とりあえず作ってみたブログ

<< November 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

また平久保崎灯台

061129_平久保崎1

石垣島最北端にある平久保崎灯台

061129_平久保崎2 061129_平久保崎3 061129_平久保崎4

 ココへ行ったのはこれで通算3回。今回は天候にも恵まれ最高のコンディションでした。(行ったのは10月21日午前)写真を見たら誰もいないように見えますが、人も多くてびっくり。もうちょっとひっそりしたスポットだったはずなのに。ココの駐車場は大変狭く、危うく入り口で順番待ちをする羽目になりそうでした。

 この場所。石垣市中心部から1時間ほど、と紹介されていますが、もう少し余裕を見た方がイイと思われます。途中からほとんど信号がありません、しかしかなり距離があります。ノンストップ、かつある程度の速度で走り抜かないと1時間以内は難しいかも。特に、島特有のノロノロ運転に遭遇したときは、あきらめた方がイイかもしれません(見通しの良い直線が少なく、追い越せる場所が限られてくるし。)

 市街から遠いけど、行ってみる価値はあります。個人的には、玉取崎展望台よりイイと思うのです。

#玉取崎展望台はバスツアー客が多いので・・・
comments (0) | trackbacks (0)

今日は第一旭で

今日も京都市東山区の山の上でお仕事。ココでは書けないけどホンマに災難があって、下山するときにはもう午後3時。予定よりずいぶん遅くなってしまいました。

 本社へ戻る前に、空腹を満たすため遅い腹ごしらえ。今日は、新福菜館の隣の第一旭へ行ってみました。

061128_リッチに特製で

 今回は空腹だった事もあり張り込んで、「特性」もとい「特製ラーメン」。
 敷き詰められたチャーシューに撃沈です。ここはスタンダードな醤油ラーメン。見た目は平凡だけど、とにかくスープがうまいのだ。これまた大学卒業以来、○○年ぶりに行きましたが、やっぱり捨てがたい。

#ネギがしっかりと入っている方がイイから、今度はネギ多めで・・
comments (0) | trackbacks (0)

CTUにログオンできない・・

NTT西日本の、光と光プレミアムの設備変更があったようです。(原文はココ

 無事に終わったのか?自宅にあるCTUの更新ランプが点滅してます。説明によると、この表示が出ているときは、ファームウェアーの更新が行われたので再起動する必要があるらしい。再起動はこんな手順でイイらしいのだが・・・

 CTUを再起動するには、フレッツ専用のツールを使ってログオンし、設定画面から行うのが普通。でも巷の資料によると。

IEなどでURLを。
https://ctu.fletsnet.com
だったり。
https://210.247.16.1/
にすると、同じ結果になるらしい。

 早速、ノートパソコンをリビングに持ち込み、CTUに直結。(他のマシンはみんなCTU→ルーターなので)IEを立ち上げて、 https://210.247.16.1/ としてみるが、CTUにはログオンできず。ただ、アドレス自体が間違っているわけではなく、相手から吐き出されるHTMLがなんだかおかしい感じ。何度かやってみたが、状況は変わらず。

 結局、CTUの電源をOFFって再起動させました。

#すごく古典的な手だなぁ~

 CTUへログオンできない件。やっぱり気になるので、後日もう一度試してみることにします。ちなみに、専用のツールを使わないこの方法、専用ツールが供給されていないMacなどのためにあるのだとか?
comments (0) | -

ちょいとだけ参加してみた

野暮用のついでなのか?これのついでが野暮用だったのか?真意はさておき、WWコンテストに冷やかしで参加。土曜日の午前中、ほんの一瞬だけでたのが14MHz、日曜日の明け方に早起きして出てみたのが7MHz。(昨年の散々だった話はこちら

 14MHzはコンテスト開始直後に北米をちょろちょろ、しかも時間が早かったのでZONE3の西海岸ばっかり。ロッキー山脈にすら届かず。おまけで至近距離のアジアを少々。小一時間もしないウチに野暮用になってしまったのでこれだけでおしまい。

 噂の5Aリビア)を拝んでみようと思い立ち、早起きしてみたのが日曜日の朝。7MHz辺りなら運が良ければ行けるかも?と淡い期待をしつつ・・・本当は深夜のが確率が高いと思うけど。今日は出勤、朝イチで2時間電車に乗って会社へ行くことになるだけに夜更かしする勇気もなく。

 お約束通り、ヨーロッパでいっぱいだったけど、結局リビアを聞くことは出来ず。その代わりなのか?ZONE33のアフリカ北西部が良く聞こえてました。IG9(アフリカンイタリー)、CN(モロッコ)をGET。少し呼んでみたけど、TZ(マリ)、EA8(カナリア諸島)は気合い及ばず玉砕。地中海の向こう側のヨーロッパからの混信がきついらしく、日本では強くクリアーに聞こえいてもダメみたいで。ここまで頑張ったところで、朝6時半頃となり、泣く泣く撤収です。(7時の電車で出勤。)

 リビアの本命がGET出来ていれば文句なしでしたが、それには遠く及ばず。ということで残念ながら、早起きは三文の得にはならず・・・

詳しい分析を見たい物好きな方は続きをどうぞ。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

マザーボードの電池交換

昨夜よりホンマに雑用と野暮用で実家へ。
実家に置いているパソコンの電源を入れたらカレンダーなどの記憶がないというメッセージが・・・どうやらバックアップ用のリチウム電池が切れたみたい。

 このパソコン、我ながらよく持っているなぁと感心する一台。それもそのはず、組み立てたのは1999年の11月ごろ。今では使用頻度が低いとはいえ、よく壊れずに動いているものだ。

061125_KZ-6000-V(fic)

 マザーボードは、FIC製のKZ-6000-V。今となってはめちゃ懐かしいAT規格。その証拠がこちら。

061125_なつかしのATタイプ

背面の写真。キーボードのコネクタがでかいです。変換ケーブルを使って今のPS/2にあわせてます。

 電池を入れなおしたら、組み立てて再起動。

061125_電源ON直後

 無事起動しました。めでたしめでたし。(画面表示を見たら古いPCだというのがよくわかっていただけるかと)

 ここまではよかったのだけど、なんだか前より速度が若干遅くなったような気が・・・BIOSの設定を少し動かして最適化していたはずなんだけど、何をどうしていたのか?今となっては思い出せず。

#どうやら、電池を入れ替えても私の記憶は戻らないらしい。(笑)

[以下、備忘録]

このマザー、Windows2000上ではACPIがまともに使えません。そこでAPMベースに戻して動かします。その方法は、インストールに使う4枚ぐみ起動FDの1枚目を以下のように書き換えてからインストールするとOK。

1. txtsetup.sif ファイルをメモ帳で開く。
2. [ACPIOptions] セクションの ACPIEnable を 0 にする。

0を指定すればACPI オフ、1 を指定すると ACPI がオンになる。
いまさら、こんな古いマザーボードを使う人はいないと思うけど。使えるCPUがかなり限定される上に、癖のある製品なのでので、マニアな一品かもしれない。(古いタイプのSocket370・Mendocino (メンドシノ)セレロンしか動かない)
comments (2) | trackbacks (0)

舞富名

061124_舞富名

与那国にある入波平酒造所が作っている舞富名。今回購入したのは、30度で一升瓶。(石垣市内の酒屋にて、1400円で購入)ココ半月ちょっとの間ボチボチいただいてます。

 香りが少しきついです。とくに、開栓直後はそう感じました。が、開栓後しばらくたつと、まろやかさがでてくるような・・・呑むとしっかりとした甘みがあり、慣れてくるとはまりそうな感じ。同じ与那国の泡盛、どなん(30度)と比べたら、こちらのが泡盛って感じが強い。石垣の於茂登を濃くした様にも感じたり。今度機会があれば花酒の60度にもチャレンジしてみたいところ。

 おっと、肝心なことを忘れていました。「舞富名」は「まいふな」と読みます。そして、「まいふな」は「孝行者」とか「働き者」と言う意味だそうです。
comments (0) | trackbacks (0)

ホルモン屋

061121_ほるもんや

 会社帰りに寄ったホルモン屋。見ての通りなので、メニューを説明する必要はないでしょう。給料日前の財布が薄いときでも安心の良心価格、そして味も良し。ただ、店が狭いから遅いと入れないのが数少ない難点かも。

061121_鉄板 061121_マッコルリ

 あれこれ言う必要もないだろうから、左の写真は見ての通り。そして右はマッコルリ。ストレートでもイイのですが、同行した某氏のお勧めはビール割り。マッコルリ8、ビール2ぐらいなので、ビールのマッコルリ割かもしれないけど・・・
ボトルの左にあるグラスのように、まさにマミーを思い出す外見。味はもちろん違いますが、口当たり良く美味しくいただけます。3人であっという間にボトルを撃墜。

これでは飲み足らず、もう一軒・・・

#今度はしっかり長居したので、帰宅したら日付が変わってしまいました。
comments (0) | -

123度45分6.789秒

061120_子午線1

 西表島祖納地区にある子午線モニュメント。この場所がちょうど、東経123度45分6.789秒になるそうな。

061120_子午線2 061120_子午線3

 こんな感じのモニュメントと、小さな記念館があります。記念館覗いてみたけど、管理人さんが居ない・・・勝手に入ってエエのかな?と不安に。行ったのは10月15日、観光客も多いであろう日曜日なんだけど。そうそう、表題の写真、右のモニュメントの中から写したものです。

061120_白浜側

 この子午線、陸路で行ける西部地区の最果てである白浜地区でも通っています。モニュメントの奥に見えるのが、白浜地区の小中学校です。この子午線、さらに南へ行くと波照間島でも通っているとか?

*祖納、「そない」と読みます。「祖内」とも・・・
comments (3) | trackbacks (0)

洞窟でサメを見る

10月18日の3ダイブ目は、仲御神島の洞窟。
場所は島の南東部、言うまでもなく洞窟を通り抜けて帰ってくるコース。(そんなに長くない)

毎度の潜水記録です。(通算101本目)
最大水深21.1m 平均水深15.5m 水温27度 透明度30m 潜水時間37分

この日はバシバシ流れていました。なのでロープ伝いにゆっくり潜降。ゆっくり入り口に近づき、中に入ってびっくり。

061119_ホワイトチップ1 061119_ホワイトチップ2 061119_どーくつ出口

 中をうろうろしているのは、ホワイトチップネムリブカ)。
一同息を殺して、そっと見守るだけ。しばし見守るウチに、洞窟から出ていってくれました。予期せぬ遭遇に驚いた出来事。

 一旦洞窟を出たらこんな感じ。

061119_そとの景色 061119_撮影中

 ココにはないけど、上を見たらウメイロモドキの大群がいたり。左は横側の岩場、右側は岩場の上から出口を撮影するHさん。こちらを写していたので、逆に写し返してみました。一段落したら、もう一回洞窟を通って、ボートへ帰っておしまいです。

 最後のボートに戻るところ、エントリー時と同じく流れています。ってことで岩場から流れにのってロープをキャッチしないとボートへ帰れないのだ。最後が一番スリル満点だったりするような。

#失敗したらどうなるんだろう。素朴な疑問・・・
comments (2) | trackbacks (0)

ネットのあるホテル

061116_hotel

出張で東京にきてます。日付が変わる手前まで同業他社と浜松町で宴会でした。で、今回の宿泊先は、東京ドーム前の、東京グリーンホテル後楽園
グリーンホテルはこの界隈にあるチェーン店みたいです。ずいぶん前だけど、他店の水道橋に何度か泊まったことがあり、なんとなく中身の予想はついてました。

さて、箇条書きで

良い点
・駅から近い。
・比較的静か

悪い点
・狭い
・泊まった部屋はネットがイマイチ。

 ネットですが、泊まった部屋はケーブルモデム式でした。なのでフロントでモデム一式を借りないと使えません。しかも、正直いって遅いし・・・

 良くも悪くも予想を裏切らず・・・まぁ、JTBのパックツアーで、そこそこ安かったので多くを望んではいけないかな。(往復飛行機+1泊で、3万円也.

[2006.11.17 AM10:45]追加
 表題の写真客室です。クリックしたでかくなります。
今回は、交通・宿とも手配が遅く、時間もなかったのでJTBの出張パックを利用しました。(ツアー名:出張名人)使いようによっては便利です。航空機の場合50%ですがマイルつくみたいですし。
comments (3) | trackbacks (0)
1/3 >>