とりあえず作ってみたブログ

<< August 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ネットのある宿

080831_東横イン大鳥居

 この前の東京出張で泊まった宿。今回は東横イン大鳥居本館。ここ最近は、JALのページから予約することが多いので、独自WEB予約が中心の東横インは縁が無く、初めての利用となりました。(朝一番に羽田から大阪へ戻らねばならなかったので、羽田に近いこのホテルとなったのでした)

毎度の箇条書きで

良い点
・他のビジネスホテルと比較したら安い。
・掃除はきれいにしてありました
・部屋のレイアウト、狭い割に窮屈さを感じない。
・館内の自動販売機、普通の値段です。
・ネットはまぁまぁ。独自の変な認証ページがないのはイイ。
大鳥居駅のそばです。コンビニも近所にあり。
・朝食サービスあります。
・羽田空港までの無料送迎有り。(時間によるけど)

悪い点
・少し壁が薄いような気がする。
・窓を開けたとき、開けている場合とそうでない場合がある。それは運次第。(今回はあたりだった)
・予約が独自WEB中心なので、予約サイトで他の宿との比較して選ぶには不便かも。(東横インでしか泊まらないのならそれでもイイけど)
・やっぱり部屋は狭い。(まぁ、許容範囲だけど)

 宿には関係ないのですが、今回の大鳥居。都心からは遠く行ってびっくり。飲んだくれすぎて、新橋からタクシーで行きましたがとにかく遠い。品川で同乗した某氏と別れましたが、それからまた15分ほど走ったような・・・(都合、6000円強)その代わりに羽田はめちゃ近かった。(電車で6分ですから)

#土地勘のなさが招いた結果でして。(汗)

 さて、東横イン、コストパフォーマンスはかなりイイと思われます。ただ、他の宿と比較しづらい予約の仕掛けや画一化した建物は、出張をちょっとした旅として楽しむ場合、マイナス要素かもしれません。

#出張は作業の一貫と考えるのなら便利でしょうけど。
comments (0) | -

経県値を試してみる

今週、仕事が妙に忙しかった。仕事のネタならあるけど、書くわけには行かないので、jp3pzdさんとこのこのネタに便乗してみます。

  080829_経県値

 私の経県値。170点あるらしい。こうしてみてみると、思った以上に行っているのでびっくり。未開の地は、福島・栃木・大分のみ。個人的に出かけたのが大半だけど、東北については出張がなければ未だに空白だったに違いない。

#未開拓の残り3県、果たしていけるのだろうか・・・
comments (2) | -

昨夜の宴

080827_みせ 080827_1巡目 080827_新橋といえば

 日が沈んだぐらいからやっと昨夜の騒ぎ疲れが抜けてきたような感じ。今回の会場は、新橋の沖縄料理屋。まずはオリオン生(生があるんです。この店には)で乾杯して、そのあとは泡盛のボトルが・・・第一ラウンドで飲み干したのが真ん中の写真、八重泉の4合瓶。第2ラウンドが、おとなしく残波の4合瓶。(合計8合呑んでしまった)ここまで呑んだら、19時半開始だったけど、23時半を軽く越え、日付が変わる寸前まで行ってしまったのでした。

 さて、新橋の待ち合わせ場所といえば、烏森口側にあるSL広場らしい。(写真右)新橋のサラリーマンといえばこの辺でうろつく人を捕まえるのだとか?この日も街頭取材があり、メンバーの某氏の姿を見つけたので声をかけようとしたら、見事にインタビューに捕まってました。本人曰く目をあわさないようにず~っと逃げていたらしいけど、逃げ切れなかったのだとか?今回のお題は、「WBC、星野監督ありか?なしか?」だそうで。
comments (0) | trackbacks (0)

また徹夜明けでビール

080825_生中

 タイトルの通りです。いやぁ~このビールはうまい。と同時にやっぱり眠くなってた。

#徹夜明けだから一杯で十分ですねぇ。

 そういえば今日の明け方、平地の8月とは思えない涼しさでした。(少し肌寒いぐらいだったかも)
comments (2) | trackbacks (0)

サーバーのお掃除

080823_DFT

 前回(2/20)以来、半年ぶりにサーバーの掃除を行いました。(11:50~12:50頃まで、約1時間サーバーを停止しました。)本体内部のホコリを取り除いてから、CPUファンや電源内部まで分解して掃除しました。すこしやかましくなってきていましたが、これで元の静かな音へ戻りました。

 掃除は30分もかからず終了。その後、4年半ほど連続通電しているため、簡単にHDDのテストを行いました。(こちらを参考に)利用したHDDテストツールは、DFT(IBM製のツール)。本来はIBM製ドライブ用ですが、他社製品でも機能制限がありながらもそれなりにテストできるようです。テストに30分ほどかかりましたが、問題は見つからず健在でした。(表題の写真、テスト中の画面。)

 それからBIOSの設定も変更しました。長年PC2100のDDRメモリーを使っていながら、メモリークロックが100MHzに固定されているのを見つけてしまいました。もったいない設定なので、133MHzで使うよう設定を動かしました。

#なんで4年半も気がつかなかったんだろう・・・
comments (0) | trackbacks (0)

今日は深夜帰宅でした

080822_不健康食

 タイトルの通りです。帰宅したら26時前(午前2時)、そのまま寝たいけど、空腹感に耐えられず、やむなく表題のようなジャンキーなメニューに手を出してしまいました。インスタントの焼きそばに溶き卵、これが意外にうまかったりしまして・・・

 さらにアルコール入りの飲み物まででてきました。こちらの方、泡盛を水で割るつもりが分量を間違えてしまい、水を泡盛で割ってしまったのでした。

#単に比率が逆転しただけです。
comments (0) | trackbacks (0)

近所の洋服修理屋へ行ってみた

080819_修理後

 ジーンズの破れ直し、近所の洋服修理屋で直してみました。破れ補修で1000円(税込み)、納期は1日。仕上がり、値段、納期、すべて良しでした。表題の写真は、直した箇所の裏側です。

#ググると修理屋はかなり多く見つかりますが、値段や納期はバラバラ。
comments (0) | trackbacks (0)

今回は明けでホルモン

080818_あみ

 今日の徹夜明けの昼飯はホルモン焼き。かなり壊れたようです。

#写真はホルモン投下直前の画
comments (0) | trackbacks (0)

真っ昼間から飲んだくれる

また真っ昼間から呑んでいます。

080817_オラホ

 旭川出身の某氏から頂いた、オラホビールがメインディッシュ。おまけに発泡酒と怪しいゴーヤチャンプル。(ゴーヤチャンプルは自作もとい、自炊の一品。)オラホビール、濃厚な味の中にきっちりと苦みがあり、美味しく頂けます。エエ物を頂きました、感謝です。

#これは今夜の徹夜に備えて寝るための呑んだくれ。
#もっとも医学的には睡眠前の呑んだくれは良くないらしいけど。
comments (0) | trackbacks (0)

地元名所を少しだけ

おととい晩から実家にいます。青春18切符で旅行をしているP氏が播州赤穂にも立ち寄るらしいので、出迎えてきました。滞在時間2時間強という短時間だったけど、早周りで市内名所をまわってみました。

播州赤穂駅からまっすぐ南下して、息継ぎ井戸。いわゆる忠臣蔵(元禄赤穂事件)の中で序盤に登場する場所でもあります。(江戸から4日半で播州赤穂まで走り抜いて帰ってきた早駕篭がお城へはいる前にここで水を飲んで息を継いだという逸話から)

#もっとも今の井戸は平成に入ってからの移設したはずだけど。

 続いて赤穂城

080815_赤穂城1 080815_赤穂城2

 このお城、明治時代にすべてなくなっています。今のは再建されたもの。特に左の本丸跡は新しいです。ここ10年程度のはずです。高校卒業までこの街にいましたが、当時本丸跡地は単なる更地。(その前、昭和56年までは赤穂高校の校舎があった。)
 右の写真、赤穂城の写真といえば必ず登場する角櫓。観光パンフレットとは違うアングルなのでわかりにくいでしょうけど。ここで一つ間抜けな失敗をしてしまいました。私が住んでいた頃はまだ、写真左側の太鼓橋を車で通ることができました。その感覚が抜けていなかったので、何気なく車で渡ろうとしてしまい、車止めに危うくぶつかるところでした。いやはやお恥ずかしい・・昔はお城の中にも一般家庭があったので生活道路でもありました。

 つづいてお城の中にある大石神社へ。

080815_大石神社1 080815_大石神社2 080815_大石神社3

 本殿が建て替えられたらしくきれいになってました。左が門から中へ進む様子。多少の変化はあるけど、この眺めはそんなに昔と変わらない感じ。
 真ん中が、本殿から山門、外を眺めた図。前述の通りお城の中にあった一般住宅が立ち退いたため、景色が様変わりしてしまったのです。(昔は、道路向かい、敷地となり、ともに一般住宅が並んでいた)
 右が、本殿横にある宝物殿。これだけが昭和の佇みのまま残ってました。

#近所に歴史資料館などもありますが、閉館時間だったので残念ながら省略。

 エライ変わり様にびっくりしたけど、よくよく考えるとここ15年以上お城へ行った記憶がないような。そんなんでガイドのつもりだったはずが観光客化してしまったのでした。

 こんなんではちゃんと紹介できないので、オフィシャルにはこちらの観光協会のページをどうぞ。
comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>