とりあえず作ってみたブログ

<< 帰りに風呂の寄り道 | main | エアコンのクリーニング >>

忘れないうちに図面を起こしておきました

180719_外見

 こちらの記事の中身です。忘れないうちに図面を起こしました。

180719_その1

 上記が、記事当時の中身です。この方法だと、1Radio側で使ったときでも、keyのmain/sub切り替えが活きています。ってことで、1radioでもうっかりするとsub側のradioが送信してしまいます。

 ということで、修正したのが以下です。

180719_修正版

 1Radio/2Radioの切り替えスイッチを2回路にすれば十分かと思います。これで、1Radio時の誤送信が防止できるはずです。

#改造しようと蓋を開けたがスペースが狭いので辞めてしまいました。
#どうしようかなぁ~。
comments (2) | trackbacks (0)

Comments

う~ん、3ポジションにすればよいのか・・・となればロータリースイッチをもう1こ追加だからケースに入らない(T_T)

私の技量だと、常時2radioというのは無理なので、runの片手間でサーチをするだけです。なので、1radioか2radioかは、rトグルスイッチで簡単に切り替えられることが要件の一つです。運用は、常にrunしている・主たる操作をしているradioをmain側とし、sub側はサーチ用など補助で使用するradioです。sub側にいたradioでrunしたいときはmain側のradioを選択し直して・・・というやり方です。

#操作性もどういったやり方が合理的なんでしょうか??

 細かく制御するのならpicか何かで制御するしかなさそうです。ロギングソフトとも連動できれば本格的なSO2Rの出来上がりなんですが…
mori!? | 2018/07/20 21:15
なるほどな~、これ SUBのみ という選択肢をなくしてるので、回路としては逆にややこしくなってるかもですね(^^;
(M / M+S / S の3ポジションとし、M+Sの時のみどっちで送信するか選ぶようにすればすっきりしそう…今の箱では狭くて無理?)
ji3kdh | 2018/07/19 20:04

Comment Form

Trackbacks