とりあえず作ってみたブログ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

座間味での3本目

またまた、南の島ダイビングの写真から。

110722_うがん

 2日目の1ダイブ目は男岩(うがん、と読む)。外洋にぽつりと立つ岩の周りが潜水ポイントです。慶良間を代表するポイントの一つではないかと思われます。

110722_さめ 110722_マグロ 110722_バラフエダイ

 まずは大物関連。左がホワイトチップ。特にサメの下にうっすら影が映ってます。ホワイトチップは-30mぐらいの底をウロウロしているのに、イイ潮が入っていたので、底まで綺麗に見えてます。真ん中のイソマグロはちょっと小さいかな。右がバラフエダイの群のシルエット。光の筋も写ってます。写真見たら大きさの実感が出ませんが、成魚だったので体長1mぐらいの大きさだったりします。

110722_景色  110722_アオリイカ群

 外洋にぽつりと出た岩なので、潮通しが良くちょいと流れてました。左のような感じで、カスミチョウチョウウオなどが群れてました。右が、アオリイカの群。水面付近を集団で漂ってました。

最後に毎度の潜水記録です。
男岩(うがん)
7月4日1ダイブ目(通算256本目)
in9:42→out10:44(62分間)
最大水深27.5m 平均水深11.7m 透明度30m超 水温26度
comments (0) | trackbacks (0)

座間味での2本目

またまた、南の島ダイビングの写真からです。

110720_その2 110720_その1 110720_その3

 初日の2ダイブ目は佐久原魚礁です。ドロップオフの先、-30mの底に魚礁があるポイント。魚礁の辺りにツバメウオが群れてます。(左の写真)エントリー地点は、ドロップオフの上のため、上部・壁面共に楽しめるコースとなってます。真ん中は棚の上でチョウチョウウオとにらめっこして見た図。右は壁面でのハナゴンベ。この魚、ちょこちょこ動き回るので意外に写しにくい。

 この潜水でも、ちっこい物はカメラを使いこなせず、全滅(涙)。折角、キンチャクガニが居たのに・・・。

 最後に毎度の潜水記録。
佐久原魚礁
7月3日2ダイブ目(通算255本目)
in16:05→out17:07(62分間)
最大水深31.4m 平均水深13.2m 透明度25m 水温25度
comments (0) | trackbacks (0)

座間味での1本目

この前の夏休み、南の島ダイビングの写真から。

110719_その1 110719_その2 110719_その3

 1本目は、宇論の崎。(うるるのさち、と読むらしい)おニューカメラの南の島デビューでもありました。思った通り、写り方など全然判らない状態なので、ちっこい物の写真は全滅。表題の3つぐらいで終わりです(涙)

 毎度の潜水記録でも。
宇論の崎(うるるのさち)
7月3日1ダイブ目(通算254本目)
in11:48→out12:58(70分間)
最大水深19.0m 平均水深11.6m 透明度20m 水温26度
*12リットルタンクのため、潜水時間長めです。(通常なら10リットルタンク)
comments (2) | trackbacks (0)

座間味島、ダイビング最終日

座間味島ダイビング、4日目。そして今日が最終日。

110706_かめ 110706_無人島わたし

 今日も3ダイブ。
1.タバコ岩
2.儀名
3.ウチャカシ

 今日は、どちらかといえば大きいもの中心。特に2ダイブ目の儀名は亀ポイント。ウミガメに延べ5匹遭遇です。(一部同一個体らしもものあり)
 表題の左写真は、アオウミガメ顔面のアップ。右は、無人島渡しの様子。無人島へのボートによる送迎と日よけ用パラソルの貸し出しサービスだそうです。この場所だと、海をのぞけば魚がいます。リゾート用に整備されたビーチでは魚がいない可能性が潜んでいるようですが・・・ここでは確実にカラフルな魚がうじゃうじゃいるはずです。

 以下、G12で水中写真を撮ったときの覚え書き。

○マクロ撮影
・ISOは80か100で固定。オートはよろしくない。
→フィルム感度を上げるとフラッシュ発光量が減り全体が青くなるらしい。
・標準状態で5cm~無限遠にピントが合うからマクロモードにしなくてもいい?
・F8とF2.8の違いが分かりにくいので、絞り優先よりAEで十分かも。
→背景のボケ具合が変わらない(涙)
・水中モードよりAEでホワイトバランスを水中設定。
・フラッシュ発光量を1/3Ev以上下げる。
→色飛び防止。露出を下げるでもよいはず?
・広範囲に蹴られる。可能な範囲でズームするか、外部光源を用意する。(広角にでるライトで可)

○ワイド撮影
・今はAEでホワイトバランスを水中設定。
→シーン設定を水中もあり。好みの差か?
・露出は特に変えず。
・色設定をポジフィルムにする手もあり。

○共通
・ショートカットボタンにはフラッシュ調光をセット。

○ハウジング
・4ダイブ連続で軽い水没。カメラは無事。
→ケースかみ合わせになにかある?
→乾燥剤を入れるときは場所に注意。ハウジングの中で転がるぐらいがちょうどいい?
- | -

座間味島、ダイビング3日目

110705_その1

 座間味島ダイビング3日目。今日はダイブ、2ダイブ目でカメラ水没の発覚などいろいろありました。が、夜の宴が長くて眠いので今日はスミマセン。ここまでです。一枚だけ写真を貼り付けておきます。(汗)

#水没したけどカメラは全損ではありません。ちょっと水滴が10滴ほど漏れただけ・・・
comments (0) | trackbacks (0)

座間味島ダイビング、2日目

110704_ピグミーシーホース 11070_中内瀬 110704_高月山から

 座間味島ダイビング2日目。今日も2ダイブでした。
1.男岩(うがん、と読む)
2.中内瀬(なかちんし、と読む)

 ともに外洋ポイント。昨日の湾内とは全然違って流れたりうねったり。ともに水の状態がよくめちゃくちゃ抜けてました。文句なしで透明度30m越えです。2ダイブで終了だったので、あまった時間でレンタバイクで島内観光してみました。

 最後に、表題写真です。
左:ピグミーシーホース(1ダイブ目、-26m付近。)どれかわかりますか?
真ん中:中内瀬の水面波打ち際の様子
右:高月山の展望台から座間味集落をみる。
comments (0) | trackbacks (0)

座間味、初日は2ダイブ

110703_ボートの上から 110703_正面 110703_ツバメウオ

 今回は、前回台風のため直前キャンセルした座間味島にいます。前に来たのが2006年春、5年ぶりの慶良間となりました。

 今日は2ダイブで終了です。
1.宇論の崎(うるるのさち、と読む)
2.佐久原魚礁
2ダイブですが、1本目が70分、2本目が62分と長めの潜水時間なので場所によっては3ダイブ相当かも。

 さて表題の写真です。左が座間味港をでししばらく走った海面。真ん中が魚の顔を正面から(チョウチョウウオ系だけど名前を失念)。右がツバメウオの群れ、-30m付近で撮影。

 今日はほんまにエエ天気でした。晴れ、気温29度。日差しが強いので日向だと焦げる感じで堪えますが、日陰に入ったら意外に心地よい感じだったり。
comments (0) | trackbacks (0)

器材が帰還

110529_BC

 座間味へ送っていた器材が今朝帰ってきました。諸般の事情で直前キャンセル。ということで、湿っていないからそのまんま所定の位置へ収納。

#仕舞う前に新しいカメラで記念撮影です。
comments (0) | trackbacks (0)

これが座間味島のメインストリート

まだ、先月の沖縄ネタ残っていました。(どこまで引っ張るのやら)

060421_座間味港から

 座間味港の高速船乗り場から中心部へ向かうところ。

060421_島唯一の信号 060421_悲しい碑

 座間味港の出口にあるのが島唯一の信号。横に島の案内板。非常にシンプルな島です。メインの集落は全部徒歩圏。島の案内板の裏にあるのが、右の写真。壮絶だった太平洋戦争末期の沖縄戦。座間味は最初に侵攻された地の一つなのです。(慶良間諸島が最初の侵攻地点となるようだ。)この碑によると、昭和20年3月26日午前9時、米軍が上陸開始したと記録されています。

 信号を直進したら突然道が細くなるけど、島の中心を抜ける道なのです。

060421狭っ! 060421_村役場 060421_105

 左の通り、道が狭いので、車がすれ違うのは一苦労です。で、この道を直進していくと、座間味村役場に出ます。(真ん中の写真)さらに、すすむと105ストアー。この島に、コンビニはありません。この105ストアーがコンビニ代わりです。日用品からお酒、食料、雑貨と生活に必要な物の大半がそろいます。(営業時間は、朝早くから夜遅くまで。)105ストアーからさらに奥へすすむと、座間味村の小中学校にでます。(お店の写真の奥に校門が少し写っています)

港から小中学校まで、あるいて10分ぐらい。ホンマに狭い島です。何もない島だからからこそ、ゆっくりとした時間が楽しめるのでしょう。
comments (0) | trackbacks (0)

だぁ~れだ?

岩場でかくれんぼしている魚を発見。

060418_岩?

見事に岩と同化しています。

060418_口が開いている?

これなら口と眼が分かるはずなんだけど。
(撮影:2006.3.28 ブツブツサンゴ)
comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>