とりあえず作ってみたブログ

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

短期間の公開だから記念に保存しておきましょう

180523_144mhZ4vf

 先月に免許されたこの時の情報が総務省のアマチュア局の免許情報検索のページで公開されています。わずか2週間ほどで変更してしまったので、この情報が見えるのも今のうち。ってことで魚拓代わりにスクリーンショットを保存しておきます。

#そのうちに、こちらへデータが書き換わるでしょう。
comments (0) | trackbacks (0)

この前のアンテナのメモ

180511_ant

この前のALL JA用に即席で作ったアンテナのメモです。

 まず全体の概要。

180511_a.jpg

・主エレメントは、2.5m+コイル+2.0m、全長4.5m+α程度。
・算出周波数は3.53MHzとしていた。
・手持ちの部材の加減で、ラジアルは10mを8本。
・Lは110uH。65Φの塩ビパイプにawg26のケーブルを密巻き。
・L値は3.53MHzでの値をアナライザーで測ってカットアンドトライ。
・Lが大きいほど、理論値と実測値の乖離が大きくなる。(当たり前だが)
・巻きなおしを、数回繰り返してなんとか110uH
・巻き数は28回で着地(理論上は33回だった)。

出来上がったところで、仮設して確認。
・最初の設計値では共振点が4.1MHzだった。
・エレメント長はそのままでコイルの巻き数調整で追い込んでみる。
・3回ほどのカットアンドトライで、10回ほど巻足して、共振点3.56MHz。
・すでに21:30だったので深追いせず、ここで妥協。
・給電点が50Ωではないので、オートチューナでインピーダンス整合だけ取る。

 このような感じのアンテナでもそこそこ戦えました。朝まで運用したら300局を突破してたと思われます。
 ただ、共振点が高くなったのは、周囲の環境によるのか?ラジアルが短いからなのか?どちらだったのかは、判らず。次回同じアンテナを試すのなら、ラジアルの長さを20mにして1/4λを確保したいところです。

 表題の写真は、撤収時に写した全景です。
comments (0) | trackbacks (0)

免許状受け取ってきました

180424_免許

 昨日朝、この件で発給された免許状を受領して来ました。こちらの方の設備共用による免許です。見ての通り、旧スプリアス機のため、平成34年11月30日まで・・・という但し書きが付いています。

#旧スプリアス機でも設備共用の場合は、新設・変更に該当しないらしく許可されました。

 ちょっとだけですが、窓口で話を聞いてみました。が・・・早い話、まだ200W越えの設備に対する取り扱いは決まっていないと言うことでした。共用元のオーナーのBLOG記事と重複しますけど。

・現状なら、新規格準拠の機器に取り替えて再検査すれば新規格対応となる
#そりゃそうだよねぇ~
・総通による再検査で実測し新規格クリアーならOKではないのか?
 →総通検査でスプリアス測定を行わないから再検査では不可。
・較正したスペアナによる実測で満たす場合も可。
 →業務と同じ方法。「較正」が制度上の鍵で、これが素人には難儀な条件かと。

 こちらがらからの希望的観測なら以下でしょう。

・新規格を満たすエキサイターなら新規格合致とみなす。

 今回、元々あったTX1(144MHz 10W)については撤去しないで残しました。TX2を追加し、追加したTX2はオーナーのTX1と設備共用、という形になっています。なので、144MHzの免許が残ったままとなっています。

 免許期間中に一度ぐらいは運用にしいけるといいのですが・・・どうなることやら。末筆ですが、お世話になりました。 TNX!>JH3FEN
comments (2) | trackbacks (0)

変更許可でました

180420_通知

 免許状を受領した日の内に変更申請を出してしまいました。2週間ほどで、審査も通過です。来週、免許状を受け取りに行きます。

#子細はそのときまで。。。ちょっと引っ張りすぎですね(笑)
- | -

早速集金される

こちらの免許に対する電波利用料の通知が早速届いてしまいました。

#発給から1週間後でしょうか
comments (0) | trackbacks (0)

早速発給されたので受領

180409_免許状

 こちらの続きです。早速、免許状交付の連絡がありました。先週末は休み無しモードだったので、徹夜明けの今日、受領のため、近総通へ出かけてきました

今回の流れはこんな感じで最短かも?
・3月28日 電子申請で移動しない局の開局申請
・4月4日 審査完了。納付通知→即日納付。
・4月9日 免許状受領。(5日発給でした)

 写真の通りな内容の免許状。このあと、次の作業があります!とうのは、わかる人にわかるかと思います。まさか、4VF 144MHz 10W 、しかも、移動範囲は無し、というのはなんかなぁ~って内容です。

#珍しいだろうから記念写真を撮っておきましょう(笑)

[2018/4/9 15:51] -追加-

180409_3

 眠たいけど、出来るうちに申請することにしました。ってことで、受け取って一日もしないうちにまたもやオンラインで変更申請を出しました。さてどうなるかな?
 
comments (2) | trackbacks (0)

申請料納付通知が来た

180404_通知

 こちらの続きです。電子申請から1週間経過したところで、早速申請料納付の通知が届きました。偶然にも今日は臨時休業中だったので、さくっと納付しました。来週には発給されますかねぇ~。
comments (0) | trackbacks (0)

電子申請で開局申請を

180328_submit

 久しぶりに開局申請を出しました。この免許取得以来だから、18年ぶりです。この申請が通過し、免許が発給されたら次のステップが待っています。

#ごく一部の方への進捗報告も兼ねています。御了承ください。
comments (0) | trackbacks (0)

変更申請のやり直し

180214_コピー

 年明けに届いていた変更申請、とんでもない失態に気が付きやり直しました。免許状を受領して3週間以上経過したある日、ひょんなことから免許状を見直すと電波形式の指定が足りないことに気が付きました。

・1月某日

 電波形式の指定が足りないと思うのだが…と近総通へ電話。書類を確認してもらったところ、「希望する周波数や電波形式」や「工事設計書」「付属装置諸元」、これらに食い違いがあることが発覚しました。
 こちらの意図としては付属装置諸元が正解で、工事設計書や希望する周波数と電波形式に抜け落ちがありました。免許の発給処理は希望する周波数や電波形式に基づいて決定される。まぁ、確かのその通りですわなぁ~(汗)
 修正には、電波形式の追加で再度変更申請を出してください。とのことでした。(あと備考欄に電話問い合わせした旨、書いておくと処理が早くなります・・とのことでした)

・その翌日

 郵送で、電波形式の変更申請を提出。申請書と事項書のみで、付属装置諸元は省略。備考欄へ、○月○日付で変更許可されたが、希望する電波形式と工事設計書、付属装置諸元に差異があるため再申請、付属装置諸元は変更なし。本件、○月○日に電話相談、と書いておきます。

 それから、約2週間後に表題のような予定通りの免許状が届いたのでした。見事にやらかしてしまいましたねぇ~(汗)

#結局5か月ぐらいかかってしまいました(^^;;;;
comments (0) | trackbacks (0)

板なpcでRTTYを試してみる

180211_wpx_tty

 所用があり、実家へ帰っていました。空き時間に、この前買った板なPCでRTTYを試してみました。Windowsタブレットだから、言うまでもなくMMTTYは普通に動きます。
 とりあえず、TS-590SGとはUSBでつないでdataモードで送受テスト。ちょうどWPX-RTTYコンテスト中だったので小手試しに近くのUゾーンを呼んで送信テストもやってみたのでした。

 表題のスクリーンショットは、お試しの様子です。
comments (0) | trackbacks (0)
1/17 >>