とりあえず作ってみたブログ

<< July 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

再び超高層の眺め

今日も所用にて、大阪市内某ビルの屋上へ行って来ました。(このときと同じ場所)

めちゃエエ天気なので、用件が終わってからちょっとだけ。

060728_梅田方向 060728_大阪ドーム方向 060728_南南東

左から、梅田方向、大阪ドーム、なぜか南南東方向。南南東方向は、今日は大気の状態が良くPLの塔(平和の塔)が肉眼で見えたから写してみました。(写真にも点で写ってます。)さらに、勤務先の送信アンテナも肉眼で見えました。(120mの細い塔体なので、肉眼では見えないのが普通かも)見通しが良かったのはこの方向だけみたいで、生駒はほんの少し霞み気味、京都・神戸・関空方向は霞んで全くダメでした。

060728_真下

興味本位で真下を覗いてみました。(もちろん絶対に落ちないように体を固定してからです)200m以上の高さがあるのであまり心地よいものではなく・・・危ないのでまねは禁物。(しないって?)

#あまり高さを感じない写真にはなってしまったけど。

この場所、言うまでもなく事前許可がないと入れません。
comments (2) | -

泡盛・かびら

060727_かびら25度

石垣島の北西部にある、川平湾(かびら と読む)。川平湾の近所にある、高嶺酒造でつくらている泡盛の一つがかびらです。
 この前の6月の買いだめで仕入れてきました。買った物は一升瓶で1300円ほど、安いです。ラベルに川平湾の写真が使われています。ということで、お土産用としてもお手頃かもしれません。
 毎度の呑んだ感想にいきます。25度と控えめな度数も相まって、呑みやすいです。ここは、「珊瑚礁のしずく」というキャッチコピー通りかも。香りは、まろやか系だけど泡盛だっ!と主張する感じは残っています。2週間ちょっとで同居人に撃墜されてしまいました。とほほ・・・

 泡盛とは別に川平湾は絶景ですから、石垣島観光をしたら絶対に外せない場所であります。雰囲気としては、仙台の松島を熱帯南国風にした感じ?(どないやねん)現地では、湾内のグラスボートに乗るのが普通のコースかと。ただ、このグラスボート、ダイビング後には乗っては行けません。(タンク背負って潜った方がいいわけでして)

#かつて、ダイビング後に乗ってがっくり。(笑)

個人的には、湾内にはいるより少し離れた展望台から川平湾を一望する方が良かったかな。(晴天に限るけど)
comments (2) | trackbacks (0)

チャリンコの修理

060726_使用工具

駐輪場に放置自転車状態で置いてある、チャリンコ(自転車)。ついに前輪のブレーキが利かなくなってしまいました。しかも、ブレーキがロックしたままなので最悪です。手で引っ張ってブレーキを解除して、無理矢理乗って今朝の用件を済ませました。でも片方のブレーキが使えないのはすごく乗りにくい・・・(うっかり、前輪のブレーキを掛けたら動けなくなってしまうので、危ないです)

やっぱり気になるので、問題の前輪ブレーキの動きを観察してみました。簡単に分解できて、しかも動作が渋いだけだから掃除と注油で直りそう。出勤までに時間があったので試しにやってみました。ってことで以下は毎度の、備忘録です。

まずは、放置自転車のごとく汚れているので、軽くお掃除。(作業前はあまりにも汚くて公開できません。あしからず)
めちゃくちゃ簡単に掃除して、早速分解開始。まず、かごがじゃまになるので、取り外し。(と言っても全部はずすと後が面倒だから、ウィリーするような感じで作業スペースの確保だけ。)
さて分解し終わったらこうなります。

060726_バラバラ

#分解しすぎて何の部分か?良く分からないかもしれない。

 バラしたパーツは、KURE5-56のCRCを振りかけて錆落とし。それからついでなので極力、汚れも落とします。CRCは潤滑剤だから、ブレーキシューなどへ振りかけないように。(当たり前だって?)
きれいに掃除したら逆の手順で組み立て。可動部分に軽く注油も忘れずに。

060726_組立中 060726_調整中
(左が組み立て中。右が調整中。)

組み立てながらブレーキの利き具合を調整して復元です。で、手順はこんな感じ。

1.真ん中のネジの締め付け。(ダブルナットになっている)
 締めすぎたら、言うまでもなく動作が重く、渋くなります。ダブルナットになっているから、機構がぶれない程度で軽く動くような位置へ内側のナットを配置。外側ナットでしっかり固定。

2.ブレーキ調整
 ブレーキを開放させるバネの力は変えられません。(結構強い)そこでブレーキレバーからきているワイヤーの張力でバランスを取ります。(上の写真で向かって右のワイヤー)ワイヤー止めのナットをゆるめて張力を加減し、適当な位置でワイヤーを固定。(ブレーキを握ったり放したりして程々の動きになるよう)
ここは、カットアンドトライで探すしかない?少し触れば、勘所は分かるはずです。

 無事に組み立て上がったら、動作確認して完了。写真を撮りながらでも、30分あれば十分出来ました。終わった後、折角だから試乗するも良し。表題の写真は、作業に使用した工具類、ついでに記念撮影。

 ブレーキなどの調整、こういうページがありました。(後で発見)見てからやれば良かったかな?

 そうそう、くどいかもしれませんが、毎度の注意書きです。
 自前修理はいつでもat your own risk。すべて自己責任であります。そもそも、作業プロセスが楽しめない方は、自己修理に向いていないと思うが・・・。
comments (0) | -

今朝の収穫

先週から収穫を開始したオクラ。その後です。

060725_21日分 060725_25日朝分

左が21日(金)、右が今朝の収穫分。日曜日朝にも2本収穫しましたが、記念撮影は忘れてました。これで、25日朝現在、総数9本の収穫。

 21日収穫分は、湯がいて卵の黄身+醤油で頂きました。程良い柔らかさに、新鮮さが加わって我ながら美味しい。(自画自賛しときます。)もう少し大きくすることもできますが、これぐらいの小さい目で収穫した方が食べやすい。実のサイズが7cmぐらいから最大10cmまでの間に収穫することにします。

060725_来客

 収穫の時にふと目に付いた来客です。今年初のベランダで見た蝉でもあります。(毎年結構流れ着いてくるようです)
comments (2) | trackbacks (0)

お参りに行く

060723_大谷本廟

久しぶりに家族そろって、東山(京都・清水寺の近所)にある大谷本廟へ。

父方の祖父・祖母の分骨があり、1~2年に1度だけど家族でいく恒例行事であります。週末に限って勤務になることが多いから、ここ数年は私の出席率が一番悪かったようです。今回はそんなんで、私の勤務が空いている日という条件で日程調整。

 残念ながら、小さい頃に父方・母方ともに祖父母を亡くしています。幼少の頃、遊んでもらった記憶は皆無に等しく、晩年の病室を見舞う事ぐらいしか思い出がありません。(物心ついたときには、すでに他界していたり、病院で寝たきりだったり。)そんなんで、思い出すことは晩年の病床の姿だけ。思い出のかわりに、どんな感じの人だったんだろうと祖父母の在りし日を想像してみたり・・・今日は、ふと立ち止まって昔に思いを巡らす良き一日となりました。

 表題の写真は大谷本廟の外見。中にはマンションチックなお仏壇が数知れず。今でも増え続けているみたい。
comments (2) | trackbacks (0)

焼酎水割り きゅうりいり

060721_みせ

会社帰りに上司と二人で立ち寄った近所の居酒屋。
比較的良く行く店なんですが、焼酎水割りの具が、定番の梅以外にきゅうりを発見。

これは珍しい、迷わず焼酎水割りキュウリ入りでオーダー。(というか、初めてみた。何度も行っている店なのに気がつかなかった。)

060721_きゅうりいり

 こんな感じ。1杯目は、たんたかたん(しそ)にキュウリ。これはなんかかみ合わない感じ。生野菜で想像するほどの落差はないのだけど。
 2杯目は宝山(芋)にキュウリでトライ。梅などと違って少し雰囲気が変わりました。キュウリによってちょっと芋のきつさが和らぐような感じ。ただ呑んだ後だからそう思っただけなのか・・・何となく、焼酎の香りが和らいで呑みやすくなるのではないかと予測してますが。

 また行ったら試してみます。が、気になるので、キュウリを入れたときの効能、ご存じの方ご教授ください。

#他力本願モードへ突入。
- | -

うえはら館

日が経つのも早く、西表逃避行したのも1ヶ月前になってしまいました。(思い返せば、到着日に西表では梅雨明け、大阪では未だに梅雨。日本は広いもので。)
記憶が風化する前に、お世話になった宿の備忘録を残しておきます。

060720_うえはら館

宿泊は、うえはら館。西表島西部地区の玄関口とも言える、上原港の目の前にあります。港から歩いて2分ほど。(走れば30秒ぐらい)上原地区の真ん中なので、いろいろと便利です。スーパー(スーパー川満)とレンタカー屋、ともに歩いて3分以内。

 今回初めて泊まりました。部屋が何種類かあり、和室、洋室、洋室(バス・トイレつき)など。もちろんグレードによって値段が変わります。(今回は張り込んで一番エエとこにした)掃除が行き届いた宿なので快適です。氷水が部屋に置いてあるし、タオルも毎日新しくなるのはありがたい。さらに、重要なポイントはエアコンが無料であること。エアコンがコイン式だと小銭がいっぱいいるので、連泊するとエアコン代もバカにならない・・・部屋の広さは、どうなんだろう?過去に西表で泊まった民宿と比較すると広い方。部屋が正方形に近く、天井が少し高めなので、面積の割には圧迫感がありません。(2階の角部屋でした)そうそう、ここの宿は各部屋に鍵があります。(離島では宿の部屋に鍵がない、というのは良くある話。)

 冷蔵庫だけど、部屋にはありません。でも食堂にある冷蔵庫が共同で自由に使えます。無記名だとパブリックドメインになって所有権放棄と見なされますから、ちゃんと名前を書いて所有権表示をしてから利用するのがお約束です。(離島民宿では定番かも。)

 西表でダイビングをすると、ダイビング器材は宿で準備し、宿で洗って干すのが普通のパターン。どの宿にも器材の洗い場があります。うえはら館も裏に洗い場があります。屋根付きだし場所も広くて快適。ただ、カメラの塩抜きをするために水に浸して置いておくといった事をするには、水槽の数が少ないかも。(器材を洗う順番を工夫すればええ話しだって?)くだらないことだけど、洗い場には蚊がいっぱい居ますので要注意かも(笑)
 ダイビング器材、往復とも宿が起点です。郵パックで送って預かってもらい、帰りは宿から郵パックで送り返しました。(ただし、帰りは着払い。重い器材を持ってうろうろしなくてもイイ)

060720_ある日の晩飯

食事は、民宿定番の食堂へ移動するパターン。写真はある晩の食事。食堂で席に着いたらところで給仕してくれます。島の食材が中心で、毎回メニューの簡単な紹介があるのも楽しいところ。ご飯も美味しい。席は自由で、グループ単位になってます。でも一人客同士意気投合したら、いつの間にかグループにされていたりすることも。(同じダイビングショップで意気投合したため、途中から一人旅4人衆で同じグループにされてしまいました。宿の人、客の行動をよく見てますね。)

 宿の記憶はこんな感じ。ただ、宿のグレードから言うと、同じランクの他の民宿に比べて気持ちだけ割高かもしれない。しかし、それを補うだけの良さがあるので、次回もここになりそう。

#また行くんかいな・・・
comments (0) | trackbacks (0)

真っ昼間からバイキング

出勤前に梅田の某店で会社で要る物を購入、そのあとはるばると歩いてお初天神で星崎さんと合流しこのお店へ。

長城 [中華料理]
大阪市北区西天満。なので場所的にはどの駅から歩いても中途半端な感じ。買い物場所から考えたら、わざわざそこまで歩かなくても・・と言われそうだけど。

昼飯だから、メニューは迷わず中華バイキング。お一人様900円也。
席を陣取ってゲートが開いたら、もといオーダーが通ったら第1ラウンド開始。

060719_第一陣

 偶然にもデジカメを持っていたので、ヨダレをこらえて記念撮影。(おいおい)
小雨の中移動したこともあり、箸が進みます。本格中華だけど日本風の味付けは実に食べやすく。一気に平らげて迷わず第2ラウンドへ。第2ラウンドも順調に箸が進みます。この皿を平らげた後の、カードの切り方が人生。(某クレジットカードのCMじゃないって)

持っているカードは。
・第3ラウンド
・杏仁豆腐で締める

まさに人生の分かれ道。
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

収穫開始

060718_オクラの花

 先週から花を付け始めたオクラ。連休頃から、収穫できるようになりました。

060718_1本目

 これが今年の1本目。まだまだ大きくなりますが、大きくしすぎると堅くなり不味いので、今年は早めに収穫することに。今朝までに収穫は3本。現段階で25~30個近くの実が確認できています。量産体制にはいりつつあるようです。(昨年実績は約100本)

表題の写真は、オクラの花。
comments (2) | trackbacks (0)

自己紹介バトンをもらったので

昨日の仕事は、「大阪ドーム」もとい「京セラドーム」で野球中継。
試合内容はさておき、縦縞球団観客のマナーの悪さには嫌気がさします。(前々からだけど)確かにシーツのハーフスイングの判定は厳しいし、気に食わないのは理解できるけど、グランドへ物を投げ入れる行為は断じて許されるものではない。球場へ行くたびに常々感じることだけど、心ないアホなファンがあまりにも多いのでは?球団はファンのマナー向上をすべく企業努力を行うべきだと思うのは自分だけなんでしょうか。(暴○○排除などずいぶん腐心されているようですが。)

 ぼやきはさておき、2日連続で帰宅したら日付が変わってました。今日は彦根の方へ行く予定だったけど、ついに起きあがれず家で休場してしまいました。

 今日は、これと言ってネタもないので、渡りに船。星崎さんから頂いた、自己紹介バトンを拾ってみます。(勇んでで拾ったものの、自分自身を語るのは不得手なのでどこまで書けるか分からないけど)

1.回す人を最初に5人書いておく。
まず杉山さん(今回もお願いします!)、居酒屋ガレージ店主さん、jp3pzdさん。みなさまよろしければお願いします。
定員割れなのであと2人、我こそはと立候補される方、いらっしゃればコメント欄へ一言お願いします。(他力本願で消極的やなぁ~。)

2.お名前は?
名前は、mori。(言うまでもなく、戸籍登録は違います。)これは、ある所で使うハンドルです。

3.おいくつですか
1971年10月25日生まれ。この人が生まれる一日前です。バイオリニストのこの方とは同じ日らしい。

4.ご職業は?
しがないサラリーマン。勤務先は大阪にある某民放。仕事は、収録や中継と言った制作技術に始まり、放送を維持する主調業務と設備維持も守備範囲。早い話が、民放の技術セクションで受け持つ仕事の大半が守備範囲に入ります。
 もう一つ大事な仕事が、労働組合。ふとしたきっかけから書記長になってしまい現在に至ります。こちらは給料どころか組合費を払い自分の時間も提供する、まさにボランティアの世界でもあります。(1999年秋から)

5.ご趣味は?
 最近はブログのネタに上がっているとおり、スキューバダイビング。あとは沖縄逃避行。
 小中学生の頃は、友人に釣具屋の息子が居たこともあり、毎週のように釣りに行ってました。(最初は川でデビュー、中学ぐらいからずっと海)地元を離れるまで良く行きました。(海で数学の先生にばったり出会ったこともあり。)
 高校進学の頃、親の転勤で遠くへ引っ越した友人としゃべりたい、という普通のきっかけでアマチュア無線の免許をとりました。(当時は、電話級という初級資格)結局、当初の夢は実現しなかったけど、予想以上に深みへ落ち込み、その後の人生に多大な影響を与えてしまい、今に至ります。
 で、名前のMORIは、電信で交信するときの自分のハンドル。(これは質問2の続き)

6.好きな異性のタイプは?
抽象的だけど、自分自身を明確に持っている人。逆に、同性・異性を問わず、甘ったるい猫なで声で人におねだりするようなタイプは大嫌い。

7.特技は?
なんだろう?これと言って・・・
物を分解したり組み立てたりする事に関しては、普通の人以上だと思うけど。(時折、分解したら最後、復元不能となることもありますが。)

8.資格、何か持ってますか?
定番としては、運転免許。
趣味で出てきたとおり、第1級アマチュア無線技士。
それから、第1級陸上無線技術士(俗に言う1技)、第3種電気主任技術者、危険物取扱者(乙4)。この3点は仕事上必要で取得した資格。この「3点セット」、放送局以外にも、必要な業界がいくつかあるそうで。(電気主任技術者と危険物取扱者は、社屋の高圧受電設備や非常発電機関係で必要)
資格マニアではないので、これで打ち止めだと思います。

9.悩みが何かありますか?
座右の銘は、なるようになる。なので、表だってはナシ。
と言ってしまえばお気楽かもしれないが・・・全くないことはない、とだけ言っておきます。

10.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
好きな物は、唐揚げ、刺身、寿司・・・・・いろいろ。
嫌いな物は無いと思われる。でも、積極的に食べないで避ける物はいくつか。それは、酢を多用した物、極度に甘い物、かな。

11.貴方が愛する人へ一言。
決して、多くは求めませんからそのままで。(逆に求められても困るし。)

12.回す人5人の紹介を簡単にお願いします。
3人の方に減っていますが。すべて、アマチュア無線の世界で出会った人たちです。どの方とも15年ぐらいのおつきあい。世代もバラバラで、私より若い方、少し上の方、ずいぶん上の方・・・私の人生を狂わせた、じゃなくて多大な影響を与えた方々の一部、と紹介しておきます。

 これで何とか全問クリアー。指名いたしましたお三方、よろしくお願いします。
comments (7) | trackbacks (1)
1/3 >>