの連動動作も出来るようだから次回検討?
・COMポートキーイングがうまく働かず。論理がL時の-12Vが悪さをしているからか?(簡易回路のため)

もうしばらく修行しないと使いこなせない感じ。まさに猫に小判、状態(涙)

 そして、既出の画ですがこちらが第2タワーにつながっている、IC-756PRO3IC-PW1

100619_一応14MHzから

 こちらの方は隠れた設定項目がほとんどないため、初見で触ってもそれなりに使いこなせます。なので、今回は判りやすい第2タワー側がメインとなり、サブ側がメインタワー設備と逆転してしまいました。(汗)
 これもFT-2000と同様DSPによるデジタル復調なのでコンテストでRUNするのなら、フィルターのエッジを丸めておいた方が使い安いはず。(もちろんSOFTへ変更済み)
comments (0) | trackbacks (0)

淡路島の某所から2日目

今日もHAMネタ。ALL ASIANの電信部門2日目に突入。

100620_サッカー観戦 100620_今朝

 昨日のワールドカップ・オランダ戦、やっぱり気になったのでコンテスト参加しながら1セグで観戦。これだと気はそぞろでサッカーもコンテストもどっちもつかず・・・後半の痛恨のシーンは見逃し、コンテストの方もさえずにイマイチ。
 そういえば昨夜のヨーロッパ方向、いつもになくオランダの局が多く呼んできたのは単なる偶然なんでしょうかねぇ。

 上の写真左がサッカー観戦しながらの参戦中。右が今朝の14MHz。午前中の14MHzはめちゃ暇っ。
comments (0) | trackbacks (0)

淡路島の某所から

今日からちょっとの間HAMネタ。

100619_明石海峡大橋 100619_一応14MHzから

早朝に家を出て淡路島のクラブ局へ。今回はALL ASIANの電信部門へ参加です。
 表題の写真のごとく、移動中は雨。着く頃にはやんだのが幸いです。とりあえずオープニングは14MHzから、北米と欧州が同時に聞こえてましたが・・・軽いアクシデントがありタワーへ登る羽目に。(途中までですんだのが幸いだが)
 一仕事終わったのでコンテスト開始早々の朝っぱらから、麦飲料を一本あけてしまいました。おかげで手元が少々狂い気味、耳は遠くなりがちかもしれません。(汗)
comments (0) | trackbacks (0)

OSが入ったままダイレクトにコピー

ちょっとだけ試したことを備忘録がてら。

100618_hddが2つ

 OSを再インストールすることなく、HDDの引っ越しが出来るか?試してみました。元々のディスクと引っ越し先のディスク、共にUSB接続で他のマシンへ接続してファイルコピーをしてみた。こうすれば、稼働中のCドライブをやりくりしてコピーするより楽に出来るはず。
 エクスプローラーでもいいけど、こういう作業こそコンソールからXCOPYコマンド一発の方が最速かも。

>XCOPY e:\ i:\ /e /c /h /r /o

 引数は、元ドライブ名・行き先ドライブ名・・・・の順。USBデバイスでつなぐと速度が落ちてしまうので、のんびり構えて待つしかない感じ。僅か15GB程度だったが小一時間掛かってしまいました。

 運良くMBRが使い回しできたので、新ドライブでもそのまま起動ドライブにすれば起動したのでした。ただ、そっくりそのままコピーできたわけではないようです。アンチウイルスソフトなど、一部再設定が必要な部分もあります。それでも新規インストールよりは遙かに楽でした。
- | -
1/3 >>