とりあえず作ってみたブログ

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

採掘場へ

181209_1.jpg

 まだ残っていた日光の旅、最後のねたです。日光を出る前に、ちょっとだけ遠いけど、宇都宮市の端っこの大谷資料館まで往復してきました。

181209_2.jpg 181209_3.jpg

 大谷石の採掘場の一部へ入れます。年間平均温度が8度らしいので、上着が必須です。外は寒くないのに中は寒い。中は写真の通り普通には見られない景色です。非日常をちょっとだけ。こういう場所ですので、映画やドラマなどの撮影にも提供することがあるそうで・・
comments (0) | trackbacks (0)

猿の軍団を見に行く

181130_入り口 181130_芸

 まだ残っている日光の旅ネタから。中禅寺湖から川治温泉へ、鬼怒川を通っていきました。途中には日光さる軍団の劇場があるのでもちろん立ち寄りです。
 メインは一日に数回ある劇場の公演です。公演の前にアトラクションがいくつかありますので、開演の少し前に入れば効率よく楽しめそうです。ってことで、15時の公演を狙って、中禅寺湖を午後イチに出て14時半前に入場したのでした。
 反省!って芸がありますが、さるは芸を覚えることは出来ないらしいので、行動パターンを利用して芸をしているように見せているのだとか。立って歩くことを教えるだけでも相応の手間がかかり、これ以上は難しいらしい。そんなことはさておき、公演は純粋に面白く笑えます。(台本がよく出来ているなぁ~と感心してしまった)

 劇場内は撮影禁止ですが、公演前のアトラクションは撮影し放題なので、記念に写したものを表題右の写真にはっておきます。劇場内の様子は行ってからお楽しみということで・・・
comments (0) | trackbacks (0)

百年もののカレーらしい

181128_ランチ

 取置きの日光の旅ネタです。中禅寺湖界隈をウロウロしていたので、ランチはコーヒーハウスユーコンのカレーとなりました。金谷ホテル系なのでちょいと高級です。大正時代のレシピを再現したものだそうです。確かに、今風のカレーではなくどこか懐かしい感じ、子供の頃に食べていた昭和時代の味を思い出すテイストでした。

 この後、いろは坂の渋滞が始まらないか気にしながら湖畔をさまよっていたのでした。
comments (0) | trackbacks (0)

更に奥の滝へ

181125_1.jpg 181125_2.jpg

 またまた取置きの日光の旅ネタこちらの後、奥へ行けばもうちょっと紅葉しているかも??と言うことでさらに奥へ行き、戦場ヶ原を抜けて湯滝まで来てしまいました。湯滝とは言いますが、温泉が落ちているわけではありませんでした。
 写真は滝の上側だけです。下まで降りようかと思いましたが、100m以上降りるようなので止めてしまいました(汗)

 残念ながらここまで来てもまだらな紅葉しか見られずでした。
comments (0) | trackbacks (0)

奥のほうの滝を見る

181121_1.jpg

 また取置きの日光旅ネタ。2日目、レンタカーを借りて一番最初に行ったのが、竜頭の滝でした。と言うのも前日の夕方、タクシーの運転手さんに、「中禅寺湖を見るなら、お勧めは竜頭の滝。日光からなら朝早めに出て、竜頭の滝など奥から回る。昼下がりには中禅寺湖をでないといろは坂の渋滞に巻き込まれる」と言われたのでした。ってことで、早めに宿を出て予約時刻よりフライング気味で車を借り、一気に竜頭の滝まで来たのでした。それでも、滝の下側の駐車場には入れない様子だったので、滝ノ上まで行き、下っていくことにしました。

181121_2.jpg 181121_5.jpg

 これがスタート地点。ここまで来ると結構標高があります。10月半ばだったけど、薄手のダウンが無いと寒かったりします。左の写真で奥に見えるのが中禅寺湖。

181121_3.jpg

 ひたすら滝の横の遊歩道を下ります。景色なこんな感じでしょう。タイミング的には紅葉のはずだけど、今年は余りよろしく無い感じです。(^^;;;

181121_4.jpg

 これが一番下の滝でメインどころ。茶屋を横切って観覧場所からの一枚です。竜頭の滝は、これで終了。面倒だけど、また来た道を歩いて延々のぼり車まで戻ったのでした。でもタクシーの運転手さんの予言どおり、一切渋滞や行列には巻き込まれずでした。紅葉も期待値より悪かったこともあり、もう一息奥へ行ってみることにしたのでした。

#わずか300mほどですが全部坂道です。
#下で車を止めた方が気分的には楽でしょうね。
comments (0) | trackbacks (0)

滝を見に行く

 取置きの日光の旅ネタから。二日目はレンタカーを借りて移動開始です。

181110_入り口 181110_滝

 回った順番とは違いますが、中禅寺湖と言えば華厳の滝のような気がしますので、華厳の滝から。滝を見るには専用のエレベーターで下の方へ降りないといけないらしい。左の写真はエレベーター乗り場です。ずいぶん並んでいたけど、思ったよりは早めに降りられました。が。。。写真右の通り、滝は一時期ほどではないけどまだ爆流ぎみ。そして、下のほうに写っている通り、たくさんの人だかり。大混雑していました。

 ってことで、折角降りたけど、30分もしないうちに退散したのでした。

#駐車場が、待ち時間無しで入れただけマシだったようです。
comments (0) | trackbacks (0)

奥の寺まで行ってみる

181108_1.jpg

 こちらの続きです。東照宮のあと足を延ばして二荒山神社、更に奥の日光山輪王寺大猷院まで行きました。ここは三代将軍家光公の墓所です。上の写真は夜叉門、本殿へ入り口です。本殿には入ることは出来ませんが、拝殿には入ることが出来ます。拝殿で大猷院の話を聞くことが出来ます。

181108_2.jpg

 こちらが竜宮門。この先に家光公の墓があるらしいが、残念ながらここまでで、門の奥は非公開です。残念(T_T)。

181108_3.jpg

 夜叉門の裏にある四夜叉の一つ、烏摩勒伽(うまろきゃ)の像。膝小僧とは烏摩勒伽像の膝にある子象が由来だとか・・って話を拝殿の講話で聞きました。

 ここまで歩いたところで、タクシーを捜してまた東武日光駅近所の宿泊先へ戻ったのでした。
comments (0) | trackbacks (0)

まずは東照宮から

181102_1.jpg

 やや遅かった夏休みの日光ネタ。最初に、日光東照宮へ行くのがお約束でしょうか。

181102_2.jpg

 参道からは行ってすぐの表門、すでにこんな感じで大渋滞。この先がハードそうだ(汗)。

181102_3.jpg

 定番の三猿。見ざる、聞かざる、言わざる。よく見える位置へたどり着くのに数分(^^;;

181102_4.jpg

 続いて陽明門。写真の通り、大渋滞。

181102_5.jpg

 こちらが本殿。おっと、平成の大修理中なので、全景が見えないではないか!残念でした。とはいえ中へは入ることが出来ますので、入っておきましょう。

181102_6.jpg

 こちらが眠り猫。すべてにおいて、欄間の彫刻ものは見ごたえありです。小さな彫り物なので、見落としそう。まぁ、眠り猫のところも大渋滞しているから判りますけど。

181102_7.jpg

 奥の院にある、権現様の墓。ここへたどり着くのも一苦労でした。とにかく大大渋滞。階段で数分のところを30分ぐらいかけてやっと到着。

181102_8.jpg

 最後に、本地堂へ。ここは鳴き竜が見所、ただのお堂なのに、特定の場所だけ、音が響きます。ここはまだマシでした、10分も待たずには入れました。

 さくっと、一回りしてでましたが、とにかく人が多かった。の一言に尽きてしまいます。帰りのタクシーの運転手さんによれば、この雰囲気だとまだ少ないほうかもしれない、と言われあんぐり。。そうそう、東照宮にはタクシーで神橋まで行き歩きました。午後に車で行くと、駐車場の空きを待つだけでどれぐらい掛かるかわからないらしいです。この日も、神橋のあたりは常に渋滞していましたっけ。
comments (0) | trackbacks (0)

暫し、日光へ出かけていました

181018_東武の駅

 遅い夏休みで、暫し日光へ出かけていました。まずは旅程から。

○10月14日(日)
  伊丹 7:10 → 羽田 8:15 (JAL102便)
  羽田 → 浅草 (京急・都営 直通)
  浅草 10:29 → 東武日光 12:34 (東武・特急・きりふり281号)

  午後から、日光東照宮を参拝し、東武日光駅の近所で宿泊。

○15日(月)
 朝一番でレンタカーの手続きをして、中禅寺湖へ。
 昼下がり、いろは坂の渋滞がひどくなる前に中禅寺湖を脱出して、日光さる軍団を見学後、川治温泉で宿泊。

○16日(火)
 川治温泉を拠点にウロウロ。塩原方向へ走ってみたり、霧降高原へ行ったり、湯西川の道の駅まで遠征したり。

○17日(水)
 川治温泉から宇都宮市の端っこの大谷資料館へ。見学後、日光市内へとんぼ返り(ちょうどお昼前になる)。レンタカーを返してから、ランチの後、予定より1便早い特急で日光を出ました。

 東武日光 13:16 → 浅草 15:15 (東武、きぬ130号)
 浅草 → 大門・浜松町 → 羽田 (浜松町で寄り道) 
 羽田 18:30 → 伊丹 19:35 (JAL133便)

#ウロウロした結果、レンタカーの走行距離は2日半で320km(笑)

 ざっくりこんな感じの3泊4日でした。日光東照宮はちょうど秋季祭のタイミングでした(16~17日)。こちらを見ると言う選択肢もありましたが、予習の結果、かなり混雑する!ということだったので、行事の見学は断念しました。それどころか、16,17日は日光駅から奥へ行かないようなコース取りとしたのでした。

#混んでいたけど、行こうと思ったところはほぼ全部行けたはずです。

 今回は、9月上旬から検討を始めました。ちょうど、台風で関空がしばらく使えなくなったり、北海道で地震があったり。。。そんなんで、沖縄や北海道などの遠方が候補からはずれました。で、本州で行ったことが無いところ、と言う視点で思いついたのが日光でした。

 表題の写真は東武日光駅。見れば分かると思いますが。。。
comments (0) | trackbacks (0)

湖の上のテラスへ行ってみた

180814_景色

 日帰りでちょっとだけ避暑できるかもしれないところ。ということで琵琶湖テラスへ行ってみました。オープンした頃にテレビの紹介をみましたが、確かのその通り。いやぁ~ホンマに絶景でした。
 さて、ちょっとだけ、気をつけたいところのメモ。リピートするときの備忘録も兼ねて。

・劇混みの日でした。朝11時前に到着して、山頂の着いたのは12時半前。
・駐車場が下の方だったので、シャトルバスを利用。
・下界のロープウェイの待ち時間約1時間。とにかく暑い。帽子など暑さ対策必要。
・下山も劇混み(笑)。ロープウェイ待ち1時間(T_T)
・駐車場が満車になると、入場制限が発動するようです。
・山頂は快適。下界より-10度ぐらい気温が低く、風は冷たい。でも直射日光は当たるけど、風が通らない場所はちょっと暑い。
・山頂でのリフト1日券、雷注意の状態になると発券中止。片道券のみになる。
・湖西道路、混みますねぇ。県道よりマシですけど(^^;;

 涼しいけど、ロープウェイ待ちなどあり、そのときは暑いので暑さ対策必須でした。ちょっとその辺をゆるく考えてしまい、難儀したのでした。あと、雷時のリフト券も困ったもんでした。雷注意になると、リフトが運休する可能性があるための措置で一日券のみ発券停止です。返金できない条件付でも販売してくれたら便利なんですけどねぇ。(結局、運休無く全部動いていたので、片道券をつなぎ合わせて山頂までいきました。この場合、一日券より400円高くなる)

 いいところだったので、何かの機会があればまた行くと思われます。
comments (0) | trackbacks (0)
1/9 >>