とりあえず作ってみたブログ

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

竹富島半日観光のランチ

170810_竹の子 170810_そば

 この前のUPするのを忘れていた竹富島半日観光のお昼ご飯です。いつものごとく、竹の子へ行ってしまいました。暑くない程よき季節なら野外席なんですが、この日はめちゃくちゃ暑い日でした。ってことで、迷わずエアコン全開の室内席にしました(笑)

 表題の写真は、お店の外観とそば。久しぶりに来たら、外壁の板がはがれてました。なので、一瞬違う店かと思ってしまったり。
comments (0) | trackbacks (0)

竹富島半日観光 続き

170808_1.jpg

 またもや取置きの石垣島旅行の写真から。竹富島半日観光の続きです。竹富島のビーチといえば、コンドイビーチでしょうか。

170808_2.jpg 170808_3.jpg

 コンドイビーチの写真でよく見かけるビーチパラソル付です。パラソルが並んでいるのは夏場でもハイシーズンの時だけのはず。強烈に蒸し暑い日だったので、ちょっとだけ海へ入って写真を撮ってみました。

170808_4.jpg 170808_5.jpg

 最後に利用した水牛車観光の風景です。水牛車観光のあと、レンタサイクルを借りたのでした。カイジ浜も行きたかったけど、余りの暑さにヤンペしました。次の楽しみにしておきます。

 あっ、ランチの写真を貼り付けるのを忘れてしまいました。どうしましょうか。
comments (0) | trackbacks (0)

竹富島半日観光

170805_1.jpg

 今日も飽きることなく、先日の石垣旅行の取置き写真から。竹富港でグラスボートへ乗ってから島の中心部へ行きました。

170805_2.jpg 170805_3.jpg

 はじめて水牛車に乗りました(笑)。10回以上島には来ているはずなんだけど。景色は見慣れているけど、水牛車からだと視点が高くなるので、少しは違って見えるから楽しめました。

170805_4.jpg 170805_5.jpg

 なごみの塔が登れない。かなり痛んでいるから仕方ないかな。一本裏の通りに展望台があるのでこちらから眺めることにします。(2015年秋に来たときにはこんな展望台はなかったはずだけど・・)

170805_6.jpg 170805_7.jpg

 西桟橋です。個人的には竹富島で一番好きな景色です。曇ったら残念な感じになってしまいますけど。

 表題の写真は、あかやま展望台から。(撮影は6月11日)
comments (0) | trackbacks (0)

乗ってみたが・・・

170804_boat

 またもや、取置きした先日の石垣旅行の写真から。6月11日は竹富島へ遊びに出かけました。

 表題の写真の通り、島へ到着早々、グラスボートへ行ってみた。浅瀬の割には小魚だけではなく大物もいたり。一瞬だけ、お~キタ~~ってなったが、同じ水中にいるのではなく、船の上からガラス越しに見ているだけなので、フラストレーションが溜まるだけでよくなかった。ダイビングの後に、グラスボートは乗ってはいけませんねぇ(笑)
comments (0) | trackbacks (0)

竹富島のはや周り

 今度は、この前の八重山の取り置きのねた。石垣へ降りたあと、まっすぐに西表島へ行かずに、ちょっとだけ寄り道してみました。船で15分ほどで渡れる竹富島を早周り。

 まず、竹富港に着いたら、レンタサイクル屋などが送迎車を置いて待っています。さくっと、レンタサイクル屋の送迎車へ乗って、お店へ。

 自転車を借りて出発! チャリンコ屋 → ウンブフル展望台

 ウンブフル展望台へ行くつもりではなかったけど、うっかり道を間違えた結果、目の前に出てしまったので、立ち寄ってみた。でも入れなくなっていたので即撤収。もともと、民家の屋上を開放していただけみたいなので、何か事情があってやめたのでしょう。登っても絶景というわけではない、まぁどちらかというとB級観光スポットです(笑)

 気を取り直して、 ウンブフル展望台 → コンドイビーチ。

150919_11.jpg 150919_12.jpg 150919_13.jpg

 竹富島といえば、やはりコンドイビーチでしょうか。チャリンコで10分も掛からずに到着。夏季の繁忙期をはずして八重山へ行くことが多いから、ここまで混んでいるビーチは見ていない。写真でビーチパラソルが並んでいるのは見たが、ホンマに並んでいるのを見たのははじめてかもしれない(笑)。ビーチでレンタルがあるみたいです(写真真ん中)。人の多さは、止まっているチャリンコの量でも分かるはず。この写真はほんの一部のチャリンコだったりします。

 つづいて、コンドイビーチ → 西桟橋

150919_14.jpg 150919_15.jpg 150919_16.jpg

 個人的には、この島の中では西桟橋の眺めが一番いいと思ってます。手前に見える島が小浜島、そして奥に見える大きな島が西表島です。この日は、9月上旬にもかかわらず、季節はずれな北風が入っていました。真ん中の写真だと、向かって左が北側なので波立ち、反対に右が南側で桟橋の影となり穏やかな海面となっています。右の写真が、西桟橋からコンドイビーチの方(方角は南)を見た様子です。この写真もやはり波が高めです。

 早回りなので、またもや早々に退散です(笑)

150919_17.jpg 150919_18.jpg 150919_19.jpg

 西桟橋からまっすぐ行けば島の中心部へ戻れます。左が、なごみの塔。ここへ登れば、島が一望できます。余りの暑さに、少々休憩ということで、真ん中のようなカキ氷を。これを平らげて、ふと時計を見たら、レンタサイクルの返却時間が近づいてきたので、寄り道なくレンタサイクル屋さんへ戻ったのでした。(写真右)

#時間の都合で星砂の浜へは回らずじまい。

 ここからは、備忘録。

・今回の島滞在時間は1時間半ぐらい。
・港⇔島中心部の移動、レンタサイクルの手続きなどで30分強必要。
・ということでレンタサイクルは1時間のレンタル。
・1時間だと大急ぎのショートカットなら可能、余裕無し。
・島の中の移動手段はこちらでも参考に
・あと30分から1時間、島滞在時間を取らないと楽しめないという結論に至る(T_T)
comments (0) | trackbacks (0)

続いてカイジ浜

またネタに詰まったので、取り置きの沖縄写真から。

今回は竹富島カイジ浜。ではまず入り口から。

100416_カイジ浜1

 これまた1月で真冬だというのに、真冬らしくない。コンドイビーチ編の通り、気温20度超ですので。

100416_カイジ浜2 100416_カイジ浜3 100416_カイジ浜4

 こちらの浜は残念ながら遊泳禁止。下の岩を見れば、ひっかいて血だらけになりそうだから、遊泳可能であっても泳ぐ気がしないのが普通だと思うが。
 さて真ん中の写真に写っている島ですが、手前が小浜島、奥が西表島であります。

#写真は1月9日撮影。
- | trackbacks (0)

コンドイビーチをもう少し

今日も取り置きの沖縄写真から。

100411_コンドイビーチ1 100411_コンドイビーチ2 100411_コンドイビーチ3

 この前のコンドイビーチの続きです。1月の真冬とは思えない、素晴らしい晴天でした。この日は気温も20度を超えたので、足だけ海へ入っている人も多数いたり。人の少ないアングルで撮っていたので誰もいないビーチのように見えますが、実はほんの少しだけ混んでました。
- | -

まずはコンドイビーチから

100407_コンドイビーチ1 100407_コンドイビーチ2 100407_コンドイビーチ3

 竹富島のビーチと言えばやっぱりコンドイビーチでしょう。想像する南の島のビーチそのものです。遠浅なので、ガツガツ泳ぐより、水辺に足を浸して・・・という楽しみ方になりそうです。
 写真は、今年の1月撮影です。
comments (0) | trackbacks (0)

そば処、竹の子

相変わらず取り置きの沖縄ネタですが・・・
石垣から船で10分とお手軽に行けるのが竹富島。近いが故に石垣から日帰り客が大半を占めてしまうようですが。赤瓦の沖縄風景を楽しむのならこの島でしょう。(小さな島ですからチャリンコで十分回れます)

そんなこんなで良くあるパターンの日帰りで竹富島へ行ってしまったのでした。ちょうどお昼頃の高速船だったので、到着したら迷うことなく昼飯(笑)

100330_竹の子1 

 入ったお店はそば処竹の子。竹富島では人気のそば屋で、大抵混んでます。過去に何度か昼時にお店の前を通ったが、いつも満席、行列が出来ていることもあったりします。今回は運が良く、混雑する前だったので入ってみたのでした。(イラチな性格なので並んで待つと言う行為が出来ないのです。)

100330_竹の子2 100330_めにゅー

 1月だったけど、心地よい天気だったので、迷わず野外席です。(多分この日の気温は20度強)オーダーしたのはソーキそばとおにぎり。空っぽの小皿はソーキの骨入れなのです。味付けはあっさりだけど、ソーキの煮込み具合だなどはなかなかのもの。めちゃくちゃ柔らかく仕上がってしました。
 噂通り良かったのでまた機会があれば行きたいところです。ただ並ぶのが嫌いなだけにどうなることやら・・・(客の回転が速い店なので、並んでも大した時間ではないと言う話だけどねぇ)
comments (0) | trackbacks (0)
1/1