とりあえず作ってみたブログ

<< October 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

今回はハナゴイの根から

081031_ハナゴイの根1 081031_ハナゴイの根2 081031_ハナゴイの根3

 西表島ダイビング初日(10/15)の1本目はハナゴイの根。去年、1滞在中に2回も入ってしまった場所だったり。何度も入っているので、ハナゴイの根に関する投稿はこちらから。

 潜水記録はこんな感じ。
ハナゴイの根
10月15日 1本目(通算170本目)
in9:46→out10:34(48分間)
最大水深34.6m 平均水深12.4m 透明度18m 水温26度

 写真は、一番左が隠れていてイマイチだったジョーフィッシュ。(ここが最大水深の-34m)あとは、根の上で群がっているハナゴイなど。小雨でなく晴れていたり明るくて良かったんですけど、残念。
comments (0) | trackbacks (0)

沖縄本島南部へ行ってみる[3]

こちらの続きです。

081029_喜屋武岬1

 那覇市内へ戻る途中で最後に立ち寄ったのが、喜屋武岬(きゃんみさき)

081029_喜屋武岬2 081029_喜屋武岬3 081029_喜屋武岬4

 沖縄本島南端(最南端ではないはず)にあり、沖縄戦で悲劇のあった断崖絶壁の岬です。(というのが一番右の平和の塔です)国道から海辺へと曲がって行くのですが、最後はサトウキビ畑の中の農道をぐるぐる回るので注意しないと迷子になりそうです。

 この後那覇市内へ戻ってレンタカー返却し、4時間ほどと短時間の早周りはこれにて終了です。
comments (2) | trackbacks (0)

徹夜明けでビール

081027_beer 081027_180g

 今月唯一の徹夜勤務明け。会社を出るときにはいつも通り正午を過ぎてしまったので、帰り道は京橋で吸い込まれてみました。
 この程度のビールなら、徹夜明けでも意識を失うことなく帰宅できそう。もう少し欲しいけど電車で沈没しないために少々自粛。その代わりに、ほとんど座る暇のない深夜作業で空腹気味だったから、いつもより大きめの180gトンカツを喰ってみたり。
comments (2) | trackbacks (0)

ログ提出

この前の全市全郡コンテスト、やっとログを出しました。
最終スコアーはこんな感じ。

電信電話部門・3.5MHzシングルバンド
 362QSOs 360pts x 271multi. = 97,560

#途中で4時間も寝てしまった割には良くできました。
comments (0) | trackbacks (0)

こういう方もいるようで

081025_注意書き

四天王寺で見かけた但し書き。
comments (0) | trackbacks (0)

沖縄本島南部へ行ってみる[2]

前回の投稿の続きです。ひめゆりの塔からもう少し先へ進んで、摩文仁の丘へ足を延ばしてみます。

081024_平和祈念公園1 081024_平和祈念公園2 081024_平和祈念公園3

 丘の先には海が広がる断崖絶壁、ここが沖縄戦最期の地でもあります。きれいになった公園の景色、南を見通すと広がる海、かつて悲劇があったとは想像しにくい場所でもあります。ひめゆりの塔と同様に平和祈念資料館も是非見ておくべきところです。歴史の教科書には書かれていない、真実が分かるはずです。

 写真は、平和祈念資料館、平和の礎、丘の先に広がる海。平和の礎(いしじ)には、沖縄戦で亡くなったすべての人の名前が、国を問わず刻まれています。

 この公園、広いです。駆け足でまわっても1時間強。かなり歩きます。それから、上空が那覇空港への進入路になっているようです。飛行機右側の窓際に座れば、上空からも摩文仁の丘はしっかり見ることができるはずです。(上空からはこんな感じ
comments (0) | trackbacks (0)

沖縄本島南部へ行ってみる

 沖縄旅行初日、今まで行けそうでいけなかった沖縄本島南部へ行ってみた。那覇空港の近所でレンタカーを借りて、走ること小一時間ぐらい。

081022_ひめゆりの塔1 081022_ひめゆりの塔2

 最初に行ったのがひめゆりの塔。塔の奥にあるひめゆり平和祈念資料館、ここは絶対に見ておくべきだと言い切れる資料館ではないだろうか。

 表題の写真は、ひめゆりの塔前の献花台と入り口。(赤信号で停車中に撮影)
comments (2) | trackbacks (0)

帰ってきました

081019_水牛車 081019_復路の切符

 今夜、1週間ほどの沖縄逃避旅行から戻ってきました。何回行ってもいざ行くと時間が経つのは早いもので・・・

 滞在中ずっとですが、今日も海は時化気味。西表島(上原港)-石垣の高速船が欠航気味だったため、今朝は早々に島を脱出したのでした。石垣へ戻ったのはいいけど、帰路のフライトまで4時間ほど微妙な時間が余ってしまいました。そこで連絡船で片道10分のお手軽な竹富島へ行って来ました。(こちらは少々では止まりませんから)

 5年ぶりに行った竹富島、お約束のレンタサイクルで回りましたが、前より走りやすい道になっていました。(街並み保存のため、大半の道路は舗装されていない)以前は道路に砂が多すぎて自転車にはつらい道だったような記憶があるのですが。レンタサイクルは借用時間1時間半と短時間でしたが、島を2/3周できたからまぁいいでしょう。

 その後、石垣市内で土産と泡盛を購入してから、14:40に石垣を発ち、那覇経由で関空へ戻ってきました。

 表題の写真は、竹富島観光で登場するN田観光の水牛車、そして高速船の切符(A観光)。それから、5年前に行ったときの写真はこちらにあります。
comments (0) | trackbacks (0)

今日がダイビング最終日

081018_maguro

 西表島ダイビング4日目、今日が最後の日となりました。いままで天候にあまり恵まれませんでしたが、今日になってやっと晴天。南の島の暑い日となりました。

今日は鹿川湾まで遠征。

1.オグリキャップ
2.中ノ瀬
3.崎山沖の根

 これで4日間12ダイブ、全行程終了です。表題の写真は、ラストライブで見たイソマグロのペア。

#飲んだくれたため、今夜は手短にこの辺で。
comments (0) | trackbacks (0)

マンタ登場

081017_まんた

西表島ダイビング3日目。
昨夜(深夜)、激しい雨で目が覚めてしまいました。かなり長い間、降りました。幸い今朝には雨はやみましたが。
今日は波が穏やかだったので、崎山湾で3ダイブ

1.ハリケーン
2.崎山沖の根
3.崎山沖の根

 1回目の沖の根で、エントリー早々にマンタ登場。マンタが普通に見られるポイントではないだけに、サプライズなオープニングでした。昨日に比べて流れが緩くなっていたので潜りやすかった感じ。
 2回目は、先ほどのマンタに味を占めてしまい再度トライ。今度はいませんでしたねぇ~。代わりに特大サイズのイソマグロが目の前を回ってくれました。見上げるイソマグロはエエ感じのシルエットで見応えありです。
 明日でダイビングは終了。末広がりを期待していたけど、今日の帰りにはまた時化始めました。3ダイブ目の前は平穏だったのでわずか40分ほどで海況が豹変してました。こんな豹変だから、時化は時が化けると書くのでしょうか。

 表題の写真がマンタ。アップの1枚もあるのですが、後で見たらなんとピンが合っていない。不覚です。(嗚呼、無念・・・)
comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>