とりあえず作ってみたブログ

<< August 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CDの音飛びが・・・

長らく愛用している、DENON製のCDプレーヤのご機嫌が近頃悪いので、手を着けてしまいました。

050809_CD外見

 症状は、単なる音飛び。トラックが後ろに行くほど顕著になる。(つまりはCDの外側を読もうとするほど飛びやすい)まずは、ピックアップ(読みとり部)のお掃除。9割方はこれで解決すると思われます。万一、それでもダメなら、ピックアップのフォーカス、サーボを再調整する羽目になります。しかし、内部調整資料がないのでここまで来たらお手上げでしょう。(個人用なら自己責任で、適当に読みとるようカットアンドトライもあり?)

 ってことで、早速ふたを開けました。

050809_中身1

 これではピックアップが見えないから、もうちょい分解。

050809_中身2

 ピックアップが見えたので、はぁ~吐息を吹きかけてからティッシュペーパーできれいにお掃除。レンズを押さえすぎるとフォーカスがあわせられなくなる可能性があるから丁寧に。無水アルコールの類でふき取るのはレンズに良くないと思われます。こびりつく汚れがある場合、ディスクを入れても認識しないはずです。(一般的には、CD投入後、3回レンズを上下させてフォーカスあわせを行い、出来なかった場合はディスクが投入されていないと判断するようです。)

050809_中身3

 しばらくバラック状態でいろいろ再生して音が飛ばないか?再確認。バックパネルまで抜いたのは、一時Lチャンネルがおかしくなったので、気になってジャックのハンダ面を見るためにはずしました。問題なさそうなのですぐ元に戻しました。よく見ると、要所要所はオーディオ用の少しグレードの高い部品が投入されています。高級品じゃないんですけど。
 30分ほどいろいろ再生してOKでしたので、お掃除だけで修理完了です。ふたを元通りに閉めて終了。言うまでもないけど、こういった行為は自己責任です。あしからず。
comments (2) | trackbacks (0)
1/1