とりあえず作ってみたブログ

<< 6Dの結果でました | main | 暫し、日光へ出かけていました >>

業務用ルーターを試す(続き)

181013_sir220c

 コンソールケーブルが出来たので、早速スーパーリセットして仕切りなおし。無事に、設定できました。現在、借り物のSi-R220Cでネットへつないでいます。(夕方までには元へ戻します)

以下は、毎度ながらの自分用のメモ。

・LANポートはすべて自由に設定できる。初期で行くと内側がLAN0、いわゆるWAN側がLAN1で設定していく。(なので方向指定が無いらしい)
・ネット側からのポートの穴あけは、相手情報のメニュータブから入る。
・LAN内からでも自FQDNでアクセス可能。
・ルーターをDNSの応答はサーバのローカルIPを返している。
・ローカル内に複数のサーバあった時の挙動は確認が必要かも。
・LAN内からでもwan側グローバルipでアクセスすると、NATルールどおり動く。NATループバックも実装されていそうです。
・ファームウェア、富士通のWEBからダウンロード可能。これはありがたい。(CやNは正規ユーザーしかもらえない)

 NATループバックがあるので、自宅サーバ用でも使えます。ただ、筐体がそこそこ大きいし、電気も喰うのでどうしましょうかねぇ~。

#1~2k円なら買ってもいいかも。変な民生品よりいいですからね~。

[2018.10.13 15:01]
元のルーターへ戻しました。
comments (2) | trackbacks (0)

Comments

借り物なので戻しました(^^;;;
10年以上前の製品なので、ギガビットではありません。
NATループバックはできる感じなのに、100Mベースというところが興味半減の要因かと思います。(あと箱がでかいというのも・・)
 このルーター、ふたを開けたらCPUはPowerPC266MHzと思われるチップが鎮座していました。メモリは128MBのようです。

 Y社の製品もどこかで触ってみたいのですが、今のところチャンスがなさそうです。
mori!? | 2018/10/17 06:57
お疲れさまです。
なんで戻しはったんかなと思ったら、そもそもが借り物でしたね(^^;
なんと言いますか、安定運用、これは何事にも代えがたいものがあります。なぁんて偉そうなことを申してますが、実際のところ我が家の設定がベストなのかどうかは定かではありません。正直未だにほぼ全てに渡ってチンプンカンプンですし…(^^;
でも、我が家のと同型機が5kまでであったら、予備機としてもう一台ゲットしようと狙ってます…なかなかないんですけど。
ところで今回のお題のものは、ギガビットではなさそうなのがちょっと興味半減、かも知れませんね。
ji3kdh | 2018/10/16 21:35

Comment Form

Trackbacks